あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2011年10月19日

中日優勝

中日が優勝した。
落合監督の解任報道以降、前を行くヤクルトを捕らえると瞬時に抜き去り、10ゲーム差以上も離されていたものを大逆転したのだ。
私は、生粋の阪神ファンである。
私にとっては、どちらかというと中日は巨人に次いで「憎たらしい」球団である。
しかしながら、今年に限って言えば是非とも中日に日本一になってほしい。
解任された監督が日本一になるのは痛快なことではないか。

中日球団は落合の解任理由を「新しい風を入れるため。」といっている。
そして、新(?)監督には、中日でコーチ7年、二軍監督2年、代理監督1年、監督4年を経験した1941年生まれの高木守道を指名した。
高木守道が「新しい風」であるかどうかはさて置き、高木は俊足、巧打、華麗な守備をみせた名セカンドであり、何等、問題はない。
問題なのは中日球団の方だ。

中日球団が落合を解任した理由は、究極すれば「落合では儲からない。」「球団の言うことを聞かない。」である。
ちょっと待てよ。
監督の最大の仕事は試合に勝つことである。
客を集めるのは球団の仕事である。
ロッテをみても、日本ハムをみても球団が血の滲むような努力をして、客を増やしている。

球団の意向に逆らって、コーチ陣を中日OB以外から招聘したこともお気に召さないようである。
現場を預る監督の部下となるコーチ陣を監督が能力主義で集めて何が悪い。

阪神を見てみろ。
優勝すれば「神様、ビリケン様(通天閣の地縛霊?)、星野仙一様」と崇め奉る。
ちょっと成績が落ち込めば、ファンやマスコミは「真弓辞めろ!」の大合唱である。

阪神の場合は、球団が何も努力しなくても甲子園に足を運ぶ謂わば「阪神教」の信者に支えられている面はある。
それでもこの信者達は監督の仕事は「試合に勝つ」ことであることを理解している。

今年は(秋山監督には申し訳ないが)、落合中日が日本一になり、出来れば来年の中日は最下位になることに期待したい。




posted by 8ちゃん at 10:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。