あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2011年10月26日

サイバー防衛隊

国会議員が使用するパソコンがサイバー攻撃を受けたそうである。
議員や秘書のパスワードが盗まれ、メールの内容などが流出した可能性があるらしい。

これらのパソコンは国費で無償貸与されているものなので、メールの内容は政治や政策の話だと信じたいが、エッチなサイトばかり見ている議員や銀座のお姉さんとの同伴出勤の待ち合わせ場所などの交信をしていたスケベな議員はかなり焦っていることだろう。

パスワードが簡単に盗まれるといった、セキュリティーの甘さは大問題だが、7月ごろからサイバー攻撃を受けていたことを10月の終わりまで気付かなかったことにも驚かされる。

新聞などによると最初に感染した衆院議員のパソコンが、ウイルスによって中国国内のサーバーに強制的に接続されて、遠隔操作されていたそうである。
また、中国か。

あの国には困ったものである。

中国においては、選りすぐりのパソコンオタクみたいなハッカー5万人が国防部に所属して総力を挙げて世界中のシステムを攻撃しているという話を聞いたことがある。
控えめにカウントして13億人(実態は17億人?)もの人間がいる中国では人選はそんなに難しいことではあるまい。

何とか対策はないものか。
そこで思いついた。

日本中のパソコンオタクやパソコンマニアをどこかに強制収容して、サイバー防衛隊を編成するのだ。
秋葉原や大阪日本橋に行けばそれらしいのがうろうろしているだろう。
オタクは一般的には体力がなく虚弱なので簡単に捕まる。
能力や適正を審査して、役に立ちそうな奴だけをバスに乗せるのだ。

元々、オタク系やマニア系は人との会話や交流が苦手だし、太陽の下に出て活動するタイプではないので、突然彼らがいなくなってどこかに閉じ込めておいても誰も気付かない。
気持ちの悪いオタク系など、世の中から消えた方が見た目にも良いことだし、街が活性化して経済的波及効果も得られるかもしれない。

こうして集めたオタク達には、最新のPC機器とコミック本、好みの食事とお菓子を与えておけば居心地が良いので、そこに居付くだろう。
場合によってはアシスタントやお茶くみにAKBやNMBを派遣すれば「家に帰してくれ」などとは絶対言わない。

そこに住み続けることとなったオタク達、サイバー防衛隊は日夜、中国などからのサイバー攻撃を防御し、場合によっては中国国防部などに攻めかかるのだ。

さあ、日本のオタクの実力を世界に見せるときがきたのだ。

中国から文句を言われたら「防衛隊ですから。」と言って、憲法9条を示しながら、戦争目的でないことを伝えよう。
場合によっては防衛省ではなく環境庁の所管にしてもいいのだ。
また、清潔感や親近感を出すために防衛隊には「なでしこジャパン」のように愛称をつけよう。
ただし「ねくらジャパン」とか「引きこもりジャパン」は避けたい。

こんなことを書きながら、このブログもサイバー攻撃を受けて、この陰謀が中国国防部に筒抜けになっているかもしれないと思ってきた。
これが原因で中国政府に命を狙われたら、餃子の王将やバーミヤンに行けなくなるので、今日はこれくらいにしておく。

posted by 8ちゃん at 14:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。