あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2011年12月27日

弁護士による情報流出

東京都足立区北千住の北千住パブリック法律事務所の弁護士が、婦女暴行事件の被害者情報や担当する裁判員の経歴情報などをネット上で閲覧可能な状態にしていたとのニュースが飛び込んできた。

何をしてくれるんや。

婦女暴行事件など、公判においても被害者の人権には十分な注意が払われ、傍聴者の目を避けるため、音声のみによる法廷証言が行われるケースもあるなど(十和田市2女性強盗強姦事件)、慎重な配慮のもとに行われるのが通例である。
親告罪である婦女暴行事件における告訴人にとって、告訴や公判は強い精神的苦痛を伴うものである。
また、捜査の過程において被疑者の供述などから判明した他の事件への関与がある場合など、捜査員は新たな被害者に対して、本人が「忘れたい忌まわしい出来事」を掘り返すような告訴をお願いし、人権、情報秘匿に対する十分な配慮を約束して、告訴状や調書を作成するのだ。
そんな情報が流出したのではたまらない。

今回は、裁判員候補者の経歴や電話番号も外部に流出した可能性がある。
裁判員は死刑該当の凶悪事件など重大な刑事事件を裁くこととなるので、被疑者やその関係者から報復等を受ける可能性があるため、その情報管理につて機密性が保持されるのは当然である。

弁護士は事件に相応しくないと認められる裁判員を最大4名まで忌避する権利を有するため、裁判員法31条により裁判員候補者の情報が与えられる。
なお、弁護士は裁判員の情報を被疑者に伝えることも出来るが、これについては問題視する意見も多い。

裁判員の情報を弁護士が得ることが出来る理由は、公平な裁判の確保という目的もあるが、弁護士という職に対する社会的信頼が背景にあるのだ。
今回のような情報漏えいがあれば、これを問題視する意見も出てくるだろう。
それにより裁判が検察有利へと流れていくことのないように祈りたい。

さて、YAHOOなどのメーリングリストは複数のユーザーが同時に情報を共有できるため、大型事件の弁護団などが頻繁に利用している。
通常は管理人が閲覧制限をかけるため、一般の人間がメーリングリストの内容を知ることはないが、本件では、その閲覧制限が設定されていなかったのだ。
北千住パブリック法律事務所は、比較的若手の弁護士も多いので、IT知識も十分あるだろうと思うのだが、どうしてこのような基本的な失敗を犯したのか。
日本弁護士会の調査では、このほかにも全国で10件程度のメーリングリストに情報管理上の問題があったとているが、弁護士会の調査はこの問題が出た26日の夕刻に各地の弁護士会を通じて所属する弁護士事務所に対し、FAXで注意を喚起しただけなので、実態については闇の中である。

事が事だけに今後は名誉毀損などの刑事事件や、著しい精神的苦痛などに対する損害賠償請求事件といった民事訴訟に発展するのは避けられない。
所属する東京弁護士会も弁護士自治を唱える以上、懲戒処分を行うこととなるだろう。
ただし、刑事罰や損害賠償の金員を得ても、損なわれた個人の尊厳が回復することはないのだ。

今回の弁護士事務所は東京弁護士会が経済的に支援する公設弁護士事務所である。
北千住は公設事務所の中でも主に刑事被疑者を弁護する事務所だ。
刑事被告人には国選弁護士がつくが十分な弁護活動が期待できないケースも多い。
法テラスなども含めて、弁護士会では社会的弱者のための弁護活動に力を入れているが、公設事務所はその実行部隊である。
収入的には公設に所属する弁護士など刑事事件を扱う弁護士は儲からない。
破産事件や会社更生事件、企業のM&Aに関与する弁護士が1回で億単位の報酬を稼ぐのとは対照的に、小沢一郎の弁護団などの例外を除けば、刑事事件の国選弁護士の報酬は、刑事訴訟法に定める「訴訟費用」が報酬となるため、裁判に何年かかっても50万円を超えることはない。

公設弁護士事務所は人件費や事務所の家賃など維持経費の一部を弁護士会が負担することで国選弁護士制度を維持しているのだ。

こんな事情から(弁護士過剰の現在では状況は変わりつつあるが)司法修習後には大きな弁護士事務所を目指すものが多く、刑事事件専門の事務所に行く者はあまりいなかったらしい。
しかしながら、その中には法の下の平等や社会正義の実現など真の意味での弁護士を目指す者も少なからずいたし、それが本来の弁護士の姿かもしれない。

弁護士達も難しい司法試験に合格したのだから、巨額の報酬をもらって、銀座や北新地で綺麗なお姉さんに囲まれたい気持ちも分る。
その一方で、公設弁護士事務所のように社会的弱者を弁護している弁護士もいるのだ。
したがって、今回の事件で公設事務所そのものが非難される必要は全くないのだ。

弁護士は知り得る秘密が他の国民に比べて段違いに多い職業である。
離婚訴訟では痴話話の域を超える話も聞くだろうし、金銭を取り巻く泥沼の人間関係も掌握しないと準備書面が書けないのだろう。
ところが、日常的に秘密に接しているとその重要性や秘匿性を感じないほど弁護士達の感覚が麻痺しているのではないだろうか。
今回の重大な失敗を契機に全国の弁護士には改めて自覚を促したい。
posted by 8ちゃん at 11:33| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月22日

紅白歌合戦と暴力団(その3)

NHKが行う紅白歌合戦出場歌手の選定がいかに不透明であるかということは、従来から指摘されてきたが、毎年、「昔の名前で出ています。」といった種類の歌手や単に話題つくりだけを目的に選出した歌手が多数見られる。
それはそれでも良いのだが、NHKはかたくなに公平、公正な選考を強調するから、何かひとこと言いたくなるのだ。

特に今回は、NHKは暴力団と関係のある歌手を排除したことを何度も強調しているが、今まで述べてきたように、芸能界と暴力団の関係は深く、ほぼ全ての歌手やその事務所が暴力団とかかわっているのではないだろうか。

NHKも正直に「NHKの趣味で選びました。」と言った方が楽だろうと思うのだが、何やカンヤと選定の公平性や透明性を強調しようとするのだ。

そこに無理がある。

公平性や透明性というのなら、例えば、和田アキ子はどうなるのか。

和田アキ子は、歌唱力も全くなく、数10年もヒット曲もないのに何度も紅組の司会を務め、歌手としても35回も出場しているのだ。
今年も出場するらしいが、和田アキ子の現在の職業は歌手ではなく、日本最大のパチンコチェーンと怪しい毛生え薬メーカーの宣伝担当者である。
何が基準で和田アキ子が毎年選ばれるのか不明だし(7のチカラだろうか。)、普段から芸能界のドンのように振舞っている生意気さは、紅白に常連として出場させていることで、本人や周囲が勘違いをしているに違いない。

金福子としてK−POP枠で出場するのか。
選出すべき何等の合理的な理由もないまま、漫然と紅白に出場させるNHKの不透明な態度はその背景に特別なものがあるとしか考えられない。

今年は暴力団関係者がダメというなら、和田アキ子の叔父の和田忠浩(金 和淑)は経営破綻した関西興銀から融資を受け、整理回収機構に引き継がれた267億円もの巨額の借金を踏み倒して平成18年に自己破産した。
ところが、本人は今もミナミで高利貸しを営み、厳しい取立てを行っている。
因みに、映画「ミナミの帝王」の萬田銀次郎のモデルはこの和田忠浩である。

この和田アキ子の叔父さんは、山口組のT組とは古くからの懇意だし、企業舎弟であるとの噂も絶えない。
2002年には恐喝で、2006年には競争入札妨害や強制執行妨害容疑で、大阪府警捜査四課により逮捕されている。
このケースの事件を扱う捜査二課や生活安全課ではなく、暴力団専門の捜査四課に逮捕されたのである。
この入札妨害などの事件の舞台となった大阪市中央区日本橋1丁目4−4のマンション「日本橋グリーンハイツ」が競売開始された時、マンションが落札されないように住人を装って居座ったのは、ほぼ全員が山口組系T組の暴力団員であった。

ほかにも居るぞ。
細川たかしはどうやねん。

細川たかしは、L&G詐欺事件に加担したことは多くの人が知っている。
L&Gという会社は、高額配当を約束して被害者5万人から、総額1,000億円を集め、配当しないまま会社を倒産させた大規模マルチ詐欺事件を起こした会社である。
L&G代表者の波和二は、配当を求める客に対し、カルト的な思想に帰依することを求めるとともに、「円天」と称する偽通貨を渡して、通過と同じように商品を購入できると説明することで、配当を求める客をごまかしてきた。

波和二の思想は、「擬似通貨「円天」が流通する「円天市場」の完成によって金の欲望から解き放たれた後、世界統一政府を樹立することによって戦争がなくなり、その後に「あかり天国」と呼ばれるものが完成される。」というもので、返金や配当を求める客を愚かなものとして、暗に客が返金や配当を求めないように仕向けていた。

しかしながら、円天で購入できる商品は品種、数量ともにごく僅かで、客が弁護士に相談するようになった2007年2月には、配当停止を宣言、同年11月には客の申し出により東京地裁での破産手続きの開始決定を受けている。
その後、波和二は2009年2月に詐欺容疑で警視庁に逮捕され、2010年3月18日には懲役18年の実刑判決が出ている。

細川たかしは、波和二に金で雇われた忠実な広告塔として、同社関連団体の「NPO法人あかり研究所」が主催する「無料歌謡ショー」と称するイベントを合計50回も行い、細川自身は1回のステージにつき1200万円という破格のギャラを貰っていたのだ。
このステージで細川は、会場に集めた客に対して、円天システムの素晴らしさを訴え、詐欺の主犯であるの波和二の人となりを褒め千切っていたのだ。
なお、細川たかしは、この詐欺幇助の営業による収入を税務署には申告しておらず、後日、重加算税とともに徴税されている。

つまり、細川たかしは、円天会員の募集のための違法な勧誘をして詐欺を幇助し、詐欺被害者を増やした共同正犯なのだ。

この細川たかしの方が前回書いた美空ひばりの例に比べれば数万倍も悪質だろう。

美空ひばりが1973年以降の紅白歌合戦には一度も出演していないのとは対照的に、細川たかしは、L&G事件が新聞紙上を賑わした2007年にはNHKから出場拒絶される前に紅白歌合戦を自主的に辞退したものの、2008年の落選後は、2009年から今年まで、3年連続出で選出し、細川は今年も堂々と紅白に出場するのだ。
細川に対しては、円天の被害者から、現在もなお損害賠償請求訴訟を提起されている途中であり、東京地裁において係属中である。

細川たかしと同様にL&Gの広告塔として無料コンサートに出演していた歌手のうち、今年の紅白に出場するものは、千昌夫、坂本冬美、藤あや子である。
その疑惑だらけの細川たかしなどをNHKは紅白歌合戦に選出した。

結局、NHKがいくら紅白歌合戦出場者の選定を「公平性」や「透明性」が基準であると叫んでみても、その叫びに説得力はない。
また、暴力団排除を声高に唱えても興行の世界で生きている人間が暴力団と無関係ではいられない。
しかも、そのこと事態が暴力団の資金源になるからダメという理論は、暴力団の資金源を地下深く潜行させる結果となっていくのだ。

NHKは世間体だけを考えるのではなく、本当に悪い奴らを許してはいけない。

2011年は、市川海老蔵のご乱行や大相撲の八百長問題が大きな話題となった。
その過程において芸能界と暴力団の繋がりがクローズアップされた。
しかしながら、この問題は歌舞伎や大相撲、芸能界が変わったのではなく、それらを取り巻く環境が変わったのだ。
歌舞伎も大相撲も金持ちのタニマチ衆に取り囲まれ、何をしても許された時代が少なくとも昭和60年ころまではあった。
梨園の貴公子たちが銀座や六本木でホステスさんとの間に子供を作り、関取たちはどこで飲んでも何を食べても「ごっちゃんです。」で済んだのだ。
この時代のお金持ちは本当の意味での金持ちだった。
六本木ヒルズに住む現在のIT成金のお金持ちとは違うのである。

NHKが紅白歌合戦に誰を選ぼうがかまわないが、国民的行事であるというなら、その選考基準や選考の経緯について開示して欲しいと考えるのは私だけだろうか。
posted by 8ちゃん at 20:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

紅白歌合戦と暴力団(その2)

NHKの暴力団と歌手に関する取扱は、過去からその根拠が不透明であった。
暴力団との関係を理由に紅白出場を拒絶した例としては、1973年の美空ひばりがある。
美空ひばりの実弟、かとう哲也(本名:加藤益夫)の暴力団との関係が原因であった。
かとう哲也が度々逮捕され、山口組の構成員であることが判明して、NHKは、美空ひばりを紅白から追放したのだ。

かとう哲也は、美空ひばりの4歳下の弟で、過去には小野透という芸名で歌手デビューし、映画にも出演していたが、美空ひばりの人気には比べ物にならず、次第に生活は乱れてくる。
因みに美空ひばりのヒット曲「人生一路」は、かとう哲也の作曲である。

当時、かとう哲也の住んでいた横浜には、山口組の東京進出の魁となった山口組直若の益田組(山口組三代目若頭補佐、四代目組長代行、五代目顧問)が横浜市中区長者町1-1-1に本部を構えていた。
組長の益田佳於は、山口組の若頭となる山本健一らとともに、鶴田浩二を大阪市天王寺区の旅館「備前屋」において襲撃したことで有名である。
この鶴田浩二襲撃事件は、関係者の謎の死が続くなど奥が深いのだが、話の収拾がつかなくなるので、またの機会に書きたい。

かとう哲也は、益田組の賭場で遊ぶようになる。
当時の益田組長の益田佳於にしてみれば、山口組三代目田岡一雄組長が美空ひばりを溺愛していたことは承知していたため、本来なら与えられるはずもない貫目違いの舎弟分の盃を、かとう哲也に与えて、益田組での破格の処遇を行った。

一般的にヤクザの盃には、跡目継承盃、親子盃、兄弟盃、手打盃(抗争の和解)があるが、かとう哲也は山口組の大幹部(若頭補佐)であった益田佳於と兄弟盃を交わすのである。
山口組若頭の山本健一とも廻り兄弟となるのだ。
これにより、益田組の若中(子分)にとって、かとう哲也は親分の兄弟となり、当時20歳そこそこのかとう哲也に対して、「叔父さん」とか「叔父貴」とか呼んで奉らなければならないこととなった。

かとう哲也は舞い上がった。
そして勘違いした。
自分自身はヤクザとしての何の修行もしていないし、実力もなければシノギもできない。金は姉からせびるとしても、ヤクザとして周りに認めさせたいという焦りもあった。

当時、益田組と同じ横浜市内の都筑区東方町113-1には錦政会(後の稲川会)の本部があった。
かとう哲也は地元での無理なシノギで錦政会と度々トラブルを起こすようになる。
益田佳於は、その都度、事態の収拾に奔走する羽目となったが、田岡三代目と美空ひばりとの関係もあり、我慢するしかなかった。

しかしながら、田岡三代目も、かとう哲也の相続く逮捕劇や山口組(益田組)員であることの露見が原因で、美空ひばりが紅白歌合戦に出演できなくなった事態となり堪忍袋の緒が切れた。
田岡三代目は、かとう哲也の最後の逮捕となった1973年の東亜同友事業組合(旧東声会)幹部との賭博事件の後、益田に命じてかとう哲也を絶縁処分にしている。
ヤクザの縁切りは破門(復帰可能)、絶縁、除名(復帰不可)と除籍(自主的な引退)があるが、かとう哲也の場合は絶縁であった。
言い換えれば田岡三代目は、かとう哲也をヤクザの世界に戻れないようにしたのだ。

ヤクザから足を洗って10年後の1983年にかとう哲也は心不全で42歳の生涯を終えるが、美空ひばりは、哲也の息子である加藤和也を養子として引き取り、現在、加藤和也は美空ひばりの有形資産や知的財産権の全てを所有して、印税などを受け取っている。

NHKは、かとう哲也が逮捕されたときには「弟と本人は関係ない。」と言っていた。
実際、かとう哲也が逮捕されている年に放送された第14回、第15回、第17回及び第23回の紅白歌合戦には、美空ひばりは全ての年に出場して、全ての年において紅組の大トリの大役を努めているのだ。

この時のNHKの判断は正しい。

ところが、かとう哲也が最後に逮捕された翌年の昭和48年、NHKは突然、美空ひばりに紅白への出場を拒否通告してきた。
NHKが紅白から美空ひばりを排除した理由は、かとう哲也が益田組長の舎弟であるとの報道を受けて、各地方の自治体が、この年から美空ひばりの公演会場として公民館や文化ホールの使用を断ったからである。
こんなときに必ず現れる苦情マニアがNHKに文句を言ったのだろう。

益田佳於は、美空ひばりへの影響を考えて、かとう哲也が自分の舎弟であることを隠してきたが、昭和46年7月に行われた益田組若中の葬儀の案内状に「舎弟頭 加藤哲也」との表示があったため、それまでに事情を知っていたが黙認してきた警察や自治体も世間の批判を恐れて、動かざるを得ない状況となったのだ。

美空ひばりは山口組三代目田岡一雄が幼少期より溺愛した歌手であり、関係者の間ではこれは「公然の秘密」であった。
NHKはそれを承知で国民的歌手の歌を楽しみにしている全国のファンの要望に応えてきたのだったが、そんな美空ひばりファンの夢はこの時のNHKの判断により砕かれてしまった。
NHKは土壇場で自身への批判を怖がって、美空ひばりとそのファンを切ったのだ。

NHKのこの時の判断はおかしい。

かとう哲也は美空ひばりではなく、美空ひばりの弟である。
弟がダメなら、従弟や遠い親戚が暴力団関係者の場合はどうするのか。
第一、「暴力団関係者」という定義はあるのか。


話が横道に逸れるにしても、これほどひどい逸れ方はないとういくらい逸れてしまいましたので、心を入れ替えて本筋の話を次回にUPします。
posted by 8ちゃん at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。