あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2011年12月13日

無敵!中国漁船

韓国が排他的経済水域を主張する黄海上で操業していた中国漁船が、韓国海洋警察の停船命令に従わず、逆に乗り込んだ海上警察隊員を刺殺した。
映像で見る中国漁船の抵抗はすさまじく、集団戦法も含め十分な訓練がされていることに驚かされる。

今度ばかりは逆切れ大魔王の中国も魚泥棒や人殺しの言い訳を作るのに時間がかかっているようである。
貿易問題に発展させたくない韓国も国民の感情を考えると安易な妥協はできない。
韓国人も日本の排他的経済水域において勝手に魚を根こそぎ獲っているのだが、朝鮮人は自分には甘く他人には厳しいのだ。

さて、中国人では魚の需要が急増しているらしい。
漁獲量は年々減少しているとはいえ、黄海は海産物の宝庫であり、底引きなどで根こそぎ魚を獲って来た中国漁民は高値で売って儲けているらしいのだ。

おいおい、中国人は何でも食べるらしいが、生の魚と冷たい飯とネズミは決して食べない民族じゃなかったのか。

元々、中国人は、福建省の漢民族の一種である客家(ハッカ)など一部で生魚を食する習慣があったらしいが、大多数の中国人は淡水魚に寄生する肝吸虫を恐れて生の魚は食べなかった。
肝吸虫は肝臓の管を詰まらせ、肝硬変を誘発するなどして食べた人を死に至らせる恐ろしい寄生虫である。
江青など、毛沢東に毎日のように生魚を食べさせていたらしい。
そういえば最近、我家でも刺身が多いような気がするが…。

この肝吸虫は恐ろしい寄生虫で、人間の肝臓内で毎日7000個の卵を産み続け、20年も生き続けるのだ。
この卵は排泄後にタニシの一種(マメタニシと言うらしい。)に寄生してから、鯉などの体内に鱗から侵入して成長する。
その鯉などを生で食べると人間に寄生するという訳である。
このマメタニシも鯉も淡水域にしか生息しないので海の魚には肝吸虫の恐怖はない。
アホな中国人は4000年もかけてその事実を知ってしまったのだ。

一度、味を覚えると「食」と「金」と「領土」に関しては世界最強の厚かましさをもつ中国人は一斉に寿司など生魚を食べ出したのだ。
北京や深圳の成金中国人はダイエットのためと称し、連日寿司屋へ出かけてトロやイクラなどを食べまくっているのだ。

そんなに魚を食べたければ自分の国の海で獲ればいいのだが、中国沿岸の海はひどいものらしい。
決して国民に事実を公表しない中国当局でさえも、公的機関である中国海洋環境質量公報において、中国の海には毎年317億トンの汚染水が流れ込み、その主な汚染物質はリン、窒素などの栄養塩、糞便性大腸菌群、石油類、重金属、ヒ素であると公表している。
これでは魚もたまったものではない。
中国当局は国民に対して「近海の魚は危険だから食べないように。」と注意しているほどだから汚染は相当ひどい。
中国の「海」は「膿」と名を変え、越前クラゲしか獲れなくなったのだ。

近海の魚は危険だ。
でも高く売れる魚は獲りたい。

こんなときの中国人の考え方は極めて明快である。
汚染されていない海で魚を獲ればよいのだ。
こんな国民に排他的経済水域などといっても通じない。歯痛の一種くらいだと考えているのだろう。

かくして、中国漁民は韓国、ベトナム、日本の水域に魚を獲りにやってくるようになった。
ただし、北朝鮮だけは漁船相手でも将軍様がすぐにノドンを撃ってくるので、ここだけは避けている。

したがって、中国人は日本の排他的経済水域にも進出してきている。
尖閣列島の領海内での中国猟船が大きな問題となったが、沖縄などを管轄する第11管区海上保安本部や日本海を警備する第8管区や第9管区の警備区域では、中国や韓国の猟船がウジャウジャ出没しているのだ。

まあ、これを契機に「軍備を増強せよ。」とか「徴兵制度を復活しろ。」とかのたまう連中(年齢制限と肥満で決して徴兵されないおっさん達)の言葉を聞く気もないが、魚泥棒だけではなく、殺人までやってくる輩には、ある程度の対抗措置を許可しないと、現場で命を張っている保安庁の職員が可哀想である。

いっそのこと、暴対法でしのぎが厳しくなっている山口組や住吉会の連中を船に乗せて取締りをやらしてみるか。
なかなか使用機会のないチャカの試し撃ちも出来るし、ヤクザが堅気の国民のために命を張ることは任侠道の精神にも沿っている。
小指がなくても引き金は引けるだろうし、押入れには戦闘服もあるので衣装代もかからない。

いやいや、よく考えてみると彼ら暴力団員の大半は在日韓国人だった。
海上で魚と覚醒剤の取引をされても困るのである。
posted by 8ちゃん at 11:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。