あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年01月16日

17年目の1月17日〜復興の意味するもの。

平成7年1月17日午前5時46分。
死者・行方不明者6千4百余人、全半壊家屋25万棟、損壊家屋39万棟などの被害をもたらした震度7の縦揺れは、たくさんの人生を一変させた。
神戸はあの日から17年目の冬を迎えている。

人々の記憶が薄れだし、神戸の街がいつもどおりの賑わいを見せている頃、東北大震災が発生し、あの時の記憶を蘇らせた者も多かっただろう。
勿論、東北の地震がなくとも、地震で家族や知人を失った記憶が消えることはないだろう。

あの地震から17年後の神戸。

震災当時、ライフライン等のインフラ復旧、復興本部の設置や避難所、仮設住宅の建設、復興特別措置法の制定などは、当時の村山内閣に対し、各方面から「遅い」との指摘があったものの、今回の東北大震災に比べれば比較的早期に対応できていた。

本格的な街の復興は、過去最大の予算規模により市街地再開発計画により、広域での復旧が行われ、高層住宅や商業ビルが多数建設された。

兵庫県知事も神戸市長も復興の達成を自慢し、自信たっぷりに東北の各県にノウハウの提供を申し出ている。

でも…、神戸は本当に復興したのだろうか。

神戸市の長田地区は昔から、「履物の街神戸」を代表するケミカルシューズのメーカーが密集していた。
980円や1980円など、価格の最後が980円としたのも長田のケミカルが最初だったような気がする。
ケミカルシューズは需要の浮き沈みが激しく、売れないときは全く売れない。
それでも細かい手作業と廉価量販のための数量確保のため、作業場が休むことはなかった。
そういえば、「アーサーヒル・バーン」というケミカルシューズの製造会社があった。
アーサーというくらいだから英国系の靴会社かと思っていたが、良く聞くと一日中忙しいから、「朝・昼・晩」という意味だった。

お好み焼きに牛スジを入れたのも長田が最初だったし、牛スジを揚げたものをうどんに入れたボッカケうどんやソバ飯も長田が始まりだ。
在日韓国人や在日朝鮮人も多く住み、年末には必ずどこかで火事があったが、銀行への借金が返せず、火災保険目当ての放火だという噂が絶えなかった。

因みに長田地区には今では駅前に三井住友銀行があるが、過去において都市銀行や地方銀行の支店はなく、信用金庫(淡路信用金庫と兵庫信用金庫)の支店が2店舗あるだけだった。
この理由は、長田地区の経済の特殊性にある。
長田地区では、ケミカル業者特有の数万円単位の少額手形が毎日、数百枚単位で割引に出され、かなりの確率で不渡りが発生する。
金融機関はこれを見極めるのだが、担当者が転勤の多い都市銀行や地方銀行ではこれが出来ない。
同じ支店の融資担当を10年程度続けることもある信用金庫でしか手形を分別できなかった。
ある信金の担当者は不渡手形を「ニオイで嗅ぎ分けるのです。」と言っていたものだ。

そんな庶民の街だった長田は今や高層住宅や商業ビルばかりの街となり、駅前に造られた鉄人28号の巨大像のみが目立つ街となっている。

長田の街から人間が消えたのだ。
2710億円を投じた新長田地区再開発計画により、長田のお好み焼き屋やケミカル製造業者は商業ビルの賃借人となり、住民もマンションに移り住んだ。
その商業ビルもマンションも空き店舗や空室ばかりとなり人の声が聞こえないのだ。

何があったのか。

新長田地区の震災復興再開発計画は震災から2ヵ月後に超スピードで決定されている。
実態を無視した無謀な復興再開発計画により巨額の費用を投下してマンションや商業ビルは出来たものの、ビルは埋まらず、空き家ばかりとなって街が寂れていったのだ。

新長田駅周辺の再開発計画は、対象地区面積20.1ヘクタール、1600世帯4600人が暮らしていた街に、30階建てを含む39棟のビルを建て、分譲住宅2000戸、賃貸住宅1000戸を含め立体化を図るものであった。
この段階で、住宅は約半数が過剰となる。
さらに、4600人の住民のうち、再開発による換地を受けることができる借地権者を含む地権者は1757人で、そのうち所有権者は894人に過ぎない。
その他大多数を占める借家人は再開発事業の地権者とはならない。つまり、大多数の人は新たにお金を出してビルやマンションに入居するしかなかったのだ。

しかしながら、このような根幹的な空き家問題を抱えつつも、建設工事は超長期間継続されており、平成23年12月には31棟目のビルが完成しており、ビルの建設は今後も続いていくのだ。

新長田地区の復興再開発計画について、日本建築学会が震災から4年後の平成11年に実施したアンケート(計画系論文集554号)によれば、平成11年時点において、当該復興事業により建設したビルへの入居希望の割合は、商店、事業者で入居を決めているものは10%に過ぎない。
さらに、当時、商店、事業者は、長期にわたる仮設店舗での営業で疲弊しており、更なる廃業者が頻出する可能性もあった。

また、店舗面積も2万uだったものを6万uまで、一挙に3倍に拡大する計画であったが、これは地区外部からの店舗需要がビル運営の必須条件となり、それがなければ共益費の高騰などに直結することが明白であった。

結局、各種の危惧は現実のものとなり、長田地区はかつての賑わいをみせることなく、死んだ街になりつつある。
震災による復興予算を行政と土建屋が食い物にしたのである。
それでも神戸市はビルを建て続けている。

我々が望むのは街の復興である。
街は人が生き生きと暮らして、はじめて街と呼べるのだ。
コンクリートのビルを建てることが復興はない。

「復興って何ですか。」
この計画を進めた議員や役人に聞いてみたい。

賢明な日本国民は、国も地方もこんな計画を策定する連中に行政を委ねているのだ。

東北の復興が長田地区の二の舞にならないよう祈りたい。
posted by 8ちゃん at 15:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月13日

脱獄囚が貴方の隣に…(2)

広島刑務所を脱獄した李国林が中国東北省出身の自称「残留孤児2〜3世」が組織する凶悪不良グループである怒羅権(ドラゴン)のメンバーであることが分ってきた。
前回の記事に書いた稲川会系暴力団員との繋がりもこれで納得した。
市川海老蔵を殴った伊藤リオン(宮前愚連隊)を匿っていたのも怒羅権である。

李国林には、2年間で10数人の中国人が面会に来たそうだが、それだけで脱獄の手引きをしたと判断するわけにもいかないものの、それが事実ならこの脱獄囚の捜索はかなり困難になる。
警察が全国に特別手配したといっても、広島県警以外の警察にとっては余計な仕事であり、時間の経過とともに所轄内の多くの事件を処理する中で、広島県警を除けば専従体制など組めることはないため、「気をつけておく」程度の取組みになってしまう。

本当に怒羅権が手引きしたのであれば、潜伏先の有力地は東京かもしれない。
怒羅権が勢力をもっている江東区や台場の住民は心配だろう。

怒羅権は現在では暴走族ではない。ヤクザ、いやヤクザ以上に凶暴な組織である。
住吉会を除けば、山口組など暴力団は表向きでは覚醒剤を取扱わない。勿論、陰でシャブを扱っている組織も多いのだろうが、建前では覚醒剤はご法度なのだ。
しかしながら、覚醒剤から得られる利益は莫大である。
このため、組員が直接覚醒剤を捌くのではなく、怒羅権のようなグループに扱わせる。
各組は、シマ内での覚醒剤の販売を認める代わりに一定の金を集金するのだ。
終戦直後に第三国人と呼ばれた不良韓国人や不良中国人と戦っていた日本のヤクザも海外マフィアと提携する時代になったと思うと複雑な気分である。
このような国際化は願い下げにしたいものだ。

怒羅権などは暴力団でも暴走族でもない不良グループだが、覚醒剤を扱うことで資金は潤沢にもっている。
李国林を匿おうと思えば、それだけの資金はあるのだし、密かに中国へ逃がすことも可能かもしれない。

今日の報道では李国林脱獄囚が刑務所近郊で空き巣に入ったと報じている。
脱獄囚は、空腹を満たしたうえ、衣料を確保したようだ。
李国林の中国に住む母親が重篤な状況にあり、妹からの手紙により、李はそのことを知ったようだが、それが脱獄の理由かもしれない。
もしそうなら、母親に会いたいという強い意思があるから過酷な潜伏、脱走にも耐えるのかもしれない。
また、目的のために窃盗ばかりか強盗、傷害、それ以上の二次犯罪を犯す可能性もある。

今回の脱獄劇では、刑務所の管理態勢の不備が主要因だろうが、外壁の警報装置が作動していない事実を李国林が知っていた可能性もあるなど、不審な点も多い。
誰かが情報を流した可能性も拭いきれない。

いずれにせよ、事件解決までの間、広島の住民は眠れない夜が続くのだ。
posted by 8ちゃん at 09:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月12日

脱獄囚が貴方の隣に…。

広島刑務所から殺人未遂などで懲役23年の刑を受け服役中の凶悪犯が脱獄した。
この脱獄囚、李国林という韓国姓と間違いそうな中国人である。
故郷の中国の刑務所に比べれば、日本の刑務所など天国だと思うのだが…。
服役の理由は、2005年に職質中の警官に発砲したことなどであるが、その時、この男は警官に太腿を撃たれて御用となっている。

たが、この男は銃創を病院で治療した直後、隙を見て警察車両を奪って逃走したのだ。
必死で追いかけるパトカー20台に追われながら、こいつは30分以上もカーチェイスした猛者なのである。
こんな危ない男が日本のどこかに息を潜めて潜伏しているのだ。
テレビに映る刑務所幹部の反省は後でいいから、早いこと捕まえてくれ。

この男は、高さ2.6メートルの内壁を乗り越え、その外にある5メートルの外壁もクリアして下着姿で走って逃げたそうである。
工事中の足場を利用したらしいが、この間の様子が監視カメラに写っていたようだ。
この刑務所には監視カメラが98台もあるのだが、担当の刑務官はこれを一人でチェックしろと命じられていたそうで、これは百人一首大会の優勝者と同様の難易度だろうから、この刑務官を責めることは出来ないだろう。
煩い国民へのポーズとして、無能な政治家と事なかれ主義の腐った官僚を残したまま、真に必要な公務員まで削減するからこんな事になるのだ。

この脱獄囚は、2005年5月に逮捕されているが、この背景が変わっている。
当時、この脱獄囚とほかに2名、合計3名の中国人窃盗団は、稲川会の枝の組員である益田洋一から岡山市の不動産業者宅への強盗を指示されていた。
暴力団が資産家情報を中国人窃盗団に提供して実行させる手口である。
暴対法により暴力団のシノギが厳しいのは分るが、稲川会も情けない状況になったものだ。

警察庁は特別手配(全警察官に手配情報が配布される)したようだが、日本の治安当局の実力が試されている。

さて、この脱獄囚は今どうしているのだろう。

単独犯なのか、脱獄の手引きがあったのかは不明だが、受刑者との一般面会では刑務官が監視するので、会話の内容が限られ、外部とのつなぎは難しいだろう。
雑居房で知り合って先に出所した者が報酬目当てに手引きすることも考えられるが、脱獄の共犯となれば罪も重いので、相当の報酬を用意する必要がある。
それでも雑居房の関係者をチェックする必要がある。
仮に手引きがあれば、被服、移動手段、住居、食料などの心配はない。

単独犯だとかなり厳しい。
そして、2次犯罪を犯す可能性も高まってくる。
脱走囚は、逃走時には刑務服を捨てて、下着姿で逃走しているようだが、この厳しい寒さである。
民家の洗濯物や屋内の衣類を確保したいだろう。
そのままだと市民は下着姿の男を見て、健康のために鍛えているとは誰も思ってくれないだろうから、すぐに通報されるのだ。
移動手段としての車両も盗みたい。
車があればその中で寒さも凌げるし寝床にもなる。
駅や主要道は検問だろうから、少しづつ移動しながら付近に潜んでいることも十分考えられる。
洗濯物を干している家や車を外に駐車している者は注意が必要だ。

警察は各家庭をローラーで訪問して、聞き込みと同時に住居侵入の危機に対応するが、警察官の数にも限りがあるので、夜間は当然として日中における施錠等の自己防衛が重要である。
住居に侵入して家人を拘束しているケースも考えられるので、事件現場付近に知人がいる者は安否確認の電話を当面は続けた方がよい。

脱獄囚は全国に手配されるであろうことは予想しているだろうから、目指すのは人間が多く居て社会との繋がりに無関心な大都市である。
特に大阪市などはリンゼイ殺人の市橋達也やオウムの平田信も大阪で長期間潜伏していたし、それが出来る場所である。
大阪市西成区萩之茶屋周辺のドヤ街(通称:釜ヶ崎)には、日本中から過去を背負った人間が流れ込んでくる。
事業に失敗した社長も、蒸発したいと家を飛び出した若者もこの街では誰もその過去を聞かない。
東京や名古屋も人への関心は薄い。
脱獄囚が潜伏できる土壌は十分にあるのだ。

顔写真も出回っている。
身体特徴も公表されている。
国民全員が関心をもって捜査網を広げるしかない。
これは広島の事件ではない。
脱獄囚は貴方の隣に居るかも知れないのだ。
posted by 8ちゃん at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。