あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年01月06日

5649万円のマグロ (その1)

築地の初セリで青森県大間産のマグロが5649万円の値をつけたそうだ。
1キロ当たり21万円での落札で、2位の入札者はジャッキー・チェンと間違いそうな、香港の寿司王と呼ばれるリッキー・チェンと銀座の高級寿司店である久兵衛の連合軍で、キロ当たり20万円だったそうである。
どのような計算をするのか不明だが、原価計算すると大トロ1貫が1万5千円になるそうだ。
落札した「すしざんまい」という寿司チェーンでは一貫398円で提供するそうである。

景気のいい話である。

落札した寿司屋は、話題つくりによる宣伝効果を狙ってのことだろうし、現に多くの人が「すしざんまい」のHPにアクセスしたりして、会社の概要を調べたり、自分の近所の店を探しているのだろう。
結構なことではないか。
金のあるものはどんどん使って消費性向を高めてくれればよいのだ。

ただし、こうなるともはや「市場」ではない。
需要と供給に裏打された市場価格とは別の話であると理解しよう。

大間のマグロに希少価値があると言っても、大間漁協所属の漁船が獲ったマグロと隣の漁協が獲ったマグロが違うことはないだろう。
実際には三陸沖から北海道まで相当広い範囲で餌や水温などマグロの成育上の環境が整っているのだろう。
「大間のマグロ」の定義は、商標登録があるのかどうかは知らないが、「青森県下北半島大間沖で漁獲されたマグロ」ということらしい。
しかし、本来、マグロは広範囲を回遊する回遊魚であり、大間沖で定住している訳ではないのだ。

他の高級グルメもそうであるが、ワンパターンの番組しか制作できないテレビ局と、グルメ番組しか出演機会のない三流タレントが、お決まりの「舌の上でとろける。」などと言っているからややこしくなるのだ。
一度、こんなバカ芸能人には究極のグルメと称して塩酸か硫酸入りの料理をたべさせたらいい。

本当に「舌が溶ける」のだ。

(次回へ続く。)
posted by 8ちゃん at 11:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。