あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年01月20日

北九州と暴力団 (3)

工藤会総裁であった溝下秀男が死去したのは平成20年7月1日である。
肝臓移植の手術を受けたのだが、術後の経過不良が原因だったらしい。

この時期、大物組長が次々と肝臓移植を行っている。
稲川会の三代目会長で、映画「修羅の群れ」のモデルとなった稲川裕紘、山口組五代目若頭補佐、六代目舎弟を務めた後藤組長後藤忠政が肝臓移植を行い、溝下と稲川はその経過不良が原因で死亡している。

溝下の葬儀会場は、溝下が精魂込めて建設した工藤会館ではなく、民間の葬儀会場であった。
福岡県警は葬儀会場の運営会社に対して、執拗に会場使用の拒絶を要請したが、運営会社は溝下に人間的な魅力を感じている人物であったため、葬儀場運営会社の代表者は「工藤会の葬儀ではない。溝下家の葬儀である。」と言って警察の要請を断り、葬儀は敢行された。
なお、溝下の3回忌法要も同じ会場で行われている。

葬儀当日は、全国から暴力団の最高幹部が勢揃いした。
跡目抗争により道仁会から分裂し、抗争中であった大牟田市の九州誠道会以外の全国の主要組織の当代(組長等)が溝下の葬儀に参列したのだ。
葬儀は工藤会総裁としてのものではなく、溝下家葬儀として行われたため、暴対法による警察の目もある中、地元病院関係者や商店主も多数参列するなど、堅気に愛された溝下らしい葬儀であった。

余談だが、生前、溝下はユーモアにも溢れていた。
県警の家宅捜索が余りにも執拗に続くので、溝下は「猛犬注意」と書いた紙を貼って、交友のあった桑田兼吉山健組長(当時)から寄贈されたドーベルマンを2頭庭に放し飼いした。
さらに、座敷にはペットとして飼っていたボア(大蛇)も置いた。
踏み込んだ警察はさどや驚いたことだろう。
因みに、このボアについては、何かの拍子に牙が欠けたらしい。その時、溝下は旧知の歯科医に患者が大蛇であることを告げずに往診してもらい、治療してくれと言った。
流石に、生命の危機を感じた歯科医は「親分こらえてつかあさい」と言ったて降参したらしい。

また、溝下は自宅の表札を外して、「みぞしたアニマルランド」と書いた看板を掲げたこともあった。
警察に対するイタズラである。
確かに、当時の工藤会の連中は、人間にしておくのが勿体ないほどの恐ろしい顔をした者が多く、その意味では「アニマルランド」はピッタリなのだが、たまたま調査に来た住宅地図製作会社の「ゼンリン」の調査員が、それを見たため、住宅地図に「みぞしたアニマルランド」が載ってしまったのだ。

溝下は、配下に対して、地域に迷惑をかけるなと言い続けた。
組員には出来るだけ人の多い時間に飲み屋などに顔を出すなと命じていた。
暴走族が通行する車の前を蛇行運転するなどしているのを見つけると、溝下は、暴走族の前に車を割り入れて停車させ、暴走族全員を道路に正座させて1時間以上も説教をしたこともあった。

そんな溝下秀男が死んだ。

工藤組と草野一家を和解、統合した1987年には、年長であり、かつては草野高明の親分であった工藤玄治は引退しており、草野高明が総裁となった。
旧工藤組系では、田中組が構成員数、資金力ともに群を抜いていたが、若頭には旧草野一家系極政組長の溝下が就任した。
溝下が組長をしていた極政組は、工藤組と草野一家が抗争を繰り返していた頃、工藤組の若頭(田中組の組長)であった田中新太郎を射殺した組織である。
田中新太郎のあとを継いだ田中組組長の野村悟は、溝下から次期の総裁への就任を約束されて、溝下の風下に甘んじることになるが、田中組の内部には、極政組への遺恨が脈々と引き継がれていたのだ。

溝下が全国的な人望を集めていたため、存命中に野村悟は動けなかったが、溝下が死ぬと野村悟工藤会四代目は、すぐに行動を起こす。
溝下が死に、野村が四代目を継いだ頃、当時の極政組の組長は溝下子飼いで、八幡西区萩原1に住む江藤允政であった。
江藤は、知人の傷害事件に絡んで、被害者を脅迫して処罰を望まない内容の上申書を作らせたとして強要罪に問われ、懲役2年の服役中であった。
ところが、野村は、江藤が服役中に極政組長を若頭の今田雄二に代える工作をし、江藤を極政組から追放した。

さらに、極政組と同じく旧草野一家の主力組織であった篭縞組の元組長で溝下の警備隊長であった徳本敏が殺害され、溝下の舎弟で篠塚組の組長であった篠塚一雄も射殺されている。
旧草野一家系の徳永組、氷室組、園田組は解散させられた。

こうして、工藤会の内部から旧草野一家の実力者が次々と消えていった。

現在では、工藤会は野村悟総裁、田上美夫会長、菊地敬吾理事長トップ3名がいずれも田中組出身者が独占するという、異常な状況となっている。

一方、溝下色の強い幹部は、組織委員長に極政組の今田雄二と閑職である常任相談役に西田組組長の西田明吉、事務室長として上高組組長の上高謙一のみであり、このうち上高は、組員を持たない「ひとり組長」であるから、組織内への影響力は薄い。
篭縞組長の篭縞武志も渉外委員長として名を連ねているが、篠塚一雄を射殺した小野朗が篭縞組の出身者であるのに、本部からの処分がないことなどから、篭縞組は親田中組と考えられる。

堅気への手出しを厳禁していた溝下が去り、旧工藤組系の田中組の支配が強まるにつれて、工藤会は、暴対法の煽りでシノギが苦しくなったこともあって、堅気の建設業者や飲食店などに暴力攻勢をかけているとの見方は間違いだろうか。
清水建設や西部ガスへの襲撃や中洲のクラブ経営者への襲撃事件は溝下の死後発生しているのだ。

勿論、溝下も暴力の世界に生きてきた人間であり、数多くの事件に関与している。
暴力団は如何なる理由があっても反社会的勢力である。
彼らの懐には常に暴力装置がある。
任侠の映画の世界と現実は大きく違うのだ。

そんなことを重々承知の上でも最近の工藤会は変質したと感じている人間が私以外にも沢山いるのではないだろうか。
posted by 8ちゃん at 17:53| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。