あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年02月09日

健康食品 (その2)

昨日のグルコサミンに続いて、本日はコンドロイチンの話である。
コンドロイチンというのは、コンドロイチン硫酸という恐ろしい名前が本名である。
工業的には動物の軟骨から抽出するのが一般的だ。
現時点で商業的に一番多いのは鮫の軟骨から抽出したものである。
鮫からは、コンドロイチンのほかにも肝臓の油脂も健康食品として販売されているので、健康食品産業にしてみると、サメは、日銀の大金庫並みの宝の山である。

ほとんどのコンドロイチン屋は、自社の製品の優位性を宣伝するため、「当社の製品は、天然の深海ザメの軟骨から抽出したコンドロイチンです。」と自慢している。

深海ザメが「天然」なのは当たり前だろう。
養殖の深海ザメがいるのなら、目の前に連れてこい。

深海ザメとは水深が700メートルから1500メートルあたりの場所にいるサメらしい。
漁師が深いトロールをしたときに外道として網にかかってくるものが深海ザメだそうだ。
ツノザメ科のアイザメ、アカブ、シラツボといわれる仲間達だ。
そんなものは、たまにしか網にかからない。
大量に売るほど深海ザメは捕獲されていないのだ。
それにサメは全身が軟骨で出来ているのに、わざわざ「サメの軟骨」と書くのも胡散臭い。

東シナ海などで漁をすると網にサメがかかる。
漁師にとっては、サメは迷惑な外道なので(フカひれを切り取る場合もあるが)サメの残骸は、昔はそのまま海に捨てていた。
ところが、海洋汚染を喧しく言われるようになってからは、漁師たちはサメの残骸を海に捨てるに捨てられず、漁師は困っていたが、ある時期から、中国人がこれを有料で処理するとして引き取り出した。
小型の漁船を改良した軽貨物船に乗った中国人が、「ニーハオ・ニーハオ」と満面の造り笑顔でゴミとしてサメの残骸を有料で引き取っていくのだ。
このサメの残骸からコンドロイチンが中国で精製され、白い粉末状のコンドロイチンを大きなナイロンの袋に入れて日本に輸入しているのだ。
日本人から金を取って引き取ったサメの残骸を日本人に売り付けるのだから、流石に中国人はお目が高い。
このほかにも、宮城県のフカヒレ漁師がヒレを切り取ったサメを中国に輸出しているのだ。

念のために言うが、コンドロイチンは経口で摂取しても直接的な関節疾患改善作用は全く無いのである。
患部である関節軟骨には血管が存在しないので、消化管から吸収された成分が関節内に移行することが原理的に不可能なのだ。
軟骨が痛んだら軟骨を食べれば良いといった単純な錯覚がコンドロイチン屋を大儲けさせているだけなのである。
このように、コンドロイチンについては、効能はないし、大量に飲めば嘔吐などの副作用もある。厚生労働省は妊婦などの飲用に注意を喚起している。

それでも軟骨の方はまだましだ。
最も恐ろしい問題は、コンドロイチンの製造と平行して健康食品に加工されるサメの肝臓である。

海中には無数の重金属が解け出している。
そのうち、クロム、カドミウム、亜鉛、ヒ素、ニッケル、鉛、アンチモン、銅、セレン、ホウ素、スズ、ストロンチウム、セシウム、バリウム、銀、ベリリウム、マンガン、水銀、モリブデン、バナジウム、ビスマスなどが人体に有毒な重金属である。

これらの重金属は、比重が高いから重金属と呼ばれるのであって、当然の帰結として海の中では深海や底部に滞留する。

そのため、深海と海表面を行き来する鯨やイルカからは、厚生労働省の水銀濃度の暫定基準である1グラムあたり、0.4マイクログラムを大幅に超える2000マイクログラムの水銀が検出された例が報告されている。
さらに、2000マイクログラムの抽出サンプルは、イルカの肉を鯨と偽って、市場で販売されていたものであるというから恐ろしい話である。
また、2007年に北海道医療大学などが、比較的鯨を食べる習慣のある和歌山県太地町の住民の髪の毛を調査したところ、髪の毛から通常の10倍の水銀が検出されたとの報告もある。
このあたりの情報は、シーシェパードの陰謀かもしれないので、私が飲み屋で鯨ベーコンの注文を止めることはないが、これが肉部分ではなく肝臓となるとその危険度は天文学的に上昇することとなる。


話が益々盛り上がってきましたので、この続きは次回です。
う〜ん。どこかのバラエティー番組並みに引っ張るな〜。
posted by 8ちゃん at 11:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月08日

健康食品

人生初のインフルエンザ罹病を記念してと言う訳でもないが、健康食品について書いてみたい。

今や、恐ろしいほどの健康食品ブームである。
テレビでは(特にローカル局)は健康食品を売るためのテレビショッピングばかりで、昔の名前だけが残っているタレントが「私の健康はコレのおかげよ。」とばかりにサプリメントを宣伝している。
他に出演機会のない中田喜子などは、毎週土曜日と日曜日には、背後に「グルグルヒザ廻し隊」を従えて、「明日の折り込みで」とか「今日の折り込みで。」とかしつこく言い寄るのだ。
ネットや新聞チラシでも健康食品が溢れており、こんなに公告宣伝費を使っているからには相当儲けているのだろう。

健康食品といえば怪しい会社とのイメージもあったが、最近ではサントリーなども力を入れているようで、多くの企業が参入しているようだ。
日本中に年寄りが増殖しているのも健康食品ブームの要因なのだろう。
歳を取れば、腰、ヒザなど間違いなくどこかしこが痛み出す。
おしゃれな年寄は、コエンザイムやコラーゲンにも強い関心を示しているのだ。

山のようにある健康食品のうち、最近の流行は、ヒザや間接の痛み解消を謳ったグルコサミンやコンドロイチンである。
まあ、それを飲んだからと言って、平行歩行も苦痛だった老人が、いきなり福島千里のように100メートルを疾走したり、澤穂希のようにゴールのニアサイドからアウトステップのシュートを決めることはない。
だいいち、それほど画期的に症状が改善されるのであれば、とっくの昔に治療薬として薬事審査を経て医者が処方していると思うのだが、そんな話は聞いたことがない。

厚生労働省の独立行政法人である国立健康栄養研究所という機関が、「健康食品の安全性、有効性に関する情報」というのを出している。
この研究所は、厚生労働省からの天下りの受け皿機関であり、製薬会社からの寄付により運営されているので、業界の悪口は決して言わないのだが、そんなところでもグルコサミンやコンドロイチンの効能については疑問視しているのだ。

国立健康栄養研究所のHPより
グルコサミン
動物の皮膚や軟骨、甲骨類の殻に含まれている。工業的にはカニやエビなどの甲殻から得られるキチンを塩酸などで分解して製造される。俗に「関節の動きをなめらかにする」、「関節の痛みを改善する」などといわれ、ヒトでの有効性については、硫酸グルコサミンの摂取が骨関節炎におそらく有効と思われている。ただし、重篤で慢性的な骨関節炎の痛みの緩和に対しては、その効果がないことが示唆されている。

コンドロイチン
ヒトでの有効性については、骨関節炎の緩和に対する検討が行われているが、見解が一致しておらず、まれに上腹部痛、吐き気、などの副作用がみられる。安全性については、適切に用いれば経口摂取でおそらく安全と思われるが、妊娠中・授乳中の安全性については十分なデータがないので使用は避けるべき。

薬品業界に遠慮した「究極の控えめなコメント」がこれである。

グルコサミンは、海老やカニの甲殻に塩酸をかけて生成される。
どうせ捨てるものなので、原価はタダみたいな物だ。
道頓堀のカニ道楽や日比谷の蟹工船の裏口には、きっと世田谷自然食品の従業員がトラックを停めて待機していることだろう。
吉永小百合や井川遥の食べたカニの殻なら許せる人も居るかもしれないが、アンガールズやバナナマン日村の食べたカニも一緒に持ち帰られるのだ。

ただ同然で拾って帰ったカニの殻などは、塩酸で脱灰処理がなされ、アルカリ処理でタンパク質が除去された後に、アルコールで赤い色素が脱色される。
これら加工処理剤はいずれも人体には毒性を持っているので、かなり恐ろしい話である。
こんなゴミ加工品が通販では3000円〜5000円、場合によっては8000円で売買されているのだ。
したがって、「今だけ、お試し価格の1000円でお届けします。」といっても業者は決して損などしていないのだ。

次回、コンドロイチンの話へと続きます。
お楽しみに。
posted by 8ちゃん at 15:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月07日

輸入食材と放射能

福島原発の事故以来、放射能、放射線、セシウムなど、原発関連の単語が国民の耳に染み付いた感がある。
年齢層の高い世代にとっては、世界唯一の被爆国として潜在的に核や放射能への恐怖感もあるのだろう。
砂や礫に残ったセシウムが生コンとなって、建築現場に使用されたとか、福島産の米や野菜に含まれる放射性物質の残留値が連日報道されている。
放射性物質が身体にどのような影響があるのか、また、その限界被曝量はいくらかなど、「見えない」部分が多いことも不安を煽り、過剰反応を引き起こしている原因だろう。

何事にも過剰反応するのが、我が国が誇る「OBASAN(又はOBAHAN)」達で、一部の食材から放射能の残留が計測されたとの報道があれば、日本中の野菜や牛肉が放射能汚染されたかのように大騒ぎして、「食べるものがない。」などと言いながら、ちっとも瘠せないのだ。
国内産の牛肉は危険だということで、輸入牛肉などが良く売れているそうだ。
このため、イオンなど大手量販店では輸入牛肉などのスペースを拡大しているようだ。

つい数年前のBSE騒動の時は、主婦達は、牛肉や農産物は「国産牛肉しか買わない。」とか「アメリカ産牛肉は危険だから輸入するな。」とか、意味も解らず「プリオン、プリオン」と叫んでいたのに…。

さて、モテモテの輸入食材だが、確かに安価だし、見た目には日本の食材と何等変わらないのだが、こいつらは本当に安全なのだろうか。

日本の食品衛生法11条では、「厚労大臣は、食品若しくは添加物の製造、加工、使用、調理若しくは保存の方法につき基準を定める。」としており、これを受けて厚労省告示370号(昭和34年12月)において、「食品を製造し、又は加工する場合は、食品に放射線を照射してはならない。」として、食品の製造過程などにおける放射線照射を禁止している。
ここで言う放射線とは、アルファ線、ガンマ線、中性子線などほぼすべての放射性の電磁波や粒子線を指している。
唯一の例外として、ジャガイモの発芽防止のためにコバルト60(ガンマ線)を150グレイまで、1回だけ照射できるが、その場合は、表示が義務付けられる。

ところが、欧米や日本を除くアジア全域では、食品の「寄生虫除去」や「殺菌」を名目に放射線の照射を認めている国が殆どなのだ。
照射が行われている国は、ベルギー、フランス、ハンガリー、オランダ、ウクライナ、デンマーク、フィンランド、イスラエル、ノルウェー、アメリカ、クロアチア、アルゼンチン、バングラディッシュ、チリ、中国、イスラエル、フィリピン、タイなど、ほぼ全ての日本の貿易相手国である。
照射食品も、穀類、タマネギ、ジャガイモ、ニンニク、冷凍魚介類、肉類、香辛料、果物など全食材に及んでいるのだ。

照射食品は、その始まりは軍需用として考え出された。戦地で食品の長期保存を狙ったものだったが、アメリカでは1960年代に、安全性の問題から使用が全面的に禁止された経緯を経て再度復活しているのだ。

放射線を照射すると、ジャガイモやタマネギ、ニンニクは芽が出なくなり、芽が伸びて食べられなくなったりしない。
パパイヤやマンゴーなど熱帯の果物や野菜の熟度を調整したり、イチゴやミカン、魚やソーセージ、ベーコンなどは保存期間が長くなる。
小麦粉や米など照射すると、付いていた害虫の遺伝子が壊れたりして、虫が死んだり、不妊化したりするし、肉や魚やスパイスについている菌を殺して、殺菌することもできる。 ウイスキーや焼酎などは、熟成促進にも使えるのだ。

でも、検疫所でチェックするから、放射線を照射した食材は日本国内には入ってこないのではないのか。

ところが、そうはいかないのである。

検疫所というところは、厚生労働省所管のものと農林水産省所管のものがあるが、食材に関する検疫は厚生労働省の所管である。
全国に13箇所ある厚生労働省検疫所は、港や空港といった国の玄関口にあり、職員の総数は896名である。
このうち、食材の検疫に従事する職員は397名で、他は伝染病などの検疫業務に携わっているのだ。

膨大な輸入食材に対して、この人数で何が出来るというのか。

検疫の実態を覗いてみると、平成21年度に輸入の届出(食材を輸入する場合は届出義務がある。)があった件数(数量ではなく件数)は1,821,269件で、このうち抽出による検疫が実施できたのは86,461件に過ぎない。
この抽出による検疫とは総輸入物から一定割合のサンプルを抽出して中味をチェックするものだが、そのサンプリングにはルールがあって、例えば、50個以内の荷物なら3個と決まっている。
個数が増加すれば、500個につき13個などと、サンプル数も増加するが、最高でも35,000個を超える輸入物に対して、50個の抽出なのである。

また、検査項目は多岐にわたるが、使用禁止農薬のチェックなどに時間を割いているのが現状である。

それでもサンプルを抽出して検疫しておればいくらかはましなのだが、驚くことに放射線に関しては食品衛生法により食材への照射が禁止されているのにもかかわらず、殆どの輸入食材が検疫の対象にもなっていないのだ。

検疫の対象となるのは、野菜や果実、香辛料など16種類に過ぎず、肉類や米、小麦など他の大部分の食材は、放射線に関して、全くノーチェックなのだ。
しかも、数少ない検疫対象食材も検疫の方法といったら、食材を直接チェックするのではなく、食材に付着してきた土を調べているに過ぎない。
これは、土に含まれる鉱物に残された放射線の照射痕を調べる方法しか確立されていないからなのだ。

何とも怖い話ではないか。

放射線の人体への影響については、誰もその答えを知らないため、コバルト60やセシウム137のような放射性物質から出る放射線や、あるいは電子加速装置からでる電子線を食品にあてることで、どのような人体への影響が、どのくらい先に発生するのか知らないまま、我々は、毎日輸入食材のお世話になっているのだ。

放射線は、照射すれば、食材の菌が死んだり、芽が出なくなるのだから、具体的には遺伝子が破壊されたり、変質するということかもしれない。
コバルト60やセシウム137の強い放射エネルギーが、原子核の回りをまわっている電子を吹き飛ばすことは分かっているので、それによって、遺伝子が破壊される可能性は高いのだ。
ひょっとしたら、遺伝子中に新しい物質が生成されたりはしないのだろうか。
放射線が、毒性をもった新物質を生成していたとしたら、何が「殺菌のため」だ。

そこまでして殺菌や発芽防止をしてくれなくてもいいのだ。

大規模農場経営のアメリカなどにとっては、輸出先が世界中に拡大しているため、腐らず、雑菌にも犯されず、日持ちがして、収穫から長期間の販売期間や輸送期間を得られる放射線の照射はありがたいのだろう。

因みに、アメリカの上流社会では、牛肉はオーストラリア産しか食べないそうである。
もちろん、アメリカ産牛肉の90%以上が、飼料に、EUで使用禁止とされている性ホルモンを使用していることもその理由だろうが…。

福島、福島と騒ぐ前にもっと怖い現実に目を向けてはどうだろうか。
posted by 8ちゃん at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。