あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年02月17日

雨水

2月19日は、24節季でいう雨水である。
この頃には、雪が雨に変わって、人々は、春の訪れが近いことを知るのだ。
雨水の後の節季は有名な啓蟄であるから、この時点では虫たちはまだ穴の中にいるのだろう。

年末、正月が過ぎ、2月も半ばを超えた。
時間が昔の倍速や3倍速で過ぎていくような気がする。
時間の流れが速く感じることは、平穏な日々が続いている証拠だと友人に言われ、そんなものかと考えつつも、駆け足で過ぎ去る日々を果たして有効に使ってきたのかと、考えてしまう。

私達は、溢れる情報の中で、世界中の遠くの出来事や週末の天気まで知っている。
その一方で、自分自身を見つめる時間や回りの景色をみることを置き去りにしていないだろうか。
道を歩いていても、電車に乗っていても多くの人とすれ違うが、それらを見る目は、果たして目の前にあるものを人間として見ているのだろうか。
通り過ぎる人も、電柱やビルのコンクリートと同じ「もの」としてしか見ていないのではないだろうか。

今年の春は、ゆっくりと歩いて行こうと思う。
ラベル:雨水 24節季
posted by 8ちゃん at 17:40| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。