あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年03月09日

魔女が暮らす国 (ルーマニア)

女子体操競技で、コマネチという選手がいた。
古い人なら、誰でも知っている有名人だが、少しだけ古い人でも、ビートたけしのギャグとして記憶があるだろう。
そのコマネチの母国がルーマニアである。
日本からは、チューリッヒ経由(乗り換え)で約9時間のフライトだが、日常会話においてルーマニアが話題に上がることはあまりない。

このルーマニア、現在でも魔女が暮らす国なのである。

昨年の暮れには、「呪い」で大金を儲けたとして有名な魔女が逮捕され、この魔女に関わった女優や政治家も出てきて大きな騒ぎとなっている。
逮捕された魔女は2人で、名前をメリッサ、バネッサというらしい。

おお、いかにも魔女らしい名前ではないか。

このメリッサ、バネッサは、テレビにも出演する売れっ子(?)魔女だったそうだが、彼女達に相談にきた人気女優から、ポルシェやマンションなど、4700万円の報酬を受け取った挙句に、関係を切ろうとした女優に対して、手下の男達を使って脅しをかけて(ここは自分の魔法でやらないところが奥ゆかしい)自殺に追い込んだというから、まさに悪魔のような、いや、魔女のような所業をしていたのだ。
また、この魔女達は、プロサッカーチームのオーナー夫人に、「あなたの夫の愛人が、あなたに呪いをかけているわ。」といって、呪い封じの代金、1000万円を支払わせたのだ。

このほかにも、2008年の大統領選挙の候補者であったジョアナ氏や、現役のブカレスト市長であるオプレスク氏も、彼等自身の選挙運動に、メリッサやバネッサの魔女的応援(どんなんやねん)を依頼していたというから、相当のスゴ腕魔女だったのだ。

ルーマニアには、現在でも魔女が確実に2000人以上いるらしい。
占い師と称する者の数を加えると数万人という説もあるのだ。
きっと、オセロ中島の霊能力者もルーマニア方面から、箒に乗ってやって来たに違いない。

この魔女達の「呪い関連ビジネス」は、経済規模もかなり大きくて、ルーマニア政府は、今年から、労働法を改正して魔女を職業区分に加えている(職種区分は「自由業」だそうな)。
また、魔女の所得について16%の課税を行うことも決定したのだ。
魔女が職業となることで、彼女達は役所に「魔女」として登録して営業許可を得る義務が課せられるし、健康保険や年金への加入も義務付けられた。
さらに、呪文料などをクライアントから頂いたときには、領収書を発行することが義務付けられている。

それだけではない。

占いなどが外れた場合は、罰金や懲役刑も準備されているというから、魔女にとってはエライこっちゃの大騒ぎなのである。

これに関して、大物魔女のBratara Buzea(読めない)は、「予言が外れるのはタロットカードの質の問題や、本当のことを言わない客のせいよ。」などと述べて反論している。

実は、この魔女課税、2010年の9月にも法案が国会に提出されたのだが、議員たちが呪いを恐れて否決したという歴史をもっているのだ。

課税などが決まったときの魔女達は、関係した官僚や議員を呪う祈祷を行ったそうだが、その成果があったかどうかについては、報道されていないので良く分からない。

前向きな魔女もいる。

31歳になる魔女のガブリエラ・チャンカーは、「占星術と霊界との接触」を取り扱う会社を設立したし、別の魔女であるRodicaは、自身のウェブサイトを開設して新規顧客の開拓を目指している。

さて、日本には魔女はいないのか。

日本では、魔女やそれに類するものとしては、イタコとかがやや近いような気もするが、箒には乗れないし……。
鬼嫁なら、推計2000万人は棲息していると思うのだが……。

この際、官房機密費で相場の何倍もの報酬を支払っても良いから、政府は、ルーマニアからスゴ腕の魔女を大量に呼んで、日本の経済、財政、そして政治の閉塞感を吹き飛ばすような呪文をかけてもらってはどうだろうか。
posted by 8ちゃん at 15:55| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

親愛なるニコラへ

あなたが最近テレビに出なくなって、寂しい思いをしていましたが、昨日は、「わが国を統合する制度が機能悪化の一途をたどっているのは、国内にあまりに多くの外国人がいるためだ。」というあなたの発言がフランスから届きました。
あなたが元気でいることを確認できたことは、数ヶ月前、昼食に食べたチキンカツ定食に予想以上の量のタルタルソースがかかっていたとき以来の喜びです。

この数年であなたの親友が次々と引退しています。
貿易不均衡の演説で、「アメリカの輸入は100%外国からです。」と言ったジョージ・ブッシュは、テキサスで石油の仕事をしています。
イタリア中部地震の被災者に「やあ、被災者のみんな、テント暮らしが大変だって。キャンプに来たと思えばいいのだよ。じゃ!」と言ったベルルスコーニも今は、地中海で美女とデート中です。
もはや、あなただけが世界に笑いを提供してくれる唯一のリーダーなのです。
わが日本のリーダーは、いつも国民から失笑は受けるのですが、物理的な顔の面白さを除けば、笑いは取れません。
国際的な総合笑社である吉本興業をもつ国としては、恥ずかしい限りです。

ところで、カーラは元気にしているのですか。
そうです。
ベルルスコーニが「「あなたの妻は、私があげた。」と言っていたイタリア生まれの美人の奥様ですよ。
彼女は、エリック・クラプトンを振って、そのあとに付き合ったミック・ジャガーを捨てて、自分より10センチも背の低いあなたの妻となったのでしたね。
私は、あなたがシークレットシューズを片時も手放さないことを、誰にも言っていませんから、安心してください。

3人の奥さんとの間にできた4人の子供達は仲良くしていますか。
もう少し前に、あなたが日本に住んでいたら、子供手当が沢山貰えたのに、日本の民主党という政党が、意地悪な野党のご機嫌をとって、国会審議の人質にこの手当をやめてしまいました。

そういえば、ニコラ、あなたは日本の文化については、あまり興味がなかったのでしたね。
大相撲について「ポニーテールの太った男同士が戦うことがなぜそんなに魅力的なのか。」と言ってましたね。
「東京は息が詰まる。京都御所はうらぶれている。有名な庭園も陰気だった。」とも言ってましたね。

親愛なるニコラ
今年はいよいよ大統領選挙ですね。
日本の新聞では、あなたは大変な苦戦を強いられているとの報道が続いて、私は大変心配しています。

ナポレオン時代のような強いフランスの復活。
犯罪の温床である移民の排除。

あなたが掲げたマニュフェストに反対する人なんて居るわけがありませんものね。
ユダヤ系ハンガリー移民のあなただから、移民がいかに邪悪であるかを一番知っているのはですよね。

あなたの素晴らしい政策が外国に伝わらないのは、きっと、あなたが英語が大の苦手で、中学1年生の時に落第していたためだと言う人もいるけど、最近は翻訳ソフトも無料で手に入れることが出来る時代だから、大丈夫だと信じています。

親愛なるニコラ
最後に、これは老婆心だけど、もし、次のサミットにあなたが参加できたとしたら、写真撮影なんかでは、NODAの横は避けたほうがいいでしょう。

APもロイターも新華社も朝鮮中央テレビさえも日本の首相が今、誰なのか正確な情報を持っていないので、NODA絡みのシーンは、カットされる可能性が高いのです。

あなたの大統領再選を祈っている日本の友人より。
posted by 8ちゃん at 17:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月07日

日本には金が落ちている。(在日本,金價下跌)

ジャスダック上場のセラーテムテクノロジー(4330)の役員3名が金融商品取引法違反(偽計)により逮捕された。
デジタルフォントやコンテンツ管理、地理情報システムで商売していた会社らしいが、この増資事件までは赤字続きの「上場しているだけの」会社であり、実態は良く分からない。

セラーテム社は、平成21年に、新たに株を発行して中国系の投資ファンドから15億円の資金を調達し、中国・北京にある北京誠信能環科技有限公司という環境関連企業の株式を取得して買収したと発表した。
ところが、実際には買収のための資金は調達しておらず、資金の代わりに自社の株の半分近くを中国企業側に渡して、交換で中国企業の株を取得していたというものだ。

今回のセラーテム社の逮捕劇で、同社と業務提携しているリミックスポイント(3825)やデジタルデザイン(4764)にも早晩、経営に重大な影響が出るだろう。
リミックス社の社長の吉川登は、元はセラーテム社の取締役だから緊密なのは当然として、デジタルデザインにとっては、過去に主要取引先で、架空循環取引で経営破綻したシステム開発会社のアイ・エックス・アイの痛手から立ち直りかけた矢先だけにショックは大きいだろう。

メディアの論調は、中国企業による裏上場だとか、中国による日本企業買収の新手口というものが主流だ。

いやいや、その程度の話じゃないだろう。

セラーテム社の株価はこの偽計買収の前は5,000円程度だったが、この発表後は、会社が新規事業計画と称する夢物語のような虚偽の経営計画などを発表して、株価はグングン上昇して、翌年には15万円にも化けたのだ。
この間、株式分割(5分割)があったものの、事件直前では3,000円程度に下落していて、今回の逮捕で遂に紙屑となるかもしれないのである。

捕まった代表者等の3人は、増資引き受けにより他の中国会社の株を3億円程度仕込んでいて、大儲けしただろうが、紙屑を高値で掴まされた投資家は災難だ。
なお、セラーテム社では、元取締役の宮永浩明(京大卒、丸紅出身)は帰化した中国人であるほか、社外取締役1人を除く常勤役員6人の半数が中国人であり、宮永を加えると中国出身者が過半数を占める。

もっと儲けたヤツがいる。

セラーテム社の偽計増資の割当先は、バージン諸島に所在することとなっている中国系のファンドである。
このファンドは、第三者割当の払い込み金額の13,420円で仕入れた株式を15万円で売り抜いて、計算できないくらいの大儲けをしたのだ。
しかも、増資代わり金は、一部を除いてくだんの北京誠信能環科技有限公司の株式で支払っているから、原価はタダみたいなものなのだ。
結局、儲かったのは中国の金持ち達である。

こんな話を最近は良く聞く。

東証マザース(当時)に上場していたアジア・メディア(上場廃止)は、バミューダを本籍とする中国企業だが、2007年に上場して、640円で2000万株、約128億円を日本人に売りまくって、日本人の懐から「円」を騙し取った後、社長の不祥事で上場廃止となっている。
金を集めるだけ集めて会社を潰すのだ。

「どうしてくれるんじゃー!」と株主(正確には紙屑主)が叫んでも、アジア・メディアの本社地はバミューダなので、株主代表訴訟は使えない。

同じくマザース上場の新華ファイナンス(9399)についていえば、2004年に東証マザースに上場したときの初値が163,000円で、2005年には439,000円まで上昇したものの、現在は、事業の大半を売却して、実質廃業状態である。
この企業は、新華社通信とは何の関係もないが、「新華」の名前に騙された客も多かったに違いない。

何故、こんな胡散臭い中国会社が簡単に上場できるのか。
日本人企業には鬼ほど厳しい上場基準が中国人には何故甘すぎるのか。

何か、政治屋が絡んでいるような気がするのは私だけだろうか。

かつて、知り合いの中国人が、米沢市の上杉公園を泳ぐ鯉を見てこう言った。
「食べ物が泳いでいる。これを獲らない日本人はバカだ。」

今、中国人は笑いながらこう言っているだろう。
「日本には、金が落ちている。」
posted by 8ちゃん at 14:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。