あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年03月15日

よっ! 巨人! 太っ腹!

ナベツネ巨人軍が、有望新人選手から「行きたいのは、巨人よっ!」という逆指名をしてもらう代金として、巨額の裏金を渡していたとのニュースが入ってきた。
朝日新聞の特ダネだそうだ。

さすが球界の迷主!
さすがナベツネの底なし財布!

阿倍や高橋、内海といった現在の主力選手が実名報道されているが、読売側は、事実は認めたものの、「問題ない。」との見解を出している。

「問題ない」ことないやろ。
那須野巧や一場靖彦のときに複数のチームのオーナーが辞任する騒ぎになったのは、そんなに昔の話じゃない。

それにしても、結構な金額である。

阿倍慎之助 10億円
野間口貴彦  7億円
橋由伸   6億5千万円
上原浩治   5億円+1億2千万円
二岡智宏   5億円+1億円
内海哲也   2億5千万円

阿倍などはアホなので、10億円といっても理解できなかっただろう。
彼の概念の中では「たくさん」なのである。
たぶん「10億円」と「10円置く」を取り違えていたのかもしれない。

せっかくお金を用意したのに、上原はアメリカへ渡ったし、二岡は、モナ岡に改名して、北の台地のチームの控え選手として燻っている。
由伸も昨年はヒット16本である。

野間口?WHO!!
7億円の買い物が、昨年までにやってくれた「お仕事」は、7年間で通算13勝12敗である。
野間口は、創価大⇒シダックス出身らしいので、池田大作⇔ナベツネラインか、それともシダックス絡みで野村に押し込まれたのか。
たまにはこんな失敗もあるのだ。

各メディアの反応は、当事者である朝日と読売を除けば、あまり大きくは取り上げず、開幕直前の時期における記事掲載を批判する論調が多いように思う。
また、読売の内紛劇の当事者である清武側からのリークではないかと見る向きも多い。

やれやれ。もっとやれ。

別に開幕前であっても一向に構わない。
阪神ファンは、そんなことには動じないのだ。
阿倍や内海が精神的ダメージで成績が上がらなければいいのに…などと、心の中で、邪悪な神様にお願いしていたとしても、口に出さなければわかりっこないのだ。

読売は早速、各方面に手を廻したらしい。
日本野球機構の顧問弁護士や他球団の球団関係者は口を揃えて「問題ない。」とのコメントを出している。
まあ、他球団も似たようなことをやっていたから、沈静化に躍起なんだろうが…。

野球機構 10億円
他球団オーナー 各5億円
朝日以外の主要マスコミ 各1億円

銀座の読売本社ビルから、札束を詰めたキャリーケースをゴロゴロ引っ張った社員の行列が出て行くのが見えたような気がする。
posted by 8ちゃん at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。