あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年03月21日

甲子園に残してきた最終回   岩手県立高田高校

陸前高田市の広田湾の海岸から1キロメートルの位置にあるこの学校は、津波により、校内の施設が壊滅的な被害を受けた。
その被害の凄まじさは、津波が校舎の3階にまで達し、体育館が、校舎に突き刺さるほどのものであった。

この悲惨な罹災現場の中に、ひとつの石碑が奇跡的に残っている。
作詞家、故阿久悠の詩が刻まれた石碑である。

岩手県立高田高校。

昭和63年の夏、8月10日、高田高校の球児達は、甲子園で兵庫県代表の滝川二高と戦っていた。
甲子園は、朝方からの雨が降り続き、この試合の6回を過ぎる頃には、雨脚が強くなり、滝川が9対3とリードして迎えた8回裏には、グランド一面が水浸しとなって、3時35分に試合中断、その後も天候は回復せず、遂に球審の永野元玄氏は、コールドゲームを宣告した。
このコールドゲームは、昭和7年以来、実に56年ぶりのことであった。

球審の永野元玄氏は、高校野球史上、「最高の試合」、「神様が演出した試合」と言われた昭和54年8月16日の箕島高校対星稜高校の試合など、数々の名勝負で球審を務められた方だ。
箕島対星稜戦では、延長18回の激闘の後、永野氏が、その試合で敗戦投手となった星稜高校の堅田投手を呼び止め、「もう一度グラウンドをよく見ておきなさい」と声を掛けて、試合で使ったボールをそっと手渡し、その堅田氏が十数年後には甲子園の審判として活躍する話は、あまりにも有名だ。
余談ではあるが、私自身、永野氏とは、偶然のご縁から、現在も親しくお付き合いをいただくという光栄に拝することとなり、この稚雑な文章へのお叱りに怯えるところである。

永野氏は語る。
「高田、滝川第二両校には、最後まで試合をさせてあげたかった。
複雑な想いが今も残っています。
あの試合では、勝利した滝川二高の校歌斉唱もなかったのです。
勝利チームの栄誉をたたえる場面も実現できないままの終幕となりました。」

校歌斉唱がなかったこの試合の終了後、両軍主将がホーム・プレート付近でガッチリと握手を交わしている大写しの写真が大会誌に残っているが、ゲーム・セットのせめてもの証であろうか。

「瀬戸内少年野球団」や「甲子園の詩」の著書もある阿久悠氏は、野球小僧であり、高校野球の熱烈なファンだ。
阿久氏は、コールドゲームで負けた高田高校に詩を送った。
その詩を石碑に刻んだものが、津波の中で生き残っていたのだ。

石碑に刻まれたものは、阿久氏の詩の後半の部分である。
詩中、「初陣高田高の」以下の部分が石碑となっている。

石碑にされなかった部分も含め、全文を紹介する。


コールドゲーム  阿久悠

まるで波がひいた瞬間の
渚の砂のように
鈍く銀色に光るグラウンド
マウンドはすでに泥濘で
投手のスパイクは足首まで埋まる
一投一投にポケットのロージンにふれ
雨滴のしみこんだ白球に
意志を伝えながら
いや
願いをこめながら投手は投げる
雨――
甲子園は激しい雨
悲願の晴舞台は
イメージに描いた
カッと照る太陽や 灼ける土や
のしかかる入道雲や
幻覚を誘う陽炎ではなく
ただひたすら
自らとの戦いを強いる激しい雨
黙々と耐え
胸の中に炎をかき立てるしかない

初陣高田高の
夢にまで見た甲子園は
ユニホームを重くする雨と
足にからみつく泥と
白く煙るスコアボードと
そして
あと一回を残した無念と
挫けなかった心の自負と
でも やっぱり
甲子園はそこにあったという思いと
多くのものをしみこませて終った
高田高の諸君
きみたちは
甲子園に一イニングの貸しがある
そして
青空と太陽の貸しもある

石碑になっていない前半の部分で、その日の甲子園の状況が手に取るように分かる。
野球小僧である阿久氏の細かい心の観察も分かる。

3月1日
岩手県立高田高校の卒業式。
「本来であれば、今日ここにみなさんと伴に出席し、卒業を迎えるはずであった遠藤愛実さん、佐藤春花さん、千葉舞さん、岩城直俊君、佐藤千明さん、柴田勝美さん、臼井優君、熊谷沙夕李さん、村上華さん、熊谷剛毅君、荻原健君、鈴木一昌君の12名の姿はここにありません。そしてみなさんなの旅立ちを祝ってくれるはずだった素子先生の姿もここにはありません。」
工藤良裕校長は、震災の犠牲となり、卒業できなかった生徒や教師の名を読んだ。

震災後、高田高校の生徒達は、自分達が困難な生活を続ける中、地域のボランティアを行い、道具も、場所もないところで、部活に取り組んだ。
そして、高校総体で卓球部が、過去、どうしても勝てなかった強豪校を倒して全国優勝したのだ。

阿久悠の石碑は語りかける。

「きみたちは、甲子園に一イニングの貸しがある」


今年も、甲子園に高校野球の新たなドラマが生まれる。
posted by 8ちゃん at 17:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。