あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年03月27日

橋下徹 大阪市長

大阪市で、平松邦夫・前市長の後援会への参加を職員労働組合が市職員に徹底させる内容の職員リストが見つかった問題で、市交通局は26日、同局の非常勤嘱託職員が人事データを流用して文書を捏造していたと発表した。
大阪維新の会の杉村幸太郎議員が、この職員から文書の提供を受け、2月の市議会で「労組の選挙活動への関与が裏付けられた」などと追及していたあれだ。
2006年の民主党永田寿康議員による「堀江偽メール事件」と似た様相になってきたとの論調が多いが、幾つかの疑問もある。

まあ、職員の口座番号などを含む個人情報が簡単に入手できる(開示されている?)大阪市という職場にもびっくりさせられるが、この職員が文書捏造をした動機がよく分からない。

@ 本人が、自らの意思で捏造を行ったもの
A 維新の会(又は杉村幸太郎議員)が、労組つぶしを目論んで仕掛けたもの
B 労組が、維新の会の脆弱化を狙って仕掛けたもの

@の場合は、堀江メール事件の模倣犯もしくは、維新の会に名前を売って、雇用、処遇を求めるケースだろう。
ABは、データを調べれば、簡単に犯人が特定できるため、このリスクを犯すとは考えにくい。
ただし、去年の選挙で当選した維新の会のメンバー構成をみると、全く能力、見識もないのに橋下が起こした「風」や「雰囲気」だけで当選したアホ議員が大量にいるのだ。
「この資料は、ゴミ箱から拾った職員から提供を受けた。」として、この問題をドヤ顔で議会質問した杉村幸太郎議員は、大阪市平野区の旋盤研磨会社の御曹司で、父親と親交のあった橋下徹に員数あわせでスカウトされた33歳のお坊ちゃまである。
杉村議員の顔は、明らかにアホ顔なので、怪しいと言えば怪しい。

橋下徹は、職員に対して、政治信条や勤務時間外の行動までに及ぶアンケートを強制記入させて、労働委員会から違法の疑いがあるとして中止勧告を受けたばかりである。

とにかく、橋下徹は、労働組合や公務員といった「叩けば世間受けするもの」を徹底的に叩くことで、自身の人気を維持してきた傾向がある。
政策ではなく、民衆がもっている不満の捌け口や破壊本能に訴えることで、支持を得てきたのである。
厳密な意味でのポピュリズムとは少し違うが、オクロクラシーまではいかない中間くらいの手法なのだろう。
船中八策なるものがあるが、政策への具体的なアプローチがないため、評価のしようがない。

いつまで、人気取りだけに専念するつもりなのだ。

公務員は、叩くのは簡単だが、使わないといけない。
少なくとも大阪市には橋下徹よりもはるかに頭のいい公務員が沢山いるのだ。
上山信一や古賀茂明といった特別顧問に頼ることも必要だが、彼らは政策家であり、実務者ではない。

橋下徹が大阪市長として何が出来るかわからないが、少なくとも過去の政策実績を評価されて人気がある訳ではない。
民主党や自民党の世紀末的な体たらくに国民がNOを出した反動で、人気が上がっているだけなのだ。

人気取りの時期は過ぎた。
大切なのは、橋下徹が何をするかだ。

尊敬するK先輩からは、「橋下徹の政治資金についても、しっかりチェックせい。」とのご指摘を受けているが、ややこしい金種さんが多くて、時間がかかりそうだ。
posted by 8ちゃん at 13:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。