あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年04月17日

森喜朗

日本が世界に誇るNano Size Brain森喜朗がまたやってくれたようだ。
16日、東京都内で講演した森喜朗は、「一票の格差」が違憲状態だと指摘した最高裁の判決について、
「最高裁といえども、国会議員の数が多いとか少ないとか余計な事をいう必要はない」
とご批判なさったそうだ。
私が存じ上げている最高裁判事の少なくとも約1名が、瞬間湯沸器並みに即時激高する姿が目に浮かぶのだが…。

最高裁が憲法違反の判断を行わないなら年中ヒマである。

森喜朗は、「無党派層は選挙に行かずに家で寝ていなさい。」とか、羽田孜元首相の選挙区である長野県に行って、「下半身不随で動けない人にも票を入れる人情豊なところ」と言ってみたりと、メディアが喜びそうな話題を次々と提供してきた。
これは、ホワイトハウスはどんなところなのかと聞かれ、「白い」と答え、「私のことを大統領として知能が足りないと言っている人たちは、その事実をまだまだ甘く見ている。」と言い切ったブッシュなんかと対抗できるくらいスゴイ人なのだ。

首相を退陣して、町村派の陰のボスとしてコソコソ行動している感のある森喜朗だが、2009年に発生した押尾事件の被害者である田中香織との2ショットが、事件当時ネット上で出回っているし、押尾のパトロンであるパチンコ業界のドン、熊取谷稔(イスタニミノル)とは、ゴルフ場開発や石川県の旅館買収で共同事業者となった仲なのだ。
また、酒井法子事件で話題になった、失踪指南役の元弁護士富永義政は、産廃業関連事件などを通して森喜朗とは昵懇だし、この事件自体、自分の長男が関与した押尾事件を隠すためのダミーであったという噂もある。
ところで、森喜朗の長男、森祐喜のことを話したいのだが、紙面がいくらあっても足りないくらいネタに困らないこの男は、昨年、亡くなっている。
故人を揶揄するのは私の信条に反するため、ここはグッと我慢しておくことにしよう。

森喜朗は、金についてもかなり胡散臭い。

森喜朗の主要なスポンサーの1社である株式会社ケー・シー(KC)は、アダルトビデオの製作・販売の国内最大手であるが、森との関係が出来た頃から、これまで、この種のビデオの倫理審査をしていた日本倫理審査協会から審査権限がビジュアルソフト・コンテンツ産業協同組合(略称VSIC)に移行している。
そして、VSICの監事には、株式会社ケー・シーの子会社である北都(アウトビジョン)の代表を務める島崎啓之が就任し、警察出身で、平沢勝栄議員の事務所顧問、元警視庁参事官の、荒井 昭がVSICの顧問に就任しているのだ。
これに森がどれくらい関与したのかは不明だが、時期があまりにも偶然過ぎはしないだろうか。

森は、赤坂の料亭を利用する回数も、現国会議員中ダントツの第1位との噂もあるし、自身の選挙応援に韓国タレントのユンソナが張付くなど、日韓議員連盟会長として、旧福田派が独占していた韓国ロビーという利権も承継しているらしい。

首相を辞任するきっかけとなった、えひめ丸事件の時には、10時50分に事件の報告を受けて、12時20分までゆっくりゴルフを楽しんでいたことを指摘されると、「関係者からその場を動かないでくださいと言われた。」などと答えたのは記憶に新しい。

森本人の国家ビジョンは、「頭脳・技術立国」だそうである。
また、三権分立は、小学校の「小6下巻」という教科書で習うようである。
その頭脳立国を目指す賢い頭で、「一票の格差」や三権分立について、もう一度勉強してはいかがか。
posted by 8ちゃん at 16:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

猫ひろし

お笑い集団WAHAHA本舗のタレントである猫ひろしのオリンピック参加について、賛否ともに意見が沸騰している。
カンボジアの代表枠を金で買ったなどという週刊誌の記事まで出て、本人はあっちこっちで苛められているのだろう。

この国籍変更の話は、カンボジア側から出た話らしいが、真相は良く分からない。
猫ひろしがお笑いタレントであったから、大きな話題になったというのが正解だろう。

国籍取得による国際大会への参加は、サッカーのラモスや闘莉王がいるし、ラグビーなんかは非常に簡単に代表になれるのだ。
卓球に至っては、世界クラスの大会のベスト8は殆ど中国人(正確には元中国人)だ。
身近では、高校野球だって、地元出身者が誰もいないチームも珍しくないのだ。

オリンピック憲章の第1章の6に、「オリンピック競技大会は、個人種目又は団体種目での選手間の競争であり、国家間の競争ではない…。」と記されているので、仮に、参加者全員が中国人であっても国籍取得に関する問題がなければ、それで良いということになる。
ただし、中国の国旗しか揚がらず、中国国歌(義勇軍行進曲)しか流れないオリンピックを開催したいと申し出る国はないだろう。

猫ひろしが問題になるのは国民性の問題もあるのだろう。
奥ゆかしさがほんの僅か残っている日本人とは違い、他国の商標権を平気で侵害してバッタもんのドラエモンやディズニーランドを創り、ipadや讃岐うどんなどの商標権を登録することに全く抵抗感のない中国人にとっては、オリンピックに出るためには、何でもOKなのだ。

さて、猫ひろし君には、今後、カンボジア国民としてカンボジアのために頑張ってもらおうではないか。
まさか、オリンピックが終わったら日本の国籍に戻りたいなどとは言い出さないことを信じたいが…。
posted by 8ちゃん at 10:53| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月13日

えっ、ミサイル?そんな話ありましたっけ

北朝鮮が、ミサイル(北朝鮮語では人工衛星)の打ち上げに失敗したようだ。
監視衛星などでストーカーのように看視していたペンタゴンは、4月13日の07時39分に発射されたミサイルが、1分間の飛行後、高度120キロ上空で空中爆発したことを確認したようだ。

ネクラブタ金正恩は、世界中に大恥をかいてしまった。

アメリカとの経済制裁解除交渉と、伝統芸である脅し外交の狭間で、「打ち上げたとも、打ち上げなかったとも」言える玉虫色の結果を演出した可能性もあるが、今回は、はっきり失敗だろう。
ただし、北朝鮮の朝鮮中央テレビは、この話題には全く触れず、前将軍様が一般家庭を訪れ、洗濯機を見たという「慈悲に満ちた」ニュースを流しているのだ。
まあ、そのうち、合成映像なんかの準備が整い次第「偉大なる金正恩同士の完全なる大勝利的成功!」とか「わが国技術の優秀性を世界に示した。」などというニュースが流れるのかもしれないが…。

北朝鮮のミサイル担当者はこれから、眠れない夜が続く。
なにせ、ちょっと失敗すると公開銃殺が待っている国なのだ。
担当責任者などは、ミサイルに乗ってどこかへ逃げたいと思っているに違いない。
こうして、賢いヤツをどんどん銃殺していくから、アホばかりが残されて、このアホどもが次のミサイルを作るのだから、だんだん粗悪品ができてしまうのだ。
こんな恐ろしいことはない。
例えれば、鳩山由紀夫外交担当最高顧問が、世界1周の旅に出かけるくらい恐ろしいことなのだ。

例の田中直紀防衛大臣も、問責決議が待っているので、もうちょっと北朝鮮が引っ張ってくれないと困ると思っているだろう。
しかし、沖縄の石垣や宮古では幼稚園児を屋外で遊ばせないなど、大変な迷惑を蒙ったのだ。
中国やロシアも今回は何か言うべきだろう。

金正恩さんよ。
今、アンタの国に必要なのは、ミサイルよりも国民の食料だろう。
こんなチキンレースをいつまで続けるつもりなのか。

posted by 8ちゃん at 11:57| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。