あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年04月06日

ちょっと友達に逢いにイランまで…( 鳩山由紀夫 )

民主党の鳩山由紀夫氏が計画しているイラン訪問に対して、各方面から苦情が出ているようだ。

玄葉外相は、明らかに不快感を示しながら、鳩山に「せめて延期してほしい。」と懇願しているし、自民党の山本一太議員は、「絶対ろくなことにならない。日本の国益のために羽交い締めにしてでもやめさせてほしい。」と切実だ。
アメリカからも「どういうことなのか。」というシンプルな疑問を投げかけられているのだが、これには「さぁ?」と答えるしかない。

鳩山由紀夫氏は、見た目にも虚弱な感じがするので、谷亮子議員なんかにお願いして、「羽交い絞め」にすることも出来そうだが、その場合は、例の鳩山夫人の反撃を覚悟しなければならない。
藤村官房長官は、「個人の旅行である。」という訳の分からないコメントを出しているが、通常国会開催中に「個人の旅行」に行くのも、いかがかとは思うのだが…。

鳩山先生は、イランで、友人である(相手はそうは思っていないかもしれないが…。)アフマディネジャド大統領らと会い、核開発問題について意見交換をする予定らしいが、流石に鳩山先生、大統領なんかと簡単に逢えてしまうのだ。

みんなが心配するのは、鳩山先生がイランと、すごい約束をしてきたり、核ミサイルの前で「核はないことが分かった。」と言いながら、イランの大統領と抱き合うシーンが流れることなのだろう。

控えいっ! 控えいっ! ええいっ!控えおろー!
恐れ多くも、鳩山先生は民主党の外交担当最高顧問であらせられるぞ〜。
何となく戦力外の名誉職のような気がするなどとは、口が裂けても言ってはいけないのじゃ〜。
外交担当最高顧問が、外交をして何が悪いのじゃ〜。
外交担当に決めたのは、民主党の現執行部じゃろーが!
因みに、菅直人なんか、新エネルギー政策担当最高顧問なのだ。

今回の鳩山先生といい、田中直紀先生といい、民主党は人材の宝庫だ。
吉本興業なんか比ではないのだ。
唯一、残念なことは、彼らが職業として政治家を選んだことぐらいなのだが…。

ところで、今通常国会が召集されて4ヶ月になろうかとしているのだが、実は、衆議院外務委員会は、今まで1回も開催されていないのだ。
北朝鮮、中国、EUと外交問題は山積しているし、国際的な子供の利益に関するハーグ条約(日本は未批准)の審議もこの国会で予定されていたのだが、どうするつもりなのか。
田中眞紀子委員長殿は、ご主人の事で頭が一杯なのだろうか。

鳩山外交に、ウダウダとケチをつけている場合ではないだろう。
posted by 8ちゃん at 14:37| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。