あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年04月12日

虎のソナタ

サンケイスポーツ関西版の第3頁、左上に陣取る名物コラムである。

執筆者が、左遷を恐れず、開き直った、もとい、勇気ある執筆姿勢で書く、軽快かつ核心を突いたコメントが冴えわたり、決して読者を飽きさせない。
阪神ファンの私としては、阪神の負けた翌朝など、全国の新聞社の輪転機がアルカイダの襲撃にあえばよいなどと考えたりもするのだが、このコラムだけは読みたいのだ。

実態は不明だが、虎のソナタに登場するサンスポ大阪本社のメンバーは、そのまま上海雑技団なんかに売り飛ばせるほど、芸達者揃いなのである。
特に、編集局長の植村徹也氏などは、今まで逮捕されていないのが不思議なくらいの人物で、キャンプ地で泥酔して、素っ裸で店からホテルまで行進するなど、数々の奇行が会社に評価されて編集局長になったらしい。

勿論、優秀な記者も多い。
上田雅昭さん
サンケイスポーツ大阪本社編集委員というエライ人である。

たまに行く飲み屋で、大邱家という、素晴らしく旨いホルモン串を食べさせてくれる店があるのだが、上田雅昭氏は、この大邱家の常連さんで、阪神担当一筋(途中で少しだけORIXに浮気)の名物記者である。
人格は穏やかで、誰からも好かれる好人物である。
選手やスタッフ、フロントからの信頼も厚く、人脈も幅広い。
こんな誠実な人が、くだんの植村徹也氏とコンビで阪神担当をしていた時代があるのだが、植村氏ひとりだけなら、間違いなく球団から出入禁止になっていただろう。

私が、大邱家に飲みに行く時間帯が上田雅昭氏とはかなり違うので、店でご一緒させていただいたのは、1回だけである。
この大邱家のマスターは、高校の野球部出身なのだが、内野手特有の俊敏さと、美人の奥様との連携プレーで注文を軽快に捌いている。
このマスターを通じて、上田雅昭氏の話は何回も聞いていたので、初めてお会いしても全く違和感がなかったのが印象的だ。

その時、何を話したのか詳細には覚えていないが、当時、上田雅昭氏は、田尾安志氏の自伝をまとめておられたように思う。
同志社→中日→西武→阪神で活躍し、楽天の監督をアホな三木谷に解任されたあの田尾安志氏である。
田尾氏が、楽天監督を解任されたとき、ネガティヴ情報を発信しないことを条件に楽天側から慰労金を支払うとの申し出があったらしいのだが、田尾氏がこれをきっぱり断った話など、臨場感のある話が印象に残っている。
因みに、小林幸子はこの三木谷方式を採用したのだろうか。

さて、おかげさまで、現時点では阪神は首位である。
25番は相変わらずチャンスで打たないが、1番が復調してきたようだ。
6番も今年は調子がいいし、何と言っても16番の復活が嬉しい。
金権、大型補強のナベツネ読売が寝てくれているうちに、貯蓄推進をしておいてほしいものだ。

今日は、上田雅昭氏はマツダスタジアムのはずである。
今日は、ナイターなので、旧知の藪コーチあたりと薬研堀あたりで話しているのだろうか。
虎は明日から甲子園で竜退治。
虎のソナタ以外の記事も読めるような試合結果が続くとありがたいのだが…。
posted by 8ちゃん at 11:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。