あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年04月20日

もうメールはとどかない

震災から1年が過ぎ、復興も少しづつではあるが、形として見えてきた。
それでも、時折入ってくる震災関連のニュースに心が痛む。

津波による犠牲者が多数出た宮城県南三陸町で、防災対策庁舎の無線を通じて避難を呼びかけ、自らは逃げ遅れて亡くなった遠藤未希さん。
その未希さんの同僚で、同じ庁舎にいた三浦亜梨沙さんは、未希さんとは高校の同級生で、剣道を通じて未希さんとは小学校からの親友だ。
その亜梨沙さんも、役場にいて津波に24歳からの人生を奪われた。

亜梨沙さんが津波に飲み込まれる直前のメールが残っている。
母親の悦子さんにあてて、
「無事ですか!?6メーターの津波きます。役場流されたらごめん」
自分も危険な中で、母を心配する文章に心が痛い。

「ぜってー死ぬなよ!」「死なない!!愛してる!!」
これは、亜梨沙さんと恋人とのメール。
この二人がふたたび逢えることはなかった。

亜梨沙さんの遺体が確認されたのは、今年の1月。
母親の悦子さんは、「今年1月に遺体が見つかり、かすかな生存の期待を失いつらい時期もあった。もうすぐ1年で、メールもやっと見られるようになった」と胸のうちを明かす。

栃木・那須烏山市の温泉施設「こぶしが丘温泉」。
敷地内にある桜並木のうちの5本は、震災当日の土砂崩れで崩れ落ちたままだ。
その30mの崖底に崩れ落ちたままの桜が、けなげに咲いている。
倒れてもなお、今までと同じようにきれいな花を咲かせているのだ。
そのこぶしが丘温泉は、震災の影響で廃止が決まっている。

今日は二十四節気の穀雨。
田畑の準備が出来て、それにあわせて雨が降るという日である。
田畑を濡らし、桜を濡らし、人の心を濡らして雨は降る。
posted by 8ちゃん at 11:04| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。