あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年04月25日

亀岡死傷事故は過失?

京都府亀岡市で集団登校の児童ら2人と胎児を殺し、2名の重篤者を含む多くの人を傷つけた、無免許運転のバカガキが、自動車運転過失傷害罪とういのは、どう考えても納得できない。

何が「過失」だ。
殺人罪でいいのだ。
せめて、危険運転致死傷にはならないのか。
「その進行を制御することが困難な高速度で、又はその進行を制御する技能を有しないで自動車を走行させ、よって人を死傷させた者」(刑法第208条の2)
無免許運転なのだから、「技能を有しないで自動車を走行」させたと解釈すればよいのだ。

このバカガキは、弁護士に言われたのだろう、反省のふりをしているらしいが、弁護士はそんな情状を得るための姑息なアドバイスをするくらいなら、ロープと踏み台でも差し入れたらどうなんだ。

犯行車両に同乗していた連中も、事故のとき、車を降りて、児童や妊婦が泣き叫ぶ中、平然とした顔で携帯電話をいじっていたそうである。
ツイッターしようとでも思ったのか。
こんな、人間としての常識や感情が欠落しているヤツらを自動車運転過失傷害罪や同幇助罪で最高でも7年(判決では5年が多い)の懲役刑にしか出来ないのはおかしいだろう。
遺族からは死刑を望む声が出ているが、当然だ。
このような事件で、家裁はまさか保護更生の判断をすることはないだろうと信じたい。

無免許運転による事故は、対人補償は出るものの、任意保険の加入がない場合、無保険車傷害保険は適用されない。
バカガキどもには、せめて一生かけて被害者に償い続けさせたいものだが、債務名義があっても本人が逃げてしまえばそれまでだ。

少年法61条の規制で犯人の名前も報道されないこの事件。
この犯人どものために、守ってやるべきものなど、ないような気がするのだが…。
posted by 8ちゃん at 11:55| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。