あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年04月29日

星の王子さま

3年前、小学5年生と中学2年生だった二人の日本人が発見した小惑星が、国際天文学連合に登録された。
この二人は、神奈川県大和市の麻布高校2年の茂木遥平君と、岡山県井原市の市立美星中2年の金高佑斗君で、それぞれ中学2年、小学5年だった2009年11月に「スペースガード探偵団」というイベントに参加して発見したのだという。

二人には、この小惑星の名前をつける権利が与えられるのだ。
ただし、ペットの名前やすでにある小惑星の名前と紛らわしい名前、没後100年以上経過してない政治家の名前などは禁止されており、命名権の売買もしてはいけないことになっている。

そりゃそうだろう。
夜空で密かに輝く小惑星の名前が、ポチとかタマとか、アソウ・タロウやノダ・ヨシヒコでは宇宙に対する冒涜である。

昨年、話題になった「はやぶさ」が、訪れた小惑星「イトカワ」の場合は、アメリカの研究機関が発見したが、日本の「はやぶさ」がここを目指していたため、日本のロケット開発の父である糸川英夫氏の名前を付けてほしいと命名権を持つ研究機関にお願いして、「イトカワ」になったそうだ

かつて、日本人アマチュア天文学ファンは、次々と小惑星を発見していた。
それが時間の経過とともに天文学ファンも少なくなり、アマチュアでも発見可能な、比較的明るい小惑星はほぼ発見されたといわれている。
現在では、直径1メートルを超える大型の望遠鏡により、専門機関が観測を行っているため、アマチュアによる小惑星の発見は少なくなってきている。

小惑星は、発見しただけでは不十分で、その軌道が確定して初めて登録されるそうである。
現在までに軌道の確定が認められたものは、冥王星も含め189,005個で、このうち日本人が発見したものが6,087個あるが、せっかく命名件をもっていながら、日本人が名前を付けたものは、僅か1,390個に留まっているというから、勿体ない話である。

今回発見された小惑星までの距離は、3億キロメートル。
光の速度でも約17分かかる。
火星と木星の間を廻る直径2〜4キロメートルの大きさの小惑星である。

いずれにしても、すばらしいことではないか。
まさに、二人は、星の名付け親であり、「星の王子さま」なのだ。
posted by 8ちゃん at 00:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。