あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年05月17日

金環日食

5月21日の朝、日本のかなり広い地域で金環日食がみられる。
気になる当日の天気予報は、今のところ沖縄で残念な雨が降りそうだが、その他の地域は少なくとも雨ではないようだ。

日食は、神秘的な天文ショーである。
遠い昔、卑弥呼の時代から、天文学により計算された日食を利用して、「太陽を消すことができる」術者が畏敬の目で見られたという記録が残っている。
特に壮大なのは、天照大神が天岩戸に隠れた日食だろう。

古事記と日本書紀では少しストーリーが異なるが、スサノヲの狼藉を嘆いた太陽神、天照大神が岩戸に隠れたため、世界が暗闇に包まれた話である。
この結末は、アメノウズメやタヂカラオの活躍で事なきを得るのだが、天の織女を1名死亡させたこの事件の加害者であるスサノヲへの罰は、高天原からの追放と、髭、爪を切るという、軽いのか、重いのか良くわからない罰だったらしい。

さて、今回の日食である。
学校などでは集団での観察をしないところが多いらしい。
学校主導なら、全員に遮光板を持たせる必要があるし、事故があったときのリスクを蒙るのがイヤなのだろう。
日食が始まる6時すぎ(ピークは7時半頃)の出勤を教員達が嫌がったのかもしれない。
モンスターペアレンツなんかが、教員を萎縮させている現実もあるので、どちらが悪いなどとは考えないことにしよう。

家で見ればいいのだ。
通学途中は危ないので、その日の授業開始を2時間くらい遅らせればいいのだ。
勉強は机に向かわなくても出来る。

東京で173年ぶり、大阪では何と282年ぶりの金環日食である。
名古屋、岐阜は932年も金環日食がなかったのだ。
次回の金環日食は、最も早い北海道でも18年後である。
水戸、前橋、宇都宮では374年後である。
青森市なんか今回の金環日食は完全には見られず、前回が986年前なのに、次に見れるのが219年後なのである。
もうこれくらいになると、いくら健康に留意しても誰も生きてはいない。

日食に目を奪われて、児童の列に突っ込む運転手が出てこないことを祈りたい。
posted by 8ちゃん at 11:12| Comment(21) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。