あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年05月23日

ディズニーランド のやうなもの

世界にはばたく中国が、またやってくれそうだ。
中国企業である華強文化科技集団が、「中国版ディズニーランド」とも呼ばれるテーマパークを世界に輸出する計画を進めているらしい。
ディズニーランドに対抗していることは明らかなので、アメリカがどう出るかが注目されている。

この華強文化科技集団という団体は、中国国内で6ヶ所のテーマパークを経営しているが、今後、イラン中部のイスファハンや南アフリカ、ウクライナといった場所でのテーマパークつくりに参画するのだ。

華強文化科技集団は、2008年4月に安徽省蕪湖市に敷地面積125万平方メートルのテーマパークを開園して以来、シンデレラ城やスプラッシュマウンテンのそっくり施設を運営して、中国人民から絶大なる人気を得ているが、「ディズニーランドのパクリやないけ。」という大阪弁アメリカ人の指摘に対しては、
「ふんっ!」
と気にもかけず、知的財産権は完全に所有していると主張しているのだ。

中国では、ドラエモンやアンパンマンが各地に出現し、どう考えてもiPhoneにしか見えない2400円のスマートフォンを持った若者が街を歩いているのだ。
ニセモノ大国中国では、もう少ししたら、偽物の石原慎太郎なんかが、尖閣列島を中国に転売する映像が出るかもしれない。

イランに建設する偽ディズニーランドは、総工費8000万ユーロを投じる大規模なものらしいが、きっと、ミッキー・マウスによく似たミッキー・ハムスターや、ドナルド・ダッグの親戚で、心配性のドウナルンダ・ッグなんかも出てきそうだ。
特許権や商標権という単語が放送禁止用語の国なので、他社のキャラでも一向に気にしない。ユニバーサルSのウッド・ペッカーのバッタもんで、ウッド・ベッカムという名の、サッカー好きのキツツキもスタンバイしているだろう。

商標権などの知的財産権に敏感なアメリカにおいてもディズニーの知的財産権に対する対応は、特に厳しいことで知られている。
ミッキーなどの類似物に対しては、あまり似ていなくても躊躇なく無慈悲な?巨額の損害賠償請求を行うし、キャラクターの放送媒体への出演も制限的だ。

もっとも、このディズニーの対応は、常識ある国というか、普通の国に対してこそ有効であり、中国に対して商標の権利主張をするなど、もうこれは、亀に新体操の採点基準を説明するよりも難しいのだ。

イランのディズニーランドのビックサンダー・マウンテンでは、鉱山列車があなたをウラン採掘鉱への旅へと誘ってくれるだろうし、お土産には、是非、iPadという名の中国茶の詰め合わせをお買い上げいただきたいのだ。
posted by 8ちゃん at 11:27| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。