あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年06月21日

アウンサンスーチー

2012年6月16日
ノルウェーのオセロの公庁舎の演台にある女性が立った。

アウンサンスーチー

彼女が1991年に受賞したノーベル平和賞の21年ぶりの授与式典だった。
彼女は、ノーベル平和賞を受賞したものの、自宅軟禁のため授賞式には出席できずにこの日まで日が過ぎて行ったのだ。
因みに、賞金の130万ドルはミャンマー国民の健康と教育のための基金の設立に使われている。

ミャンマーは、タイやカンボジアなどのあるインドシナ半島の西側、中国、インドといった大国に囲まれた国だ。
日本では、旧国名のビルマと言ったほうが、馴染みがあるのかもしれないが、ここではミャンマーと言おう。
人口は約5000万人の約9割が熱心な仏教徒のこの国は、緑と遺跡に囲われた美しい国だが、19世紀から続いたイギリスからの独立後、今もなお、軍事政権が国を支配している。

アウンサンスーチーは、このイギリスからの独立運動を指導した国民的英雄、アウンサン将軍の長女として生まれた。
何不自由ない家庭に生まれたアウンサンスーチーだったが、国家独立の1年前の1947年に父親のアウンサン将軍が政敵により暗殺されるという悲劇が起こる。
このとき、父は34歳、アウンサンスーチーは、僅か4歳だった。

母親がインド外交大使に任命されたことで、アウンサンスーチーは、19歳までをインドで過ごした。
その後、オックスフォードに学び、卒業後の1972年には、大学時代の後輩、マイケル・アリスと結婚する。
結婚後はブ−タン、ネパ−ルにも滞在し、73年に長男アレクサンダ−、77年には次男キムが誕生。その後1985年からは京都大学でも1年間の研究員生活をしている。
一方、ミャンマーでは、独立後も、国内の共産党勢力の武装蜂起や、ミャンマー国内の少数民族の一つ、カレン族の独立運動などが続き、遂に、1962年には、国軍のトップであるネ・ウィン将軍がクーデターを起こして軍事政権が誕生する。
かつては、アウンサン将軍の同僚であったネ・ウィン将軍は、それまでの憲法と議会を廃止し、ミャンマー社会主義計画党という親軍政党を結成して、この党による一党独裁体制を実行していくのだ。

愛する夫と二人の子供に囲まれて幸せに暮らすアウンサンスーチーに人生の転機が訪れたのは1988年。
この年の3月に母の看病のため、ミャンマーへ帰国したアウンサンスーチーを待っていたのは、民主化運動の燃え盛る炎と、英雄アウンサン将軍の娘に対する国民の祈りのような期待だった。
1988年7月20日付けのミャンマー国営新聞は、前日におこなわれた政府主催のアウンサン将軍追悼式に参加したアウンサンスーチーの写真を大きく掲載した。
この報道で、「建国の父」の娘として伝説的ですらあった彼女がビルマに戻っていることを知った民衆は、民主化運動への合流をアウンサンスーチーに懇願した。
その結果、8月26日に50万人の民衆を前にアウンサンスーチーは、初めて政治的な演説を行うことになったのだ。
こうして、政治の世界に足を踏み入れたアウンサンスーチーは、9月27日に、「国民民主連盟」を結成し、2年後の90年5月に実施された総選挙で「国民民主連盟」は80%を越える議席を獲得した。
しかし、ネ・ウィン軍事政権はこの結果を無視するだけでなく、アウンサンスーチーを危険分子として国家防御法違反の冤罪により、自宅軟禁していくのだ。
この軟禁はその後、21年間続くことになる。

この間、夫のマイケルは、癌に侵されるが、マイケルのミャンマーへの入国は軍事政権が許可しない。
アウンサンスーチーには、出国を認めるが、帰国は許可しない。
出国すれば、病の夫や最愛の息子に逢えるのだが、民主化運動のミャンマーへは戻れない。
そして、アウンサンスーチーは、ミャンマーに残る道を選んだ。

夫のマイケルは1999年に他界するが、それまで二人は愛し合いながらも逢えることはなかった。

アウンサンスーチーの画像を見てほしい。いつも彼女の髪に花が飾られているのをご存知だろうか。
この花は、貧しかった学生時代、二人がお互いの誕生日に花を一輪だけ、プレゼントし合ったそのときの花である。
彼女は、どこへ出かけるときにも何をするときにもこの花を忘れない。
そして、マイケルの命日だけは、彼女の髪の花は白い薔薇になる。
彼女とマイケルはいつも、花で繋がっていたのだ。

授賞後の講演でアウンサンスーチーは語る。
「軟禁中、自分はもはや現実世界の一部ではないとの思いにしばしば陥った。家が世界だった私。共同体ごと閉じ込められた他の人々。そして自由な世界。それぞれが、無関心の宇宙で別々の軌道を進む惑星だった。」

そして、そんな彼女をいつも勇気付けたのは、世界人権宣言の前文にあるお気に入りの一節だった。
「人権を軽視すれば、人間の良心を踏みにじる野蛮な行動をもたらす。こうした恐怖がなく、言論や信条の自由を享受できる世界こそ、人類の最高の望みなのだ。抑圧に対して最後の手段として反抗せずにすむよう、人権は法の支配の下で守られることが必要だ。」

彼女は続ける。
「私が民主主義の闘いを始めた時、何かの受賞をするなどとはまったく考えなかった。歴史は我々に、自分たちが信じる大義に向かって最善を尽くす機会を与えてくれた。ノーベル賞委員会やノルウェー国民、全世界の人々の支援は、平和を追求する私の信念をさらに強めてくれた。」

最後に、彼女は言った。
「ミャンマーにはまだ良心の囚人が大勢いることを覚えていてください。」
posted by 8ちゃん at 17:04| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月20日

それにしてもこの国は…

舞鶴市の30代の女性が「所持金が600円しかない」として今月に入り複数回にわたって、舞鶴市役所に生活保護の申請に訪れたところ、市は女性に対して妊娠などを理由に「相談は聞くが申請書を渡すという話はない」「結局は却下することになる」などとして申請書類を渡さなかったらしい。
その後、生活困窮者を支援するNPOに相談したところ、NPOから問い合わせを受けた舞鶴市は、急転、申請書類を交付したらしい。

妊娠してると生活保護を受けられないなどと言う暴言にも驚かされるが、弱そうな個人と団体とで扱いが急転する役所の体質はなんじゃ。
舞鶴市は、「世帯の状況を明らかにするため話を聞く期間が必要だった。」と言ってるらしいが、3回も話を聞けば十分だろうし、その間に親子は餓死するかも知れないのだ。
「適切な対応だったと考える。」とも話しているというから、もはやこれは確信犯だ。
北海道での姉妹の餓死にしても、病気の妹を抱える姉は3回も役所に行ったのに、餓死するしかなかったのだ。
新聞に載らないものもあるだろうから、日本中でこんなことが起こってるのだろうと考えると怒りが収まらない。

タレントの母親の生活保護を巡る報道以降、生活保護者に対する偏見と攻撃がすさまじい。
この舞鶴のニュースに関しても、「貧乏人が妊娠なんかするな」という意見が結構多いのだ。

何か勘違いしていないか。

確かに、働く意思が全くない者や暴力団組員に生活保護を出す必要はない。
保護費を貰って、酒や博打、挙句の果てにはシャブにまで手を出す人間なんかは、原発事故現場に放り込めばよいのだ。
しかし、本当に精一杯やってどうにもならない者には、行政が生命の保証をしてやるのは当然のことなのだ。

それにもまして許せないのは、アホ国会議員の片山さつきだ。
タレントの母親の生活保護受給への批判を手柄と勘違いして、毎日のようにテレビで「福祉」を語っているが、お前なんかに言われたくはない。
こんな貧乏人だらけの日本にしたのは、お前ら政治家、特に小泉純一郎と竹中平蔵そして、その手下のお前らではないか。
企業の目先の利益のために、派遣社員ばかりを増やす派遣法は、お前らが作ったのだろう。
日本の労働者を貧乏のどん底に叩き込んで、人材育成を止めた日本の企業を世界の三流に落とし込んだのはお前らなのだ。
片山さつきなんかは、1ヶ月くらい食べなくても、その脂ぎった顔から養分を補給して死なないだろうが、庶民はそうはいかないのだ。

こんな状況下で、厚生労働省は何をしているのか。
小宮山洋子厚労大臣は、東大総長の娘、大蔵大臣の孫という大金持ちの家に生まれ、家庭教師を山盛で雇っても、最近の経済成長率並みの偏差値では、東大どころか、「灯台」という漢字も書けなかったので、大金を積んで成城に滑り込み、縁故採用でNHKに入社した女だからといって、弱者の気持ちが解らないのなら、今すぐ大臣を辞めて、NHKに戻れ。
漢字が読めなくても、ADくらい出来るだろう。

それにしても、こんなニュースを何回聞いてきたことか。
この国は世界で2番目の歳出予算を今まで何に使ってきたのか。

平成19年に北九州市で生活保護を受けられなかった男性が餓死しているのが見つかった事件で、この男性が残したメモには次のように書かれていた。

「おにぎりが食べたかった。」
posted by 8ちゃん at 12:07| Comment(10) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月19日

各国で選挙

6月17日は世界中で重要な選挙が行われるといった特別な日になったようだ。

まずは、ギリシャ。
再選挙が行われた結果、緊縮財政派が勝利したため。その日の日経平均は、151円高の8721円をつけた。
もちろん、これは先週末のニューヨーク株式の115ドル高を受けてのことかもしれないが、為替市場においてもユーロが先週末から1円安の100.80円となったことをみても、ギリシャ選挙の影響と評価すべきだろう。

もちろん、これで全てがうまくいくというものではなく、ギリシャでは次々と国債の償還が訪れる。
現に、「ギリシャの次」といわれているスペインでは国債利回りが7%を超えるなど、国の信用が揺れているのだ。
ギリシャは、自国の国債をIMFやユーロ中央銀行から金を借りて償還するのだが、その融資条件が国営企業の売却や年金、公務員の削減といった、ギリシャ国民の根強い反発のあるものばかりであるため、選挙に勝利したギリシャの政党「新民主主義」は、IMFなどに、融資条件の緩和を申し出ている。
消費税を一挙に10%引き揚げて23%としたことに対する国民の反発もあって、ギリシャはまだまだ予断を許さない。

一方、エジプト。
初の民主的な選挙と期待された大統領選挙は、21日の開票発表前に穏健派イスラム原理主義組織ムスリム同胞団の擁立したムハンマド・モルシ氏が勝利宣言を行うという状況だ。
暫定統治している軍部が選挙に関して不正を働く可能性があるため、動員数で圧倒するムスリム同胞団が、各開票所を監視して、独自に集計したものだ。
これにより、軍部と緊密な前政権最後の首相のアフマド・シャフィク氏の落選が濃厚になるや、軍部は、暫定憲法を改定して、大統領の権限を大幅に削るものとしたと発表するなど、混乱している。
ムバラクは倒したものの、エジプトの春は遠いようだ。

世界の関心がギリシャの選挙に向かう中、フランスでは国民会議(下院)選挙だ。
新大統領のオランドが率いる社会党が577議席中320議席を確保して、過半数を制した。
オランドにとっては、安定政権だが、緊縮財政に批判的な社会党はフランス財政の癌といわれる公務員制度を守る立場であり、緊縮財政を主張するドイツとの連携に陰をさす可能性が懸念される。
因みに、この選挙では、オランドの事実婚者であるバレリー・トリルベレールが、オランドの前夫人(これも事実婚)のセゴレーヌ・ロワイヤルの選挙区に乗り込み、ロワイヤルの対立候補を応援して、ロワイヤルを落選させたというから、女の執念は恐ろしい。
ロワイヤルは、オランドと同じ社会党の候補なのだが、トリルベレールにとっては、彼氏の近くにライバルがいては困るのだろう。
モテモテ男のオランド君には、昼間の仕事の方でも頑張っていただきたいものだ。

今後は、アメリカの大統領が11月に行われるし、韓国も12月には大統選挙だ。
今年は選挙年なのである。

さて、わが国は…。
違憲状態の定数是正も、議員定数の削減も得意の「棚上げ」ということで、選択肢のない選挙を巨額の予算を使用して行うのだろうか。
もしこのまま、選挙になるのなら、トリルベレール女子にお願いして…とも考えたが、候補者全員を落選させる方法がなかなか見つからないのだ。
posted by 8ちゃん at 13:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。