あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年06月05日

ニジェール

ニジェールという国をご存知だろうか。
アフリカ中部、サハラ砂漠の南部に広がる日本の約3.5倍の面積を有する国である。
数年前、バッタの大群が農作物や植物を根こそぎ食べ尽してしまうという映像がテレビで流れたが、その国がニジェールである。
今、そのニジェールで、5歳未満の子どもたち37万8千人が深刻な栄養失調に、120万人の子どもたちが何らかの栄養不良に直面するといった事態が起こっているのだ。

ニジェールはフランスの植民地であった。
独立したのは1960年。この年、多くのアフリカの国が西欧諸国から独立している。
日本では日産がセドリックを発売し、ロッテは、クールミントガムを発売した年である。

独立を果たしたニジェールだったが、国土の大部分(2/3)が砂漠に覆われたこの国での農業は厳しく、毎年のように襲う干ばつなどの影響で、食料不足が常態化し、国民の不満から数年ごとにクーデターが起こるという歴史を辿っている。

宗教はイスラム教がほぼ80%を占めるものの、5つの民族、4つの言語は国家としての統一を妨げ、国民の生命に関する有効な施策を打ち立てられない状況にある。
また、内戦の続いた隣国のマリからの難民も、食料不足に拍車をかけているのだ。

国際社会はニジェールに何をしたか。
国際通貨基金(IMF)と世界銀行は、ニジェールへの融資の条件に歳出削減、農業助成金と市場介入禁止、国有機関の民営化などを求めた。
いずれの条件も新興国には厳しすぎる。
今日、明日にも多くの子供達が餓死するかもしれない状況下において、先進国という名の冷血鬼は、融資を返済してくれるかどうかを優先したのだ。

日本はどうか。
何もしていない。
非政府組織の国境なき医師団や民間レベルの支援はあるが、政府は何もしていないのだ。
そして、日本が今、していることは、中国に対して、567.67憶円の円借款、無償資金協力3.22億円、技術協力金34.68億円(いずれも2010年度)をプレゼントしたことである。
今や、世界一の金持中国に対し、こんな大金をドブに捨てるのなら、この金でどれだけ多くの子供たちを飢えから救えただろう。
日本人として、本当に恥ずかしいし、アホ政治家への怒りが収まらない。

ニジェールは、政界有数のウラン採掘国だ。
フランスや中国が開発プロジェクトを進めている。
しかし、彼らは、ウランには興味を示すが、その横で腹をすかした子供が泣いていても平気なのだ。
この開発プロジェクトに係わるニジェール人は、ほんの一握りだ。

ニジェールだけではない。西アフリカ諸国は、食料不足、飢饉に見舞われており、国連食料計画は、外国からの支援物資が届かなければ、この地域で、飢餓により、数百万人が命を失いかねないと懸念している。

日本も小泉純一郎が作った格差社会で、多くの国民が苦しんでいる。
実際に、餓死者も出ている。
それでも、私たちは世界中の飢餓に怯える子供達にも目を向けなければならない。

ニジェール人も、日本人も同じ人間なのだから。
ラベル:ニジェール
posted by 8ちゃん at 18:09| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。