あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年06月29日

オバマが吼えれば武器屋が儲かる( 桶屋理論その1 )

昔から、風が吹けば桶屋が儲かるといわれている。
桶屋が儲かるまでのプロセスが省略されるケースが多いので、敢えて書くと、

1. 風が吹く。
2. 大風で土ぼこりが立つ。
3. 土ぼこりが目に入って、盲人が増える。
4. 盲人は三味線を買う(江戸時代の話なので…。)。
5. 三味線の増産に関連して、ネコが狙われる 。
6. ネコが減ればネズミが増える。
7. ネズミは桶を齧る 。
8. その結果、桶の需要が増え桶屋が儲かる
昔の日本人は、実に想像力が豊であったのだ。

この仮称「桶屋理論」が現在進行している。
場所は中東である。

イランのウラン濃縮を巡って、アメリカがヒステリックに経済制裁を連発しているが、それを尻目にイランは、今年の2月11日にはイラン中部のナタンツという町で、ウラン濃縮試験を開始、4月11日には、アハマディネジャド大統領が、164基の遠心分離機器を使って、濃縮ウランの製造に成功したと発表している。

アメリカはお怒りだ。
ヒラリーなど、かつての美貌が衰えるのとは反比例して、鬼気迫る形相でイランに対する警告を出し続けている。
イランとしては、原子力発電など平和利用目的のウラン濃縮だと主張し続け、イスラエルの核開発には決して文句を言わないアメリカに「えこひいきやんか」と噛み付いているのだ。

このままでは、EUなどが石油の輸入を減らしているため、経済的に行き詰ったイランが、報復としてホルムズ海峡を閉鎖したり、対岸のサウジやUAEにあるアメリカ軍の軍事施設に対して攻撃を加えるのではないかとの憶測もまことしやかに出ているのだ。

中東付近に展開するアメリカ軍は、イラクの15万人は撤収したものの、アフガンに7500人、ウズベキスタンに1200人、カタールに3300人、クウェートに8400人、そしてサウジアラビアには4500人、バーレーンにも4200人のアメリカ軍兵士が装備とともに、駐留しているのだ。

これらの国々はイランのすぐご近所であり、イランのミサイルが少々精度に問題があっても間違いなく命中する距離に位置するのだが、世界の石油王たちのオイルマネーをもってしても、流石に国ごとお引越しは出来ないので困り果てているのだ。

これはエライこっちゃ。
アメリカ軍基地を国内にもつ各国は大騒ぎである。

そして、彼らは考えた。
そして、「すべての困難は金で買える」という家訓により育った、アラブの王様たちが出した答えは、
「強力な武器を買って、イランに対抗したらええねん。」
という答えだったのだ。
王様たちは、早速、世界中の武器商人を呼んで言った。
「とにかく、強力な武器を売ってくれ。金ならナンボでも出すし。」

以下、次回に続く。

posted by 8ちゃん at 16:52| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。