あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年07月31日

誤審

ロンドンオリンピックは、各種目に熱戦が繰り広げられ、日本選手も頑張っているが、8時間以上の時差のため、テレビ中継が深夜から早朝となり、翌日の仕事を気にしながら、やっぱり最後まで見てしまって後悔するといった状況が続いている。
「イギリス人は、何故、こんな深夜に競技をするんじゃ!昼間にやれ!」などと訳の分からない怒りを叫ぶお父さんもいるようだが、ここは、ひとつ冷静になってほしいものだ。

競技の方は、始まったばかりだが、男子体操団体や競泳平泳ぎの北島康介が金メダルを逃す一方で、女子アーチェリーは強豪ロシアに競り勝って銅メダルを獲得するなど、やはりオリンピックという大舞台が数々のドラマを生んでいる。
私個人的には、射撃の男子10メートルエアピストルという地味な競技に出場した松田知幸選手に密かに期待していたが、僅かの差で予選落ちしてしまった。

さて、今回のオリンピックは、柔道男子66キロ級の準々決勝で、日本の海老沼匡選手と韓国のチョ・ジュンホ選手との対戦では、主審副審全員が一旦チョ選手の判定勝ちをジャッジした後、ジュリーと呼ばれる審判委員の「待った。」により、海老沼選手の勝利に変更されるといった前代未聞の出来事に驚かされた。
この「ジュリー」というのは、陪審員と言う意味らしいので、主審よりもエライとは思えないのだが、何かあったときには「勝手にしやがれ!」と言うわけにもいかず、ビデオなどを見ながら判定に口を挟むのだそうだ。

確かに、シドニー五輪柔道100キロ超級において、篠原信一が決勝において内股で完全な一本を奪ったが、審判は逆に相手に有効を与えて、まさかの敗戦になったことなどを考えると、こんな制度も必要なのかもしれない。
因みに、柔道競技では、セコンドが指示できるのは審判の「待て」で試合が止まっている間だけなのだが、このルールは、世界選手権などで日本の篠原信一監督の声があまりに大きすぎることから、制定されたルールなのだそうだ。

ジュリー制度を導入せざるを得なかった柔道競技の問題の本質は、主審をはじめ審判がアホだからである。
審判さえ、しっかりしておれば、こんなことになったということを忘れてはいけない。
誰が見ても不可解な誤審を選手の一番近くで見ている審判がやってしまうこと自体、選手の育成よりも審判の育成の方が急務である証左なのだ。

柔道の誤審騒ぎが続いている中、今度は体操男子競技団体戦で、日本の内村航平選手のあん馬の採点が変更され、日本は団体4位から銀メダルへ2段階昇進したという、過去にもないような出来事が起こっていた。

日本が銀メダルをとったのは、素直に嬉しいことではあるが、採点がこんなエエ加減では、選手はたまったものではない。
元々、スポーツマンは、審判に従うことが最大のルールであるとして教えられ育つのだ。
その審判がエエかげんなおっさんばかりでは、長年、血の滲む努力をしてきたことが報われないどころか、否定されるのだ。

勿論、選手の出身国としても収まらない。
日本さえ叩いておけば、発行部数が稼げる韓国メデイなどは早速、「柔道審判員は日本に買収された。」という論評を掲載している。
ただし、当事者であるチョ・ジュンホ選手自身は、「最初は勝ったと思った。私に勝った海老沼選手には勝ち上がってほしかったし、同じ銅メダルを取れてうれしい」とコメントするなど、日本も韓国も国はアホでも選手はエライのだ。
体操競技では、銀メダルから銅メダルへ落とされたイギリスは、競技会場での大ブーイングが何時までも続き、日本選手はガッツポーズも出来なかったらしい。

この体操競技の採点ミスは、柔道よりもさらに複雑だ。
柔道のケースなど、テレビで見ていても、なんとなく判定がおかしいということは、素人にも大体分かるが、体操競技ともなると、何がどうなったのかさっぱり分からない。
内村航平選手のあん馬の着地前のワザが、倒立してヒネリを加えて着地が成功するとD難度で、0.9ポイント加算されるが、審判の判断は
「失敗やんか。」
とうことで0点だったらしい。
すると、日本から
「ヒネリはないけど、倒立したから、C難度の0.6ポイントは加算せんかい!」
という抗議があって、審判も
「しゃーないなー」
ということで、0.6ポイント加算したら4位から銀メダルへ昇格したと言うものらしいのだ。

全く、訳がわからん。

オリンピックの審判員だからといって、上手な審判員もいれば、アホな審判員もいるのだ。
だから、選手諸君は、結果など気にせず、今まで培ってきた実力を存分に発揮してほしい。
私達も、メダル依存症から少し離れて世界最高級の技術を力を堪能しようではないか。
posted by 8ちゃん at 16:49| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月29日

ロンドン(その3)

LIBORは、ロンドンに支店のある複数の有力銀行から報告を受けた金利を平均値化して、ロンドン時間の午前11時に毎日、ロイターを通じて発表するものだ。
不正を行った各銀行は、LIBORを実態よりも高く操作して、それに基づく住宅ローンなどローン金利を設定して利益を稼いでいたのだ。
さらに、リーマンショックの2008年になると、実態よりさらに低く金利を操作して、金利の上昇を抑えることで、金融機関に対する信用不安を回避したのだ。

手口は簡単である。
自行の金利を相場よりも高く申告すればよい。
それだけである。
金融機関の融資金利は、預金などの調達コストに利鞘をONして決定されるが、各銀行は他行よりも金利が高ければ、客は他行へ行ってしまうので、出来るだけ低い金利で融資をしたい。
調達コストや利鞘とのバランスから限界までの低い金利を提示するのだ。
しかしながら、これらの銀行全員が高い金利を提示することで談合すれば、銀行は大儲けだ。
また、3ヶ月先や6ヶ月先のスワップやオプション取引の直物金利が調整できるのだから、銀行は自己取引で安心して巨額の投資が出来るのだ。

辞任したバークレイズのボブ・ダイヤモンドCEOは、イギリス議会の公聴会において、「LIBORに問題が存在することを業界で誰も知らなかったとはとても言えない。」と証言して、不正操作が金融業界の「慣行」であると暴露している。
つまり、こんな不正が恒常的に行われていたのだ。

これが小泉純一郎や竹中平蔵がお題目のように主張していた「市場」の実態なのだ。

この不正操作には、イギリスの中央銀行であるイングランド銀行のタッカー副総裁が関与していることを示唆するメモも出ている。
行政も一枚噛んでいたのだ。

早速、アメリカの投資家がこの不正操作で、バークレイズ、シティグループ、JPモルガン・チェースなど、LIBORを決める英国銀行協会(BBA)参加員の欧米銀7行を相手取った訴訟が提起されている。
訴訟理由は「LIBORの金利の不正取引を共謀した銀行団により損害を受けた」というもので、今後、この動きは拡大していくかもしれない。

LIBORは銀行の信用力を示し、デリバティブズ、住宅ローンからクレジットカードまであらゆる金利を決める土台になる。LIBORをもとにしたローンや債券の残高は600兆ドルあるとされ、国民の生活の密接に関わっている。
不正操作に関与していたとされるスイス銀行のUBSは、刑事免責を条件に米司法省の捜査に協力しており、米司法省は関係者を詐欺で訴追する意向のようだし。英国でも、重大不正取締局(SFO)が捜査に乗り出している。

このような銀行の金利操作は「利益相反」である。
こんなものを「市場原理」として奉っていた輩は、どんなコメントをだすのだろうか。
posted by 8ちゃん at 17:00| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月28日

ロンドン(その2)

イギリスの主要銀行であるバークレイズ銀行が、世界の金融取引に使われる基準金利(=ライボー)の不正操作にかかわっていたとして、金融当局から360億円の罰金の支払を命じられ、これが原因でバークレイズのマーカス・アギウス会長とボブ・ダイヤモンドCEOも辞任したのだ。

また、この金利操作には、他の銀行も係わっていたとして、米シティグループやJPモルガン・チェース、英ロイヤル・バンク・オブ・スコットランド、独ドイツ銀行といった世界のトップバンクも捜査の対象となっているのだ。

LIBORとは、世界の銀行間取引の基準金利のことで、ロンドンに支店のある世界の主要な16の銀行が、「自分の銀行ならこの金利で金を貸しますよ」という金利をイギリスの銀行協会に出して、金利の高い方からの4行と、金利が安いほうからの4行を除いた残りの8行の金利の平均を採用して、基準金利として発表するものだ。

こうして決まった基準金利は、ロイターから毎朝11時に発表され、世界中の金融機関や証券会社などが、この基準金利をもとに、自社の商品の金利を決定するのだ。
例えば、クレジットや住宅ローン、スワップ、債券発行、債券売買、デリバティブなの金利は、ほぼLIBORで決まっている。

このLIBORの影響力は、すさまじく、世界中の金融商品の殆どに影響を及ぼしている。いろんな試算はあるが、その影響力が年間約360兆ドル(約3京円)という、庶民には何がなんやら分からないくらいの巨額なのだ。

バークレイズ銀行は2008年からこの不正操作をしてきたらしいが、バークレイズがいくら大きな銀行でも、1社だけでは不正操作は出来ない。
したがって、今後、ズルズルと共犯者の銀行ガ出てくる可能性が高いのだ。

さて、政治家や経済学者、エコノミストなどの多くは、二言目には「市場原理」という言葉を「神のお告げ」のように神聖なものとして取扱っているが、金融・証券市場における市場原理とはLIBORであると言ってもいいくらいのものなのだ。

そのLIBORに不正操作があり、それが2005年から続いていたとなれば、世界経済を揺るがす大事件である。
ヨーロッパやアメリカでは連日、この事件を大々的に報道しているが、日本では殆ど報道されないのはどういう訳なのだろう。
日本の記者がいくらアホでも、それで済まされない問題なのだ。
何百兆ドルという巨額の不正事件の実態が明らかになるとLIBORの管理国であるイギリスの信用は失墜し、大英帝国以来の伝統的特権であるLIBORに終止符が打たれることになるかもしれないのだ。
さて、その不正操作はどのように行われたのだろうか。

次回へ続く

posted by 8ちゃん at 17:00| Comment(4) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。