あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年07月02日

どさくさまぎれ

「混乱に乗じて」という意味だが、「どさ」はバタバタしている擬態語の「どさどさ」から、「くさ」は形状が破壊された状態の「くしゃくしゃ」からきているとの説が有力らしい。
今、まさに「どさくさまぎれ」で国民生活にとって重要な法律が成立しているのをご存知だろうか。

テレビや新聞が消費税法のことしか伝えず、小沢一郎がどうしたとか、こうしたとか騒いでいる間に「著作権法」がホイホイと簡単に改正された。
改正法の中身を簡記すれば、違法にアップロードされた有償の音楽や映像など著作権があるものを、その事実を知りながらダウンロードすると、2年以下の懲役又は、200万円以下の罰金刑に処するというものだ。

まあ、これだけ聞いていると「そりゃしゃないやろ」と思うかもしれないが、実は、この法律は解釈範囲が広いのがミソなのだ。
つまり、捜査機関が、捜査の段階では、正規にダウンロードした行為があるのか、そうではないのかは、なかなか判別できない。
そこで、捜査機関は自由な裁量において、「怪しい」と思った人間の家に家宅捜索に入り、パソコンなんかを応酬できるのだ。

結果、何かあれば逮捕されるし、何もなければ「すまん。すまん。捜査やし。悪う思わんといてんか。」とか何とか言って愛想笑をするだけなのだ。
どうしても逮捕したければ、証拠を捏造するくらい前田検事を呼ばなくても簡単に出来るから大丈夫だし、別件でその人物のパソコンを調べたいときもホイホイと調べられるのだ。
この捜査は、パソコンだけでなく、携帯やスマートフォンなど、ダウンロード可能な接続機器は全て捜査の対象となる。

私のように上品なブロガーは良いが、政治家に対する批判やグチなんかを書いている者は、ある日突然、警察から佐々木蔵之介とか天海祐希とかが捜査令状を持って家に乗り込んできて、パソコンを調べられ、エッチな画像があるとか何とか、冤罪を着せられて、逮捕されてしまうかもしれないのだ。

この法律を審議した審査会のメンバーは、著作権の権利者団体の代表で、ユーザーの代表は、参加させてもらえていない。
法律の改正にユーザーの声など聞く必要がないということだろう。

最大の問題は、こんな個人の権利やプライバシーが侵害される恐れのある法案の審議なのに、マスコミが殆ど取り上げないままに、法案提出から、実質的な審議が2時間×5日間という超短時間で法律が成立したことだ。

この問題に関しては、アノニマスなど世界中のハッカーが、日本を攻撃するきっかけとなっているのだ。

一方、6月20日には原子力規制委員会設置法が成立している。
この法律自体も、当初40年と言っていた原子力発電所の耐用年数を実質的に「適当と思われる期間」に延ばして、いつまでも使えるようにしているし、委員会へ出向した各省の公務員について、当初は元の省庁へ帰れないはずが、戻れるようになり、例えば経産省の「スパイ職員」なんかが出来てしまう内容になっている。

さらに、最も恐ろしいのは、この法律の上位の法律である原子力基本法と言う、日本の原子力行政の根幹を定める法律に記載されている原子力の利用目的について、「国の安全保障のため」という文言を初めて入れたのだ。
これで、日本における核兵器の製造が違法ではなくなったことを知っている国民は少ない。
原子力基本法を改正したのではなく、委員会設置法の付則にこれを載せたのだ。
これはルール違反だろう。
隣の家の柿の木の枝が張り出して邪魔なとき、隣のオッサンは、強そうで怖いから、暗闇で、3歳になるオッサンの息子をボコボコに殴るようなものなのだ。

さすがにこれには、湯川秀樹が創設した「世界平和アピール7人委員会」という日本を代表する賢者のグループが「軍事利用への道を開いたもので、禍根を残す。」との緊急アピールを発表している。

このほかにも、消費税引き上げを決めた2日後には整備新幹線の計画全路線完全着工に4兆円近い予算を使うことがコッソリと発表されたり、八ッ場ダムや高速道路整備が完全復活したり、国民の目を消費税に向けている間に訳の分からないものが、次々と決まっていくのだ。

そいえば、原発再稼動反対の金曜日デモも、20万人が参加するという状況にあっても、メディアはあまり伝えない。
原発は再稼動しようが、再稼動しまいが核燃料棒はその位置にあって、最終的な処理の方法が見つかっていないのだから、原発再稼動の反対運動自体にどんな意味があるのかは見えにくいが、少なくともこの国の原発を含むエネルギーについての基本方針やそれを達成するためのロードマップは必要だろう。

どうせ、メディアは、今日も小沢一郎の話題しか報道しないのだろう。
国民にとって大事なことが、正確に伝えられないまま、次々と決まっていくのは暗黒政治と同じだろう。
メディアが政府の手先に成り下がった瞬間に、日本から報道の自由と言う言葉は消えるのだ。
posted by 8ちゃん at 16:10| Comment(12) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。