あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年07月18日

そこに原発を建設した理由 (その1)

定期検査で停止中の北陸電力志賀(しか)原発(石川県)の原子炉建屋直下の断層が活断層の可能性が高いことが、経済産業省原子力安全・保安院の調査でわかったらしい。
原子力発電所は、経済産業省の示す基準では活断層の上には設置できないので、これが本当なら志賀原発は運転できなくなるどころか、極めて危険な状態にあるのだ。

原子炉建屋直下の活断層については、福井県の日本原子力発電敦賀原発や先ごろ再稼動し始めた大飯原発もかなり前からこの指摘がある。
今回指摘された断層は志賀原発1号機の原子炉建屋の直下に走る長さ約300メートルの断層で、北陸電力は1987年に提出した1号機の設置許可申請で「浸食作用で生じたものだ。」として活断層ではないと説明していた。

北陸電力が保有する唯一の原子力発電所である志賀原発は、能登半島中部の西側、志賀町の赤住(あかすみ)地区に位置している。
北陸電力は、1965年に原子力発電所の用地選定を進め、その中で、能登半島の志賀町の赤住地区と門前町の福浦(ふくら)地区を選定した。
赤住地区は当初から発電所建設を積極的に受け入れる方針であったため、1967年に調査用地の買収が行われた。このとき、福浦地区は建設に反対し、北陸電力は福浦地区での建設を断念している。

1984年になると、地質調査が行われてから僅か3年9ヶ月という短い期間で、通産省(当時)は原子炉設置の許可を出している。
問題は、このときの地質調査の結果は現在の原子力安全保安院の前身である原子力安全委員会にも提出され、どのような審査があったかは闇の中であるにせよ、安全委員会も「地質には問題はない。」という審査結果を出していることだ。
それが、今いまになって、同じ機関が「地質に問題がある。」として北陸電力を攻め立てているのだ。

アホか。

志賀町に原子炉の設置を認めた当時、お前たちは一体何を見ていたのか。電力業界の意のままに申請をホイホイと許可していたのはお前たちだろうが。
今さら、どんな顔をして北陸電力だけが悪者のように言えるのか。

この志賀原発自体は、2006年3月24日に耐震性に問題があるとした住民らの訴えを受けた金沢地方裁判所が、北陸電力に対して志賀原発2号機の運転差し止めを命じらたのだが、北陸電力はこの判決に対して「運転を止める予定はない」と司法を蔑ろにする有名な発言をしている(その後、控訴審、上告審で逆転の住民敗訴判決)。

また、平成17 年4 月1 日の石川県を襲った集中豪雨では、志賀原発から僅かに南側の羽咋市福水町地内において大規模な地すべりが発生。原発からの高圧送電線の鉄塔が倒壊しているのだ。
つまり、この志賀原発が建設されている場所はどう考えても危険極まりない場所なのだ。

では、こんな危険な場所に何故原子力発電所を建設したのか。

以下、次回へ続く

posted by 8ちゃん at 20:00| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。