あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年07月27日

ロンドン(その1)

ロンドンオリンピックが開幕した。
開会式は今夜のようだが、サッカーなどの予選がスタートし、日本は男女ともに初戦を勝利で飾った。
めでたいことだ。
オリンピックのたびに日本人は(世界共通かもしれないが)金メダルを期待して、翌日の仕事も気にかけず、時差の壁を乗り越えて、深夜、早朝までテレビにかじりつくのだ。

参加するのは、北京大会と同じ204の国と地域だそうで、この「地域」というのは台湾(実際には中華民国と言う国なのだが、中華人民共和国に気を使っている)と香港(ちょっと前までイギリスの租借地だった。)だそうである。

今回のロンドン大会では、史上初めて女子が全ての国、地域から出場するし、全競技種目に女子が参加するのだ。
これは、前回の北京大会まで、男尊女卑の風潮や宗教上の理由などから、女子が出場していなかった、ブルネイ、カタール、サウジアラビアが初めて女子選手を出場させた事によるのだが、今頃まで女子の出場を認めなかった国があったとは情けない話だ。
最後の最後まで、女子を出場させることにウダウダ言っていたサウジアラビアの女子が出場する種目は、柔道の78キロ超級と陸上の800メートル走だそうだから、この柔道選手は、是非優勝してサウジの王様あたりを、上四方固めなんかで締め上げてやればよいのだ。

また、今回からは女子ボクシングという種目が出来たので、競技種目全部に女子の部が出来た。
例の漫才師の「しずちゃん」が参加できなかった種目だ。
フェイスを気にする女子が顔を殴り合うのだから、選手は、相当の覚悟で参加するのだろう。

選手のみなさんは、オリンピックに出場するまでに大変な努力をしてきたのだろうから、国のためとかメダルのためとかではなく、是非、自分自身のために悔いなき戦いをしてほしいものだ。

さて、ロンドンではもうひとつ世界中の注目を浴びている出来事が起こっているのだが、皆さんはご存知だろうか。

次回へ続く

posted by 8ちゃん at 17:18| Comment(5) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。