あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年08月16日

祭りのあと

ロンドンオリンピックが終わった。
日本選手の大活躍で、国民は鬱積のたまった日常を少しの間、忘れることができただろう。
今回のオリンピックは大成功だったと思う。
柔道や女子フェンシングの誤審、ボクシングにおける恣意的なジャッジ、チケットが完売しているのに空席が目立つスタンドなど、問題はいくつかあったが、競技会場施設や運営には素晴らしいものがあった。

何よりも、ロンドン市民をはじめ観客が、国籍を問わず、すばらしい技には惜しみない拍手や声援を送っていたのが印象的だ。
さすがはイギリスである。
北京オリンピックの異常なまでの中国選手への応援と、他国選手へのブーイングが記憶に新しいので、改めてイギリスの文化度の高さと、中国の民度の低さが好対照となったのである。

実は、このロンドンオリンピックに対しては、カリフォルニアのサンタモニカにある軍事研究所であるランド研究所が、過去5年間にユーロ圏で発生したテロ33件のうち、13件がイギリスで発生している(2位はデンマーク6件、3位イタリア3件)として、ロンドンオリンピック中のテロの可能性を指摘していたのだ。
イギリス当局は、会場近くのビルの屋上に地対空ミサイルまで配備して警戒に当たったが、幸いなことにテロの不幸に見舞われることはなかった。
もっとも、市街地で地対空ミサイルを発射すれば、飛来物を破壊したとしても、市民や旅行者への被害は避けられなかっただろう。

アルカイダ、タリバン、ラシュカレタイバやアルシャバブといったイスラム過激派や、ノルウェーでの無差別殺人のような個人過激思想家、ネット上の過激グループなど、警戒すべき対象は、星の数ほどあったものの、さすがにオリンピックという世界の平和の祭典には手を出さなかったのだろうか。
それに比べて、韓国サッカーチームが、オリンピックの会場で竹島問題を掲げたのは言語道断だ。
彼らは、決して愛国心でそのような行動をとったのではない。
幼い頃からの日本敵視の教育、韓国内右翼勢力の台頭の中で韓国国民のヒーローになりたかっただけである。
彼らはオリンピックでメダルを取れば、軍隊に行かずに済むという執念で、格上の日本に勝てたのだ。
韓国国内には、この行動を「愛国心の鏡」と賞賛する声があるそうだが、本当に愛国心があるのなら、兵役免除に必死になるよりも、自ら進んで軍隊に行けばよいのだ。

8月15日には、竹島に韓国の李明博大統領が、突然現れた。
勿論、これは突然ではなく、外務省には事前通告されていたが、日本政府にこれを阻止する外交力がなかっただけである。
日本は竹島を領土主張しているのだから、当然、李明博を不法入国で逮捕すべきなのだ。
因みに、この8月15日は日本の敗戦記念日であるが、韓国では日本の植民地支配から解放された祝日「光復節」なのだ。
私は、昔、8月15日に会議でソウルにいたことがあるが、気勢を上げる人々など、その時の異常な光景を鮮明に覚えている。

そして、国民の目がオリンピックに向いている8月9日、消費税増税法案が、まさに「どさくさまぎれ」で参議院で可決成立した。
雇用や景気といった重要な国民的課題が山積する中、すべての政党が選挙をにらんだ政局一色である。
本当に、こいつらアホ議員にとっては、国民生活なんかどうなっても自分の国会議員としての地位だけが重要なのだ。
さらに、この国賊どもは、消費税を福祉のためと言って導入したはずが、早速、土建屋を喜ばせる公共事業に使える免罪符を用意した。

消費税増税法案の付則18条

消費税を「成長戦略並びに事前防災及び減災等に資する分野に資金を重点的に配分する」と書かれたこの法律付則は、国民に何の説明もなく、民主、自民、公明の密室協議で用意されたものだ。
早速、自民党は「国土強靭化計画」なるものを出してきた。
10年間で200兆円の公共事業を実施するそうだ。
公明党も、「防災・減災ニューディール推進基本法」というのを提案しているが、こちらは10年間で100兆円の公共事業だ。
そんな金がどこにあるのか。
低賃金で地の底を這うような生活を強いられている国民に、止めを刺すような消費税増税で、政府が目論む税収は13.5兆円だ。
お前たちは、この金をまたしてもコンクリートに使って票を集めるのか。

自民党も、公明党も野田首相に対して「国民の信を問え」と言って解散、総選挙を求めている。
ちょっと待てよ。
民主党も、自民党も、公明党も消費税を増税した仲間だろうが。
お前たち、消費税に関して一緒に増税を図ったアホ仲間が、何を選挙で争うのか。
元々、お前たちアホ議員どもには「信」などひとかけらもないのだ。

消費税増税法案成立直後の共同新聞社の世論調査では、消費税増税反対が56.2%だ。
毎日新聞でも53%は消費税増税に反対だ。
これが国民の声なのだ。
消費税増税法案が成立するまで、消費税増税に賛成するものが多いと言う世論調査の結果を出していた新聞各社は、どれだけ調査結果を捏造していたのだろう。

オリンピックが終わって、日常に戻ったとき、そこにはお粗末な日本の現実があるのだ。

posted by 8ちゃん at 11:47| Comment(22) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

がんばれNIPPON!

他の話題を書こうとしていたのだが、連日繰り広げられるオリンピックの熱戦、そして日本選手の大健闘をどうしても書きたくなった。
消費税国会の猿芝居の話や、いつまでも続く「いじめ」の問題も書きたかったが、それらは次回までお預けだ。

今回のロンドンオリンピックは、全ての競技で日本選手が光り輝いている。
卓球女子の悲願のメダルや、サッカー男女の白熱した試合などに、多くの日本国民が8時間の時差を超えて、深夜、未明まで熱狂している。

水泳競技の男女メドレーリレーは、誰もがテレビの前で「がんばれ!」と叫んだだろうし、バレーボール女子の準々決勝フルセットの闘いは、相手が中国ということもあって、久々の国民的団結をしたのだ。

また、昨夜の女子レスリング63キロ級では、伊調馨選手が3大会連続の金メダルを獲得するというとんでもない快挙をやってのけた。
さらに、48キロ級の小原日登美選手(旧姓坂本日登美)も金メダルに輝いたが、この小原選手は、まさに「悲願の」金メダルであった。

本来、51キロ級の小原選手は、2008年まで同階級で6度の世界選手権女王になっていた。
しかし、オリンピックでは、2004年のアテネオリンピックから女子レスリングが、正式種目となったものの、階級は48キロ級、55キロ級、63キロ級と72キロ級の4階級しかなく、51キロ級はなかった。
48キロ級には、伊調馨選手の姉、伊調千春選手がいたし、何より、実の妹である坂本真喜子選手がいた。
このたため、小原日登美選手は、55キロ級に挑むが、そこには無敵の女王、吉田沙保里選手がいるのだ。
無敵を誇る吉田選手の壁を越えることが出来なかった小原選手は、引退、結婚とレスリングから離れるが、妹の引退を契機に48キロ級に復帰し。減量に苦しみながらも今回の快挙を成し遂げたのだ。

さて、今夜は、女子レスリングに吉田沙保里選手と72キロ級の浜口京子選手が出場する。
そして、なでしこJAPANが早朝3時45分からキックオフだ。
バレーボール女子の準決勝は、3時30分からだ。

うーん。
今日も眠れそうにはないのだ。





お願い

このブログの読者で、私の友人が情報を求めています。
福島県周辺在住の読者で、心当たりのある方は、ご協力をお願いいたします。
原記事↓
http://blog.goo.ne.jp/akizo1013/e/ff4f75f11995ba21097f9504d0129d9f

(以下、記事抜粋)
たった1人福島県富岡町で家畜や動物の面倒を見ている松村直登氏の愛犬アキが2ヶ月ほど前から行方不明です。
facebookの松村氏支援ページで本人から情報提供を求むと連絡がありました。
facebook松村氏支援ページにとびます↓

Naoto Matsumura, Guardian of Fukushima's Animals
posted by 8ちゃん at 17:53| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月06日

「やから」と読む。
国語辞典を開くと、仲間、同類といった意味が書いてあるが、少なくとも関西、特に大阪では、そんな清らしいものではなく、ヤクザ、チンピラなど、ガラが悪く、筋の悪い連中(しかもその大半が幹部ではない者)のことを指すのだ。
だから、間違っても、大阪で友人を紹介するのに「彼と私はやからです…。」などと言ってはいけない。

自民党の谷垣総裁が、消費税法案の参議院での採決の条件として、野田首相に「衆議院の解散を確約しろ」と迫っているようである。
つまり、解散の約束をしてくれなければ、3党合意は反故にして、消費税法案を参議院で可決させないし、内閣不信任決議案を提出するということらしい。
こういう因縁をつける人間のことを「やから」というのである。

これは、商品を買う約束をして品物を納入させた後で、「アンタが社長を辞めたら代金を支払ってやる。」と脅しているのと同じ構図なのだ。

谷垣にしてみれば、自民長老派グループ代表として、谷垣の後ろ盾となっていた森喜朗が引退することで、秋の自民党総裁選での勝利の目がなくなり、総選挙を実施して自民が勝利(実態は民主のひとり負け)することで、「自民党を勝たせた立派な総裁」として総裁役を続投する狙いなのだ。
また、2009年選挙における自民党の大量落選者からは、資金的な行き詰まりから選挙が早期実施されないと、財布がパンクするとの悲鳴に近い突き上げがあるのも事実だ。

いずれにせよ、自民党にとっては、今、総選挙を行えば、民主党の壊滅的敗北で自民候補が大量当選するが、選挙までの期間が長引けば大阪維新の会などが選挙態勢を整えて、自民党の票まで侵食される怖さがあるのだ。

勿論、野田内閣が存続に値しない内閣であることは明確なので、早く辞めてもらうに越したことはないのだが、自民党にしろ、民主党にしろ、その他の野党も含めて、国民が政権を任せられる政党や政治家が全く存在しない状況で、また選挙に無駄な大金を使うのは反対だ。
そんなに、選挙がしたいのなら、自費でやれといいたいのだ。

自民党の最大の不幸は、選挙で民主党が負ける理由が、民主党自身がアホだからという極めて、分り易い理由なのに、「国民は、自民党政権の復活を望んでいる。」と勘違いしていることだ。
誰もそんなことは思ってはいない。
少なくとも1000兆円の国の借金を積み上げて、自分の選挙区に不要な工事代金を60年間もバラ撒き続けたのはお前達、自民党だろうが。

次の選挙における国民の最大の意思は「アホらしくて選挙なんか行ってられるか。」ということだ。
谷垣はじめ、自民党のアホ議員は、二言目には「国民に信を問う」と言うが、元々、民主党や自民党には、「不信」はあっても「信」などないのだ。

自民党は、今回、他の野党が提出する内閣不信任決議案には賛成しない(内閣を支持する)そうだ。
それでいて、自民党自身が内閣不信任決議案を提出するのだから、国民には全く何を考えているのか分からない行動をとっている。

元々、今回の消費税法案は、福祉、雇用や景気対策を先送りして、国会議事堂ではないどこかの高級ホテルの密室で、民主、自民、公明の3党だけで密約した代物だ。
そんな消費税法案が参議院を通過しないのは良いことかもしれないが、ここ数日の各政党の動きは、国民生活とは遠く離れた「政局至上主義」そのものだ。

オリンピックで国民の目がロンドンに向いている間に、つまらないことをコソコソやるのなら、全政治家は家のテレビで日本選手の応援でもしていろ。
こんなアホ政治家達は、太田選手のフルーレで腹の脂肪をツンツン突いた後、アーチェリーの標的にして、止めに松本選手の背負い投げで地面に叩きつけてもらってはどうか。
何なら、室伏選手の砲丸も準備するぞ。

ロンドンは熱いのに、永田町は相変わらずお寒い話しかないのである。
posted by 8ちゃん at 17:23| Comment(14) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。