あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年08月09日

がんばれNIPPON!

他の話題を書こうとしていたのだが、連日繰り広げられるオリンピックの熱戦、そして日本選手の大健闘をどうしても書きたくなった。
消費税国会の猿芝居の話や、いつまでも続く「いじめ」の問題も書きたかったが、それらは次回までお預けだ。

今回のロンドンオリンピックは、全ての競技で日本選手が光り輝いている。
卓球女子の悲願のメダルや、サッカー男女の白熱した試合などに、多くの日本国民が8時間の時差を超えて、深夜、未明まで熱狂している。

水泳競技の男女メドレーリレーは、誰もがテレビの前で「がんばれ!」と叫んだだろうし、バレーボール女子の準々決勝フルセットの闘いは、相手が中国ということもあって、久々の国民的団結をしたのだ。

また、昨夜の女子レスリング63キロ級では、伊調馨選手が3大会連続の金メダルを獲得するというとんでもない快挙をやってのけた。
さらに、48キロ級の小原日登美選手(旧姓坂本日登美)も金メダルに輝いたが、この小原選手は、まさに「悲願の」金メダルであった。

本来、51キロ級の小原選手は、2008年まで同階級で6度の世界選手権女王になっていた。
しかし、オリンピックでは、2004年のアテネオリンピックから女子レスリングが、正式種目となったものの、階級は48キロ級、55キロ級、63キロ級と72キロ級の4階級しかなく、51キロ級はなかった。
48キロ級には、伊調馨選手の姉、伊調千春選手がいたし、何より、実の妹である坂本真喜子選手がいた。
このたため、小原日登美選手は、55キロ級に挑むが、そこには無敵の女王、吉田沙保里選手がいるのだ。
無敵を誇る吉田選手の壁を越えることが出来なかった小原選手は、引退、結婚とレスリングから離れるが、妹の引退を契機に48キロ級に復帰し。減量に苦しみながらも今回の快挙を成し遂げたのだ。

さて、今夜は、女子レスリングに吉田沙保里選手と72キロ級の浜口京子選手が出場する。
そして、なでしこJAPANが早朝3時45分からキックオフだ。
バレーボール女子の準決勝は、3時30分からだ。

うーん。
今日も眠れそうにはないのだ。





お願い

このブログの読者で、私の友人が情報を求めています。
福島県周辺在住の読者で、心当たりのある方は、ご協力をお願いいたします。
原記事↓
http://blog.goo.ne.jp/akizo1013/e/ff4f75f11995ba21097f9504d0129d9f

(以下、記事抜粋)
たった1人福島県富岡町で家畜や動物の面倒を見ている松村直登氏の愛犬アキが2ヶ月ほど前から行方不明です。
facebookの松村氏支援ページで本人から情報提供を求むと連絡がありました。
facebook松村氏支援ページにとびます↓

Naoto Matsumura, Guardian of Fukushima's Animals
posted by 8ちゃん at 17:53| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。