あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年08月22日

大阪ミステリーゾーン(その3)

「大阪コリアタウン 鶴橋編」

日本に定住している外国人は、その数208万人。
どの国からの移住が一番多いのか。
2007年までは韓国、朝鮮人が第1位であったが、最近では中国人が最も多いのだ。
1991年に韓国、朝鮮人の69万人に対して、中国人は17万人しかいなかったものが、2011年には、韓国、朝鮮人が54万人で、中国人は、67万人も日本に定住しているのだ。
まあ、韓国、朝鮮と中国の人口の差を考えると、致し方ない気もするが、そういえば、大阪の地下鉄の案内など、数年前までは@日本語、A英語、B韓国語だったのに、現在では中国語でも案内をしているのを思い出した。

ただし、中国人は東京に多く住み、大阪ではやはり韓国、朝鮮人が依然として多いのだ。
中国人     東京⇒17万人  大阪⇒5万人
韓国、朝鮮人  大阪⇒13万人  東京⇒11万人

そして、大阪の場合はこの韓国、朝鮮の人たちの大半が、大阪市内、それも生野区と東成区に集中している。
東京で言えば、新宿の大久保や百人町である。
大阪府全体での韓国、朝鮮人の割合は、約1.7%(これでも全国的には高い)であるのに対し、生野区では、区内の人口の25%が韓国、朝鮮人である。

これら、韓国、朝鮮人が生野区に多く定住している理由は、日本統治時代の強制連行など、政策的なものや、経済的理由からの移入、朝鮮戦争時の難民としての移入など、多々考えられるが、1920年に生野区を流れる平野川が氾濫して、その改修工事のため、済州島から労働力を召還したとする説や、済州島内での内乱の影響との説もある。
いずれにせよ、生野区に行けば、そこらじゅうに、金さんや李さんが居て、「金さーん」と呼べば、即座に5〜6人くらいが振り向くのである。

さて、この大阪に根付いた韓国、朝鮮人は、生野区を中心に独自の文化を花開かせている。
今日は、そんなコリアタウンの歩き方をみていこう。

生野区のコリアタウンは大きく分けて2ヶ所である。
鶴橋地区と猪飼野(イカイノ)地区である。

まずは、鶴橋に行ってみよう。
JR大阪環状線、近鉄大阪線、近鉄奈良線、そして地下鉄千日前線がすべて停車する「鶴橋」駅から、降りると、いや、正確には駅のホームに立った瞬間から、そこらじゅうで焼肉の匂いがしてくるのが、鶴橋駅である。
駅の南方約2キロ先に、「つるのはしの跡」という史跡があり、これが日本最古の橋らしい。
その橋の周辺に鶴がたくさん飛来していたので、鶴橋という地名になったそうだが、日本書紀に書かれていることは、私はあまり信用していない。
戦後の闇市から発展したこの商店街は、900店舗が店を構える大商店街へと発展していったのだ。

今でこそ全国にチェーン店も含め、焼肉屋は星の数ほどあるのだが、この鶴橋は焼肉発祥の地である。
戦前、鶴橋の朝鮮人女子従業員が、当時、捨てられていた臓物肉を焼いて食べたのが焼肉の始まりだといわれている。
いわゆるホルモンである。
臓物肉は捨てるのだから、放るもん⇒ホルモンと言うわけだ。
店舗としての「焼肉屋」を始めたのは、明月館とも食堂園とも言われているが、少なくとも、赤身の肉を焼いて食べるのは臓物肉を食べ始めた後のことなのである。
大阪ではホルホン(てっちゃん)、アカセン、丸腸など内臓肉を「白もん」と呼ぶ。
一般的な、カルビやロースよりも、こっちの方が好まれることも多い。

鶴橋駅の西出口を出ると、そこは焼肉屋ワールドである。
いったいどれくらいの焼肉屋がここに店を構えているのだろうか。
人気店舗は、吉田、鶴一(ツルイチ)やアジヨシである。
昔、吉田などは、韓国系信用組合に融資を申し込んだが、担保がなかった。
しかし、その店で食事をした当時の信用組合の理事長が、タレの味に感心し、「このタレの味を担保に融資しましょう。」と言ったそうである。
吉田は、今では店舗ビルを構える大きな焼肉店に成長している。

鶴橋商店街を歩くと、チョゴリを売る店や、チヂミを売る店、キムチ専門店のほか、韓国物産品を売る店などがビッシリと並んでいる。
青果や鮮魚の店もあり、2駅難波よりの日本橋駅にある黒門市場と何等変わらないものも多い。
街にハングルの看板が溢れているだけで、異国情緒を味わえる人もいるだろう。
チヂミは、100円〜300円(具材による)で好みのものをその場でパクつけばよい。
キムチなら、有名な豊田商店で買えば失敗はないが、自分の気に入った店を探してみるのも楽しいものだ。
白菜キムチを買うポイントは、「浅漬けをくれ」ということだ。
販売単位が大きい(白菜なら最低1球の1/4とか1/2)ので、浅漬けを買って、冷蔵庫に入れたくらいが食べごろなのだ。
因みに、韓流ショップもあるので、ご婦人方はご安心を。

とにかく複雑に入り組んだ、6つの商店街の複合体なので、あっちこっちにある案内図を見るか、予めネットで調べておくと良い。
ただし、6つの商店街が別々に、自分の商店街だけのマップを作っているので、注意が必要だ。
また、気をつけたいのは、店舗がない路上販売の化粧品やブランド品で、これらは殆どが偽物を販売する業者であるから、騙されて悔しい思いをしないようにしたい。

それでも、鶴橋は、日本に溶け込んでいる。
そんな鶴橋よりも、もっと韓国旅行の気分を味わいたいあなた。

次回は猪飼野にご案内しよう。

次回「大阪コリアタウン 猪飼野編」に続く
posted by 8ちゃん at 17:15| Comment(38) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。