あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年08月29日

見たくもないでしょうが、国会の話です。

8月28日に、自民、公明両党は野田佳彦首相の問責決議案を参議院に提出した。
参議院には、既に自民、公明以外の「新党:国民の生活が第一」など参議院野党7会派から問責決議案が提出されているので、2つの問責決議案が提出されるといった異常な事態になっている。

参議院の問責決議は、衆議院の内閣不信任決議と違って、内閣に対するものではなく、首相や大臣といった個人に対して提出されるもので、これが可決されたからと言って、首相や大臣が罷免されるものではない。
出来れば、野田君には、問責どころか悶絶するくらいの「お仕置き」が必要ではあるのだが…。

さて、国会の委員会は、委員の過半数が出席しないと委員会が開催できない。
民主党以外の国会議員は、「問責された野田君なんか、ワシは、認めんぞ!」とか言って、委員会に出席をしないで、お家でエッチなDVDを観るに違いないのだ。
野党が与党よりも議席数が多い現在の参議院の状況では、委員会は開催されず、国会議員は、何も働かないでゴロゴロしているだけの「高額の給料泥棒」に変身するのだ。
そして、国会は、このまま9月9日の会期末で終了だ。
最高裁判所が違憲状態だと指摘した衆議院の定数是正など、重要な法案は店晒しにしたままなのだが…。

それでも、問責決議を出すなら、チャッチャと出さんかいと思うのだが、自民党や公明党は、「新党:国民の生活が第一」など参議院野党7会派が提出した問責決議案には、「消費税増税反対」と書いてあるから、賛成できないのだそうだ。
そして、今日現在も、どちらの問責決議案を使用するのかという、実につまらないネタで終日揉めているようだ。
まあ、国民からみれば、ゴキブリとフンコロガシのどちらが「男前」なのか、検討しているようにしか見えないのだ。
いずれにしても、どの議員も、僅少な脳細胞の片隅にも「国民」という単語は刻まれてはおらず、そこにあるのは、「どうすれば、次の選挙で自分が当選できるのか。」ということだけなのだ。

ええ加減にせんかい!

国民は、お前達が「政局ごっこ」を楽しむために巨額の税金を払っていのではないのだ。
消費税に反対した、野党が問責決議案を出すのは分からなくもないが、自民・公明は、野田首相に「近いうちに解散…。」とかなんとか言わせて、消費税増税法を成立させた一蓮托生の腐れ縁ではないか。
自民、公明両党の野田首相に対する問責決議の理由は、「衆議院定数是正法案や公債特例法案などの採決を強行した。」と書いてあるらしいが、そんなものはお題目だ。
決議案の紙を火で炙ると、「今、選挙やったら、勝てるのに、このままズルズル野田政権が続いたら、困るやんか。」という文言が浮き出てくるに違いないのだ。

自民、公明両党は、野田首相が近いうちに解散すると言ったのに、民主党には解散の気配もないし、「お前は嘘つきか!」といった意趣もあるのだろうが、嘘つきが問責の対象になるのなら、永田町の政治家は全員が問責の対象だろう。
中には、人相だけでも問責したい議員もいっぱいいるのだ。

早速、民主党の前原政調会長は、「野田総理を問責することは、民主、自民、公明3党の合意を破棄することになる。当然、(近いうち)の解散も白紙だ。」と吼えている。
大敗が予約されている民主党の議員どもは、ありがたい延命理由が出来たと大喜びだ。
まあ、選挙になってもアホな候補者しか出馬しないのだから、無駄な金は使わずにいてほしいものだ。

何せ、総選挙を1回実施すると、800億円もの費用が要るのだから…。
posted by 8ちゃん at 16:06| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。