あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年08月31日

大阪国民の1日(前編)

知人のおばちゃんが、つい先日「秘密のケンミンショー」という番組の街頭インタビューを受けた。

「暑いですねー。」
「ホンマ、暑いわ。」
「団扇、使ってください。」(ここで、卓球のラケットを差し出す。)
「おおきに」
パタパタ仰いだ後で、「これ団扇とちゃうし!」
「すみません。こっちでした。」(と言って、今度はフライパンを差し出す。)
「これや、これや ちょっと重たい…これフライパンやん!」

放送されるのかどうかは不明だが、人気コーナーの「秘密の大阪」に使うのだろう。
とにかく、大阪のおばちゃんやおっちゃんは、期待通りのリアクションをやってくれるのだ。

大阪市の人口は、266万人なので、このうち、裁判官、葬儀屋といったヘラヘラ笑ってはいけない職業のひとや、他府県から大阪に移住して日の浅い人なんかを除く200数十万人くらいの大阪人は、笑のDNAが体内で活発に活動しているのだ。

大阪国民以外の人からは、電車内で座席の狭い隙間に大きな尻をねじ込んできたり、信号機の色などは気にせず、自分の判断で交通ルールを決めるといった、よろしくない印象(事実でもあるが…)もある大阪国民なのだが、物事の価値観を本音で判断する純粋さや、精神的、肉体的に弱っていても、ボケとツッコミを忘れない明るさが好きだという人も多い。

少し前から、このブログ(右上部)で「あなたにとって、大阪のイメージは?」というアンケートをしているのだが、この結果や寄せられたコメントが楽しい。
アンケートには、大阪のイメージについて、いろんな選択肢があるのだが、「人情のある街」という回答が、現時点では一番多い一方、大阪のことを「外国みたい」という意見も上位にあるのだ。
どの国に近いのか聞いてみたいものだが、この「外国」というイメージの中には、「怖い」というものもあれば、「ナポリに近い。」という意見まであるのだ。
私は、ケチャップ味のパスタくらいしかナポリを知らないので(多分、本場にはこんなパスタはないのだろうが…)、どのように「ナポリに近い」のか分からないが、ナポリ市民から、「勘弁してくれ!」とのお叱りがないことを祈るばかりだ。

さて、大阪国民の一日とはどういうものなのだろうか。

大阪国民の朝は、「おはよう朝日です。」から始まる。
最近では、「目覚ましテレビ」なんかを観る人も増えているようだが、大阪国民にとっては大阪の天気予報だけが必要で、全国の天気予報などはどうでもよいのだ。
ましてや、NHKでやっている「世界の天気」なんかは、大阪国民にとっては、今日現在のセリーグの順位表くらいに不必要なのだ。
星占いも大好きだが、3分もたてば自分の今日の運勢など忘れている。

ラジオを聴く人は、「おはようパーソナリティ」とか「ごめんやす馬場章夫です」も聴くが「ありがとう浜村淳です」が王道だ。
浜村淳のモノマネは、「さて、みさなん」と言えば簡単にマネ出来るので、是非、一度挑戦していただきたい。
テレビやラジオのCMで、同じフレーズを繰り返すCMソングがあったら、その作曲者は、ほぼキダ・タローに間違いないし、MBSだと時報は、スジャータが教えてくれる。

朝食には、4〜5枚切りのぶ厚い食パンか、小倉屋山本の塩昆布で茶漬けを喰った後、朝刊を開いて、アメリカと北朝鮮の高官レベル会談決裂を伝える「米朝間の溝埋まらず。」の記事を見ながら、「桂米朝と間寛平は仲が悪かったのか。」と納得したりするのだ。
阪神タイガースの試合結果は昨夜から知っていても、とりあえずスポーツ欄に目を通し、密かにオリックスの結果も眺めたりする。
因みに、阪神戦の中継は福本豊が解説すると勝つが、広沢克己が解説すると負けると信じている人間が多い。

(後編)に続く
posted by 8ちゃん at 15:23| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。