あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年09月24日

旨いもん (その1)

さて、月曜日ということで、お疲れのアナタには、大阪でちょっと味わってほしい「旨いもん」をご紹介したい。
勿論、大金を出して「旨いもん」を食うといった、大阪国民のポリシーに反するようなものは出てこない。
しかも、100人に聞いたわけでもなく、親戚や友人の店を紹介するわけでもなく、私自身が自分の舌で見つけた「旨いもん」なのである。
したがって、これを見たアナタが、ここへ出かけて行って「何じゃ!マズイやんけ!」と怒鳴り散らしたとしても、私は「そうでっか。」と言って、全速で逃げるしかないのだ。
そういう事情なので、出来れば俊足自慢の方は、閲覧をご遠慮願いたい。

さて、1軒目の「旨いもん」は豚丼である。
店の名前は「楽豚」という。
関西人には豚丼というのは吉野家が牛肉の代用品として売っている程度のイメージしかないのだが、ここの豚丼は豚丼のイメージを変えるに違いないのだ。

難波グランド花月の南側、肉吸いで有名な「千とせ」の5軒くらい手前である。
因みに、「千とせ」の肉吸いについては、吉本芸人がテレビで宣伝するものだから、週末は長蛇の列ができているのだが、こんなもの少しも旨いとは思わない。
要は、肉うどんからうどんを抜いただけの売れない貧乏芸人メニューなのだ。
貧乏芸人メニューなのに観光客が押し寄せるから、高い値段で売っているが、吉本芸人は最近では誰も行かない。

楽豚の店内は、まだ出来てから日が経っていないのだろう綺麗な店内である。
炭焼き豚丼(並)を注文すると、セットで「お肌つるつるコラーゲンスープ」というものもついて680円なのだが、鹿児島産というこの豚は、炭火で豚を炙ってあるのだろう、芳ばしい香りに包まれた柔らかい豚は箸で簡単に切れるほど、柔らかい。
私くらいの男前にもなると、「お肌つるつるコラーゲンスープ」などは不要なのだが、飲んでみると、これがまた旨い。
コクというか、サラサラした軽い油が少し乗ったスープだけで大盛飯が食えそうなのだ。
http://rakuton.iinaa.net/nanba-top.html

お肌がつるつるになったところで、次は、激戦のお好み焼きである。
大阪市内には、星の数ほどお好み焼きがあるのだが、実は人口10万人あたりのお好み焼き屋の数は、広島が全国1位で、徳島、兵庫にも先を譲って大阪はなんと7位なのだ。
家に道具が揃っているから、大阪では、お好み焼は家庭料理のジャンルに入っているのだろうか。

地下鉄四橋線花園駅近くの「かすが」である。
http://tabelog.com/osaka/A2704/A270406/27032651/

赤井英和が通っていたことで、少し有名になりすぎて困ったものなのだが、この店は赤井が生まれる前からここで営業しているのだ。
大阪では、昔は千房(ちぼう)とか、ぼてじゅうが有名だったが、どちらも高額メニューを並べだしてからお好み焼き屋ではなく、鉄板料理店になっているのだ。
最近では、難波の福太郎が人気だが、価格帯が平均1000円以上となれば、もはや庶民を敵に回したのも同様だ。
長い列を並んでいるのは、大阪以外からいた人か中国人に違いないのだ。

その点、「かすが」は、基本の豚玉が680円だったと思う(いつも酔うので覚えていない。)。
赤井スペシャル1100円というのもあるが、こんな高いものは誰も注文しないのだ。
おでんも売っていて、お好みが焼けるまで、何でも100円のおでんを食べながらビールを飲むのが楽しい。
ただし、この店は、おじいさんとおばあちゃんが2人でやっているのだが、おじいちゃんは、週に2回程度、持病の腎臓透析に行くので、何時休むか分からないのだ。
また、最近では、おじいちゃんがボケてきて、やたらソースを塗りたくるので、必ず、「ソース控えめやで。」とか、「ワシ自分で塗るわ。」とか言わないと、エライことになるのだ。

ソースの量さえ間違わなければ、味は申し分ない。
特徴は、普通のお好み焼きでもネギが大量に生地に混ぜ込んであるので、サクサクふわふわなのである。
大阪の庶民の味もだんだん少なくなってきて、近代的なお好み焼きチェーン店が増えてきたが、ここには間違いなく「昭和」が残っているのだ。

私の悪いクセで、やたら文章が長くなって、1回では納まらなくなってしまった。
申し訳ないが、続きは次回に書きたい。


次回へ続く
posted by 8ちゃん at 17:38| Comment(19) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月22日

いじめ列島 自衛隊編(2)

人事院が調査した国家公務員の自殺者数という統計がある。
データはちょっと古いが、2001年から2008年までの国家公務員の自殺者数を10万人当りの指数で比較したものだ。
それによると、国家公務員の平均では10万人あたり19.2人の自殺者が発生しているのに対し、陸上自衛隊は37.0人、海上自衛隊は36.3人と上位1位、2位を独占しているのだ。
自衛隊の中で自殺者が一番少ない航空自衛隊でも平均を大きく上回る24.1人が自殺している。
さらに、自衛官の年間自殺者は、ここ10年間、毎年100人を越えるといった異常な状況になっているのだ。

平成11年には、海上自衛隊佐世保基地の護衛艦「さわぎり」の艦内で、男性の3等海曹(自殺当時1等海士)が自殺した。
両親が国に慰謝料の支払いを求めて訴訟を起こしたが、遺族は訴状の中で、自殺者の上司からのいじめが続き、「海の上ではだれかいなくなってもわからない」などと脅されたと主張している。
この裁判は、控訴審まで争われたが、福岡高裁は「上司の侮辱的な言動が自殺の原因」と断言して、自衛隊内のいじめ存在を認める判決を下している。
このケースでは、国もいじめを認め、当時の防衛省幹部が両親に謝罪した。

陸上自衛隊でも、平成20年に、仙台駐屯地で勤務していた20代の男性陸士長が自殺したが、遺族が国を訴えた訴訟で、遺族側は「先輩隊員2人に目や口にテープを巻かれたうえ、後ろ手に縛るなどの暴行を受けたのが自殺の原因だ。」と主張している。
この訴訟は、和解となったが、国が和解に応じて金銭を支払ったということは、いじめが実際に存在したということを国が認めたからである。

自衛隊内でのいじめについては、実は、防衛省自身もその実態をある程度把握しているようだ。
各省庁は、毎年、懲戒処分など職員の不祥事と、それに伴う懲戒などの処分を発表しているが、防衛庁の2003年から2006年までの懲戒処分のうち、隊員間で「私的制裁」を行ったとして処分された事例が92件にも達するのだ。
さらにもっと酷いことに隊員間で「傷害または暴行脅迫」が行われたことに対する懲戒処分は291件もあるのだ。
これらは、いわば、身内の調査であるから、氷山の一角である可能性が高く、実態はもっと悲惨なものなのかもしれない。

これらを原因とする自殺の中には、駐屯地内の武器を使用して自殺した例もあり、自衛隊の正式装備であるM9(エムナイン)と呼ばれる短機関銃をフルオートにして自殺した例などは、発射場所によっては他者への凶弾と化す可能性もあったのだ。

このような、自衛隊におけるいじめの原因は、抑圧された自衛隊内の集団生活や、班と呼ばれるグループ内に「いじめ対象者」を作ることで班内のまとまりを強める狙いがあるとも言われている。
いわば、人身御供、生贄としてのいじめが行われている可能性があるのだ。

自衛隊は、上官、先輩隊員には絶対服従である。
自衛隊での在籍期間がものをいい、新参者は奴隷と同じという世界である。
そんな、鬼のような先輩隊員と同じ部屋で集団生活をして、寝泊りも同じなのだ。
訓練が終わっても駐屯地内にいる限り気が休まる暇は無いが、外出するにも制限がある。

このような実態が徐々に、明らかになってきても、国は有効ないじめ抑止策を出すことが出来ないでいる。
ドイツなどでは、軍の自殺者は少ないが、それでも、軍事オンブズマンという制度を作って、あらゆる悩みを聞く制度が出来ているが、日本ではそのような制度はない。

今日、この時間にも、自衛隊内ではいじめが行われているのだろう。
そして、そのいじめに怯える隊員は、国を守る前に自分自身を守らなければならないといった悲惨な状況におかれているのだ。

中国、韓国の脅威が現実のものとなってきた今、自衛隊は内部にそのような問題を抱えている場合ではないのだが…。

posted by 8ちゃん at 18:00| Comment(26) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月21日

いじめ列島 (自衛隊編1)

兵庫県川西市で自殺した県立高校2年の男子生徒が同級生3人からいじめを受けていたことが、明らかになったが、この学校では、全校生徒に対し、当面の間、私服で登校するよう指導したそうだ。
なんでも、生徒が登下校中に通行人らから中傷されるケースが相次いでいるらしく、登校中に見知らぬ人から「死ね」と言われて傷ついたといった報告が複数寄せられているという。

アホか。

関係のない生徒につまらぬ事を言うアホなヤツは最低で話にもならないが、自殺した生徒は、毎日「死ね」などと言われていたのだろうから、学校関係者は、今、そんな小手先の浅知恵を思いつくのなら、自殺した生徒が苦しんでいるその時にこそ、何等かの措置を取るのが仕事だろう。

話題になった大津でのいじめ事件については、次々と学校や教育委員会の隠蔽体質と、いじめに対する認識のなさを露呈している。また、仙台育英高校では、2年生の男子生徒が、同級生から腕にタバコの火を23回にわたって押しつけられるなどの暴行を受けたのに、学校は加害者の調査を放置して、逆に被害者生徒に対して退学を迫ったという、常識では考えられないような話も出てきた。

いじめは、学校だけに留まらない。
神奈川県警大和署勤務の男性警察官4人が、後輩の女性警察官をカラオケボックスに呼び出し、職場の地位、権限を悪用した集団での性的嫌がらせをしていた事も発覚している。
具体的には、今年3月上旬、人事異動の送別会後の2次会をカラオケボックスで行っていた4人の男性警察官が、新人の女性警察官を携帯電話で呼出し、その場でブラウスやズボンなどを脱ぐよう、命令して、女性警察官は泣きながら従ったというものだ。
こんな狂った警察官も拳銃を所持していると思うと恐ろしい。

学校の運動部や警察の職場では当然ながら先輩、上司の命令には絶対服従的に従わされるケースが多い。
いくつかのいじめの問題では、パワハラ絡みのいじめ構造がみえてくるのだ。

そんなパワハラ職場の最高峰は、自衛隊だろう。

このブログの美人読者から、自衛隊でのいじめ問題を調べてほしいとの声があったので、少し調べてみたが、さすがに自衛隊関係者の口は堅い。
しかしながら、徐々に分かってきたこともあるのだ。

本題に入る前に、知っていそうで実はあまり知られていない、自衛隊という組織について書いてみる。

自衛官には防衛大学などを出て幹部を目指す幹部自衛官、下士官となる一般曹候補生及び任期隊員の3種類がある。
「平和を仕事にする」とかのキャッチコピーが書かれ、実際にはいそうもない男前の自衛官やべっぴんさんの婦人自衛官がニッコリ微笑んでいるポスターが駅に貼られているのは、任期隊員の募集である。
18歳から26歳までなら誰でも応募できる。
任期隊員と言うくらいだから、勤務任期があって、陸自では2年、海自、空自では3年(2期目から2年)の期限を限って採用されるのだ。
勿論、期間更新も可能なので、最近の雇用不安から任期満了後も引き続き自衛官に留まる者が続出しているようだ。

このため、任期自衛官の新規採用枠も減少しており、自衛官にならなくても、民間企業に就職先がいくらでもあったバブル期には、自衛官になりたいという人間は少なく、毎年約9万人の自衛官募集があったものの、現在では自衛官の空き枠がなく、採用募集は年間8千人程度だし、競争率は10倍を超える難関である。
自衛官に採用中に無料で大型特殊などの免許を取得できるのも魅力だ。

任期隊員は3ヶ月の研修(教育期間)後、末端の階級である二士(陸自なら二等陸士、空自なら二等空士)となる。
その後、二士から一士、士長と昇格して任期終了を迎えるが、三曹に昇格する者もいる。
ただし、「士」の上の階級である「曹」については、一般曹候補生という試験区分で入隊する者が多きを占めるので、任期隊員の最終階級は、士長で退官する者も多い。
「曹」の上には「尉」とか「佐」とか「将」という幹部クラスもあるが、これには防衛大学を出ないと難しい。
因みに、ロンドンオリンピックの女子レスリング48キロ旧で金メダルを取った小原日登美さんは、1等陸尉であり、ちょっと前なら大尉とよばれたエライ人なのである。
きっと、自衛隊では、たくさんの男子部下から「ハハーッ」っと敬礼などされているに違いないのだ。

自衛官で一番エライ人は、防衛大臣などの政治家や事務次官などの背広組を除けば、制服組では統合幕僚長という役職が一番なので、最下位の二士まではなんと16階級もあるのだ。
下から3番目の三曹と言う階級になると、班長と呼ばれ部下が出来るが、下士官と言われるグループの最下位である三曹は、微妙な立場である。
上には、まだまだエライ人が沢山いるし、グループ内の指導、教育など面倒を見る必要がある。
かといって、三曹は一定の責任を負わされるため、ストレスもたまる。
そして、そのストレスの中にいじめがあり、いじめが自殺へと繋がっていくのだ。

以下、次回へ続く
posted by 8ちゃん at 16:44| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。