あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年09月20日

危険な火遊び

イスラム教の預言者ムハンマドを冒涜する内容で物議を醸している「イノセンス・オブ・ムスリムズ」(Innocence of Muslims)という映画がある。
「無邪気なイスラム教徒」といった訳になるのだろうか。

元々は、「砂漠の戦士たち」という原題だったようだが、制作したナクーラ・バシーリー・ナクーラというエジプト出身のおっさんが、イスラム教徒の逆鱗に触れるような内容に変えたため、世界中でイスラム教徒が過激な抗議活動を行い、チュニジアの首都チュニスでは、米大使館前に集まった群衆が米国旗を燃やした。
エジプト・カイロの米大使館前のデモは、夜通し行われ、モロッコやスーダン、パレスチナ自治区のガザでも大規模なデモがあった。

そして、遂に、リビア東部ベンガジでは、アメリカ領事館が襲撃され、領事館内にいたクリストファー・スティーブンス駐リビア大使と職員3人が殺されるといった事態に至っているのだ。
世界では、中国人による日本企業などへの破壊、放火、略奪といったニュースより、このイスラム教徒の過激な活動の方が、伝えられる回数や時間が多いのである。

もっとも、一連のイスラム教徒による過激な行動のうち、リビア大使殺害事件については、米政府は「襲撃は、大使を狙った計画された軍事攻撃である。」との見解をもっている。
襲撃が統制、連携されており、訓練されたものである可能性が高いことと、大使や領事館の職員37名が、襲撃を察知して、秘密の避難場所に逃げ込んだ瞬間、砲撃が正確に秘密の避難場所だけを狙って行われたというのがその理由だ。
襲撃が行われたのが、ちょうど米国同時多発テロがあった9月11日であることも偶然とは言い切れないだろう。

事態を重視したアメリカ公安当局は、映画を作製したナクーラ・バシーリー・ナクーラの取調べを始めたようであるが、アメリカでは、表現の自由は最も尊重されるため、何の罪状で取調べをしているのか不明である。
ただし、ナクーラの家族は、早い段階でカリフォルニアの自宅からどこかへ身を隠したそうであるから、ナク―ラ自身は、自分の作った映画がどのような結果を招くのかということを知っていたのだろう。
テロや襲撃を行った側が悪いのには決まっているが、実際に、死者が出ていることを考えると、このナクーラというおっさんは、極めて無責任であるといわざるを得ないのだ。

一方、この映画に出演した女優のアンナ・グルジは、自身はあくまでもナクーラの計画には関与していなかったと主張している。
彼女は、身の危険を感じながらも、「真実を語るほかに、何をしたらいいのかわからない。自分にはやましいことはなに一つないので身を隠すつもりはない。私が真相を明らかにしなければ、生きる価値のある世界などない。」と雲隠れは考えていないそうだ。

しかし、ネット上でこの映画は簡単に見ることが出来るのだが、一体どのあたりがイスラム教への冒涜なのか、私には難しすぎてよく分からない。
http://www.youtube.com/watch?v=MAiOEV0v2RM
イスラム教についての、お勉強を少ししておく必要がありそうだ。

今回、イスラム教徒がバカにされたと憤る人物であるムハンマドは、ノア、アブラハム、モーセ、イエスと並ぶ神の預言者である。
現在、世界の総人口70億人のうち、キリスト教徒が22億人、イスラム教徒は14億人である。
その後、ヒンズー教が9億人といってもこれはインドに集中しているし、仏教に至っては、我々日本人にはなじみが深いものの、教徒は約4億人しかいないのだ。
その世界第2位の教徒を持つイスラム教の教えは、ムハンマドの予言がすべてである。

キリスト教もイスラム教もユダヤ教から分離していったもので、崇拝すべき「神」は同じであるが、伝えた者が違うのだ。
イスラム教はムハンマドであり、キリスト教ではイエスであるが、ムハマドが預言者であるのに対し、イエスは、救世主(メシア)と呼ばれている。
もう、こうなってくると、何がなんやら分からなくなってきたが、預言者というのは、神のお告げを聞いて伝えることができる人なのだそうだ。
ノア、アブラハム、モーセ、イエス、そしてムハンマドの5人の預言者らのうち、ムハンマドは登場した順番では、一番最後であることから「最後の預言者」と呼ばれている。
ムハンマド以降の預言者は現れなかったので、ムハンマドが聞いた神のお告げをまとめた「コーラン」が絶対不変なものとなるらしいのだ。

「コーラン」は、イスラム教徒がなすべき行動や考え方だけでなく、生活や食べものに至るまで、すべてを規定した書物である。
そして、イスラム教においては、偶像というものがなく、「神」や「ムハンマド」を描いた絵や彫刻の類は一切存在しない。

その姿を決して見せることがないムハンマドが映画に出演したのである。
これは、イスラム教徒にとっては、吉田沙保里が、警備中に気弱な泥棒にフォール負けしたくらいのショックなのだ。
さらに、ムハンマドがキリスト教信者に暴力を振るったり、卑猥な行動をしたりしたものだから、イスラム教徒の怒りが爆発したのだろう。
さらには、その映画を製作した国がアメリカで、ただでさえいつも、天敵のイスラエルの肩を持つアメリカをこの際、叩き潰せということになったのだろう。

とはいえ、如何なる理由があっても、人殺しを含むテロ行為は、許されるものではない。
一方で、表現の自由は尊重されても、自分が責任を取れない重大な危機が、十分予測されるのに映画を作った製作者に罪が全くないわけでもないだろう。

本人は、火遊びのつもりでも、大火事になることもあるのだ。
この映画は、決してInnocenceではないようである。

posted by 8ちゃん at 16:25| Comment(11) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月17日

野蛮国

中国全土において、反日行動が激化している。
日本企業や日本と関係のある店舗が、次々と破壊、放火され、商品などの略奪が起こっているが、中国政府はそれを止める気配がない。
中国各新聞が、一面で反日デモなどの様子を伝えていることから、一連の中国内での暴挙は中国政府が黙認していることは明らかだ。
中国という国は、新聞などのメディアを完全に統制している国なので、政府の意向に沿わない記事は、それがいかに重要な記事であっても、完全に抹殺される。
その国の新聞が一面でデモの様子を伝えるということは、この暴挙について政府が容認していることは明白で、もしかしたら、実際にデモを扇動しているのが中国政府自身ではないかという観測もあるのだ。

これらの反日行動は、日本政府による尖閣諸島の国有化に反発したものとしているが、実際にデモに参加している若者に尖閣諸島の位置を質問しても答えられないのだ。
つまり、彼らの大半は誰かからデモへの参加を命令されているのだろう。
中国公安当局のHPには、「デモが秩序をもって行われたことに感謝する」との当局のコメントが掲載されているくらいだから、もはや中国政府の無作為は、犯罪である。
中国政府が、この暴動を止めないのだから、中国在住の日本人13万人は、不安な日々を送っていくしかないのだ。

映像が明確に破壊、放火、略奪を映し出しているのだから、実行犯の特定は簡単なことなのに、中国当局は、これを逮捕しない。
逮捕することで、国民の矛先が中国政府に向かことを畏れているという観測もあるが、実際には中国政府の手先が暴動を煽っているのだから、身内を逮捕できないというのが実情なのだろう。
おそらく、後日に5〜6名を形だけ逮捕してすぐに釈放するシナリオと見るべきである。

もちろん、その背景には、中国国内でますます拡大する貧富の差がある。
国民福祉という概念を全く持たない中国という国は、通常の国がその高騰に悩む社会福祉関連予算など計上する必要がない国なのだ。
13億人の人口の中で、12億9000万人が餓死しても、1000万人が豊かな生活を送れれば、良しとする国なのだ。
昨年、5700万人の中国人旅行者が、世界の免税ショップでした買い物の合計金額は、167兆円、このうち高級ブランド品が63%を占める。
一方で、国連の貧困標準(一日1ドル以下で生活)にも満たない中国人がまだ1億5000万人もいるのだ。
そして、鬱積する国民の不満に対しては、子供たちに毎週行われる抗日授業で培った反日運動でガス抜きをすればよいのだ。

今日現在、中国の各港には、尖閣諸島に向かう1000雙の漁船団が結集しているという。
そして、この漁船団の保護を大義名分として、監視船や場合によっては軍籍の船舶が尖閣に向かうようである。
漁船を尖閣で操業させ、実行支配の事実を作り、抗議にきた海上保安庁の監視艇を追い払うのだろう。
このやり方は、フィリピンやベトナム沖で中国が行ってきたやり方だ。
この時代に、他国の領土を侵略して占領、略奪していくということを平気でやってくる国なのだ。

その野蛮な中国が国連では、安全保障委員会の常任理事国として、世界の紛争をジャッジしているのだから、空いた口が塞がらないのは私だけではないだろう。
こんな野蛮国が実権を握っている国連という組織に、何も頼ることはできない。

日本政府のなすべきことは、今回の日本企業や日本関係施設に対する破壊、放火、略奪の映像を全世界に発信して、中国という国が世界で類を見ない野蛮国であることや、その野蛮行為を中国政府が扇動しているという事実を全世界の人間に繰り返して発信することである。
そして、中国という国が国際社会にふさわしくない国であることを、あらゆる機会に全世界に忠告し続けるのだ。
そして、対中貿易、経済という足枷にいつまでも、こだわっていてはいけない。
野蛮国と通常の国交など期待してはいけないのだ。

日本の真の外交力が問われている。
posted by 8ちゃん at 13:16| Comment(36) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月13日

大阪ミステリーゾーン(その8)

「難波界隈編 昼のミナミ・夜のミナミ 4」

大阪市内にある飲食店93,626店舗のうち、14,021店舗が難波を中心とする大阪市中央区(正確には中央区のうち旧南区)に集中し、その従業員の数も全市内51万人中、10万人がこの地区で働いているのだ。
この数字は、梅田を中心とする第2位の北区を大きく引き離して、ダントツの1位なのである。
要は、大阪ミナミは、飲み屋のお姉ちゃんやオバちゃんが多い街なのである。

大阪の高級飲食店といえば、北新地である。
山名や有馬、ろまん亭といった老舗の大箱は、一見さんお断りの客筋を自慢していたが、バブルの崩壊や会社交際費の削減といった状況もあって、どの店も経営は苦しい。
それでも、北新地はなかなか敷居が高い。
一方、北新地に比べて、ミナミは庶民の街である。
もちろん、ミナミ地区にも高級店もあるのだが、あまり格式に拘っていては、ミナミでは経営が成り立たないのだ。

ホステスの賃金は、10日ごと支払いの時給が中心で、時間単価は1500円から5000円程度まで店格やキャリアで幅広い。
北新地のような口座ホステス(売上比例報酬)はいないが、服装や履物、作法などの躾といった小煩いことをあまり言われることもない。
たまに、北新地から流れてきたホステスが、作法や服装についての薀蓄、経済誌を読んでいたなどと自慢すれば、その横で「新地で売れへんかったから、ミナミへきたくせに、エラそうに言うな。」と同僚ホステスがバカにするのだ。

最近では、キャバクラが増えてきて、客もそちらに取られているようだ。
このキャバクラ嬢たちも、その稼いだ金をホストクラブに巻き上げられる。
つまり、スケベなおじさん⇒キャバクラ嬢⇒ホストと、金は循環ではなく、一方通行で流れていくが、ホストはホストで体力的にはキツイ仕事のようだ。
売れないホストともなると、長時労働と悲惨な生活環境で身体を壊すものも多い。

そんな夜の蝶や蛾たちが、はばたき始める午後8時ごろ。
難波交差点にある近鉄ビルや旧の新歌舞伎座の建物の前に、年齢不詳のお姐さん達が、花壇の枠に腰掛けたり、壁にもたれて電話を弄っている。
その数、ざっと約10数名。
短いスカートや、胸を強調する服装が目立つが、どう見ても通行人や待ち合わせではなさそうだ。
路上売春婦である。
「直引き」と呼ばれるこの種のお姉さん方は、風俗店に属さないで個人営業で売春を行ってるのだ。
さすがに、風俗店への就職が出来なかっただけあって、昼間は活動出来ないような残念な容姿のお姉さんもいるのだが、彼女達は決して自分からは客に声をかけない。
客から声をかけられた場合は、デート(自由恋愛)であるが、自分から声をかけたら売春だという、あまり合理性のない理論をもっているようだ。

ミナミの街には、風俗産業が溢れているため、このような方々に客が付くのか観察していると、ちょっと離れたパチンコ屋の前で、スキンヘッドのお兄さんが、こちらをチラチラ見ている。
お姉さんたちから、月額5000円程度の金を払わせて、この場所での営業を許しているヤクザもんだ。
熱心に眺めているこちらが気になるのだろう。

そんな中、飛びぬけて若くてスタイルのよい娘がいる場合がある。
この場違いの娘がいたら、要注意なのだ。
この娘は、美人局用の囮である。
娘に声をかけたスケベ親父が、ホテルに入って暫くすると、怖いお兄さんが来て、写真を撮って「この娘、未成年や。どうしてくれるんや。」とか「家と会社に写真送ったろか。」とかなんとか、台詞どおりに脅して、金を脅し盗るのである。
これは、被害者も後ろめたさがあって、なかなか被害届が出てこないので、被害の実態がなかなか見えてこないのだ。

そのお姉さん方の後ろに広がる地区は、難波4丁目、通称なんば楽座と名付けられた飲み屋街だ。
ここは、大阪では北区の堂山と同じく有名なゲイスポットである。
およそ100件のゲイバーが付近一帯の雑居ビルに集中しているのだ。
因みに、ゲイとオカマは、違うようである。
諸説あるようだが、基本的にはゲイは、気持ちが「男」で、オカマは気持ちが「女」なのだそうである。
まあ、どちらかと言うと、どちらも気持ちが「悪い」が正解のような気もするが…。
「水軍」という大阪でも有名な老舗の店もあり、ゲイだけでなく、ノンケと呼ばれる普通の人も、入れるので結構賑わっているのだ。
それでも、最近では、多くの店が閉店したり、賃料の安い恵美須町方面へ移転したりしているようだ。
1階に店舗を構える店は、普通の飲食店だが、2階以上の店を覗くときは、注意が必要である。
店に入った瞬間に、何か空気が違うのである。

こうして難波の夜は、ヤクザや女、酔っ払いのおじさんにゲイやオカマまで絡んで、途切れることなく、また、次の朝へと続いていくのである。

posted by 8ちゃん at 16:01| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。