あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年09月01日

大阪国民の1日(後編)

会社に行くおっさんたちは、家を出ると、おばちゃんの自転車と「さすべえ」に注意しながら、地下鉄の駅へと向う。
地下鉄の接近表示が2駅前まであるのは大阪だけらしい。
難波駅を降りて、「虹のまち」を歩く。
そこが、数年前から「なんばウォーク」と言う名前に変わっていることは知っているが、おっちゃんは、いつまでも「虹のまち」と呼ぶのだ。

会社でダラダラと過ごした後は昼食だ。
いつも行く店が決まっているタイプと新規開拓に精を出すタイプがあるが、結局、注文するのは麺類とゴハン系のセットなのだ。
たまに、「ゆかり」のお好み焼き定食(お好み焼きとゴハンと味噌汁で700円)のときもあるが、うどんとかやくゴハン、ラーメンと焼き飯が王道なのだ。

そのころ、おばちゃんは、家でありあわせのメシを喰った後、ビデオに撮ってあった「探偵ナイトスクープ」をみて、「豊満な」腹を抱えて笑っているのだ。
カーテンを洗濯しなければいけないのだが、友人の「そんなもん、いつでもええやん。」という甘言に乗って、洗う気配はない。
その後、昼寝をすればテレビでは「ちちんぷいぷい」が始まるのだが、司会が角淳一から、西靖に替わったことに若干の不満を漏らしつつ、お天気の今出さんが元気なので安心したりするのだ。
ちちんぷいぷいを観終われば、そろそろ夕食の準備だが、どうせ旦那は今日もどこかで呑んだくれて、へろへろになって帰ってくると予想しているから、落ち着いたものだ。
予想が外れた場合は、「味のないゴーヤ入り焼ウドン」などの適当なものを旦那に食わすのだが、旦那は決して文句を言わない。
文句など、言おうものなら、それがどのような悲惨な結末を迎えるか、身に浸みて分かっているのだ。

予想通り、おっちゃんは、仕事を終えると、会社に行くよりも正確に飲み屋に「出勤」する。
決して、高級店には行かない。金が続かないからだ。
飲みに行かなければ良いのだが、おっちゃんの肝臓は、既にパブロフの犬の状態になっているので、足が勝手に動くのだ。
最近では、立ち飲み屋にも若い綺麗なねえちゃんが来るので、おっちゃんは嬉しそうだ。

とりあえず、「生」を頼む。
何故か、生ビールを頼むときには「とりあえず。」と言うが、難波の旧新歌舞伎座の裏のある店では、「生ビール」という品書きがなく、「とりあえず」と書いてあるのが面白い。
アテは、枝豆と冷奴だ。
黙っていても「突き出し」が出てくる店があるが、タダ(無料)の「突き出し」はOKだが、突き出しに代金をとるような店は、おっちゃんは行かない。
おっちゃんは、詐欺のような卑怯者が許せないのだ。

次におっちゃんは、ゲソを注文する。
この日は、いつもの相方と二人できているので、相方はどて焼だ。
イカは高いが、ゲソは安くて、味もゲソのほうが旨い。どて焼は、食べ方によっては長持ちするので、経済的なのだ。
そのころ飲み物は焼酎の水割りに変わっている。
焼酎の水割りは、水で割った状態で出すと、おっちゃんたちが「薄っすいやんけ!」と騒ぎ出すので、焼酎、水、氷の3つをセットで出して、客に作らせる良心的な店が増えてきたようだ。
焼酎を3杯飲んでしまうと、これで終了の場合もあるが、次の店へ行くときもある。
ただし、酔った勢いで、キャバレーなんかに行ってはいけない。
千日前の「ミス大阪」はややマシだが、畳屋町の「サン」や京橋の「香蘭」なんかへ行くと、客がホステスを介護する状態になるのだ。
平均年齢は不肖だが、多分、この人たちは、子供の頃には土方歳三や沖田総司と遊んだに違いない。
「香蘭」など、ホステスの年齢を全部、足し算すると、ジュラ紀まで遡れるという噂があるのだ。

いい気分になった、おっちゃんは、代金を支払う。
「なんぼや。」
「1人3000万両。」
「出世払いにしといてや。」
「おっちゃんが出世するまでウチ生きてへんわ。」
毎回のように繰り出されるお決まりの会話を終えると、おっちゃんは夜の難波をうろつくのだ。

551の蓬莱でアイスキャンデーを買って、お土産にしようか考えた挙句、腹も減ってきたのでラーメンを喰うことになる。
金龍にしようか、神座(カムクラ)にしようか迷ったが、野菜の摂取も重要と考えて神座にする。
「おいしいラーメン」を注文しながら、商品名に自分で「おいしい」と付けるのは生意気だとか何とか、相方にぶつぶつ言が、相方は同じフレーズを聞き飽きているので、特段の反応は示さない。

こうして夜もふけた頃、おっちゃんは帰途につくのだ。
地下鉄のエスカレーターで、左側に立ち止まっている人に「大阪では右に立つんじゃ。」と親切に教えながら、改札を抜けてホームに立つが、整然と整列する人間が増えたことを感心しつつ、「大阪も東京みたいになってきたなー」と、おっちゃんは寂しくつぶやくのであった。

(注)この記事に登場する人物には特定のモデルはいません(と思います。)。
posted by 8ちゃん at 18:00| Comment(35) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。