あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年09月05日

WBCは誰のために

プロ野球選手会が、不参加の方針を決定していたWBC(まあ、野球の世界選手権みたいなもの)に、選手会が一転、出場することを決めた。
野球に興味のない人にとっては、「ふーん」くらいの情報なのだが、野球大好き人間達は、素直に「よかったなー」と歓んでいるのだ。

それにしても、この一連の問題はややこしい。
ここまでの経緯については、過去に、このブログでも、ちょこっと書いたので暇(肥満を含む)な人は、見ておいてほしい。
http://senbero8chan.seesaa.net/article/283198472.html

収益金の配分という、金に関する問題で、子供達の憧れであるプロ野球選手たちが、一番前に立って交渉する必要は全くないのだが、どうやら、本来は当事者になるべき、日本野球機構(NPB)やコミッショナーである加藤良三が、奸計を用いて、選手会を悪者に仕立てたというのが真相のようだ。

選手会の記者会見で、新井選手会長が、特に発言を求め、他人事のような発言を繰り返して、自分自身では何もしない加藤良三コミッショナーを痛烈に批判したのだ。
本来、コミッショナーやNPBが行うべき利益配分に関する交渉を、選手会にやらせた挙句、選手会が出場辞退を発表すると、加藤良三などは「ファンのために出てほしい」などと発言して、悪役を全部選手会に押し付けて、自分自身は正義の味方を名乗ったのだ。
選手達が激怒するのは当然だ。
新井選手会長は怒りに唇を震わせながら、加藤良三コミッショナーやNPBを非難した。

あらい!エライ!

もうこれで、今年の打撃不調やチャンスに必ず併殺打を打っていたことを忘れてやろう。
不調の時に家族にヤツ当りしていたことも秘密にしておいてやろう。
本来なら、来年の登録名は弟が「新井」でアンタは「貴浩」になる予定だったが、勘弁してやろう。

NPBといっても、構成メンバーはプロ野球の経営母体企業だ。
営利企業なのだから、金の話なら、お前達がやらんかい!
そもそも、この加藤良三ちゅうおっさんは何だ。
野球なんか一回もやったことのない、外務省の高級官僚ではないか。
「読売のナベツネと親しい」という理由だけで選ばれたおっさんが、コミッショナーという野球人の最高峰にいるのはどう考えても納得できない。
駐米大使を6年間もやったおっさんが、MLBの肩を持つのは目に見えているのだ。
こんな加藤のおっさんのような有害ゴミを連れてこなくても、野球界には、経歴、人格ともに素晴らしい人が、いっぱいいるのだ。
過去にこのブログで紹介した伝説の名審判員、永野元玄氏がコミッショナーなら、鮮やかなジャッジでMLBをギャフンと言わせたに相違ないのだ。
選手出身者なら、王貞治氏がコミッショナーになれば、MLBを一本足背負いで、投げ飛ばすのだ。

WBCは、過去2回とも日本が優勝している。
前回の大会で中継に釘付けになり、イチローのセンター前ヒットに歓喜したのは、誰も忘れていない。
少年から大人まで野球を愛する人が、そして日本中が、もう一度あの歓声に包まれるWBCは、来年の3月だ。
posted by 8ちゃん at 15:21| Comment(23) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。