あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年09月11日

大阪ミステリーゾーン(その7)

「難波界隈編 昼のミナミ・夜のミナミ 3」

難波も夜の10時を過ぎると、場所によっては雰囲気が変わってくる。
夕方の4時や5時に出勤する種類の人たちが活動を始めるのだ。

そのうちの1種類は、暴力団員だ。
暴力団事務所などは、月例会以外は、電話番の若手以外に当番幹部が顔を出すのは午後5時ごろだ。
暴力団事務所は、月例の例会が通常は毎月13日にあるものが多いのだが、その例会以外は、組事務所へ顔を出すのは、電話番以外は当番幹部だけで、その他の幹部連中は出社(?)が義務付けられてはいない。
毎年、12月13日がこの業界(芸能界もそうだが)の「事始め」という重要な行事なのだが、それに習って毎月13日を例会としている団体が多いのだ。
この12月13日と言うのは、「鬼の日」と言って、何をするにも縁起のよい日なのだそうだ。
因みに、京都の祇園や先斗町などの花街でも、12月13日には、舞妓はんや芸妓はんが、置屋のおかあはんや、井上流の八千代家元など師匠筋のところといった、普段お世話になっている人のところへ挨拶に廻るが、この場合の12月13日は正月であり、このときの挨拶は「おめでとさんどす。」なのだ。

名所案内というわけでもないが、難波の暴力団事務所の中では、相合橋の筋を30mほど北にあがった辻を西に入ったところが、山口組総本部長の宅見組の組事務所(本部)だ。
ところで、暴力団の本部などは「組事務所」というが、別に、眉毛のないクリカラモンモンのおじさんたちが、電卓など打ち込んでいるわけでもないのに、何故、事務所と呼ぶのか不思議なのだが、まあ、そんなことはどうでもよい。

宅見組本部は、白いパネル壁に、「宅見」と大きく書かれているので、すぐに分かるが、あまりジロジジロと前で見ていると、電話番の若中が出てくるので注意が必要だ。
暴力団事務所は暴対法で看板が規制(威圧行為)されているが、ここは先代組長(宅見勝:新神戸オリエンタルホテルで射殺)の自宅という位置付けなので、堂々と「宅見」と書けるのだ。
この近く、堺筋を越えた島之内町には、先代組長であった宅見勝の愛人が経営するステーキハウス「瀬里奈」(同名の料理屋とは別)があるが、この宅見勝の愛人というのは西城秀樹の実の姉である。

南海通りには、山口組系の名門、南一家があったが、去年の秋に解散している。
南海通りをグランド花月へ右折せず、20mほど直進した右側、焼き鳥屋「大蔵」の隣なのだが、ここがなかなかユニークだ。
先代の平山組長の時代に「平山」と書かれていた大きなプレートがあったが、最近では壁にひらがなで「みなみ」と可愛く書かれたプレートがはってあるのだ。
しかも、色は淡いピンク色だ。
知らない人がファンシーグッズでも売っている店かと勘違いして入らないか心配なのだが、中にいるのは、間違いなく頭がファンキーな怖いおにいさんなのだ。

宅見組の中心組織である勝心連合は、御堂筋の西側にあるが、看板は、勝心企画である。
その北側には、独立組織であった酒梅組の大きなビルがあったが、今は西成に本部を移している。
こうして書くと、大阪はヤクザだらけじゃないかと思われるが、ヤクザの人口密度においては、東京の新橋の方がかなり高いのだ。
東京のヤクザのスーツが、ビジネスマンと変わらないのに対し、大阪のヤクザの服装が若干派手なので目立つだけなのである。

彼らとて、シノギといわれる金儲けをしないと喰ってはいけない。
最近では、暴対法のためにシノギは苦しいようだ。
工事現場の警備会社を実質経営して、ゼネコンなどに押し込んだり、現場作業員を供給したりして人材派遣でシノいでいる他、株や金融先物で利益を出している暴力団も増えてきた。
山口組では建前上はご法度の覚醒剤に資金を頼る組関係者も多い。

チンピラクラスのヤクザは、上司(兄貴分など)の命令によるノミ行為など違法賭博の集金や、金融業の手伝いで一日中忙しい。
集金を兄貴分に渡したら、1万円程度の小遣いをもらって、パチンコに行く。
10万円集金しても、100万円集金しても貰えるのは1万円程度だ。
幹部は幹部で、上層部に上納金を納める必要があるからだ。
ヤクザの集金システムは、襲名や葬式など義理がけを除けば、裏千家や未生流と同じ、ネズミ講型上納金制度なのだ。

チンピラは、パチンコに勝つときもあるが、大抵負けて、金がなくても呑める飲み屋に向かう。
暴対法が効果を出してきて、飲み屋からミカジメ料は取れなくなったが、特定の店では、ヤクザが飲みに行っても金はとられない。
店側もトラブルの時にこんなチンピラが役に立つとは思っていないが、店で暴れられるよりはマシだと思っている。
だから、酒かビールを1本と、アテ1品程度をタダで提供するのは、慣習になっているのだ。
新歌舞伎座裏や日本橋1丁目交差点付近の飲み屋で、カウンターの端や隅のテーブルで一人で飲んでいる目つきの悪い若い衆はこのケースが多い。
幹部暴力団は、見栄もあって、女を連れて寿司屋や焼肉屋からクラブへと同伴する。
実態は、懐は火の車でも、人に弱みは見せないのが、彼らの美学だ。

暴力団の中には、「女」で喰っている者も多い。
難波の夜の次の登場者は、そんな夜の女達である。

次回へ続く。

posted by 8ちゃん at 17:25| Comment(20) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。