あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年09月13日

大阪ミステリーゾーン(その8)

「難波界隈編 昼のミナミ・夜のミナミ 4」

大阪市内にある飲食店93,626店舗のうち、14,021店舗が難波を中心とする大阪市中央区(正確には中央区のうち旧南区)に集中し、その従業員の数も全市内51万人中、10万人がこの地区で働いているのだ。
この数字は、梅田を中心とする第2位の北区を大きく引き離して、ダントツの1位なのである。
要は、大阪ミナミは、飲み屋のお姉ちゃんやオバちゃんが多い街なのである。

大阪の高級飲食店といえば、北新地である。
山名や有馬、ろまん亭といった老舗の大箱は、一見さんお断りの客筋を自慢していたが、バブルの崩壊や会社交際費の削減といった状況もあって、どの店も経営は苦しい。
それでも、北新地はなかなか敷居が高い。
一方、北新地に比べて、ミナミは庶民の街である。
もちろん、ミナミ地区にも高級店もあるのだが、あまり格式に拘っていては、ミナミでは経営が成り立たないのだ。

ホステスの賃金は、10日ごと支払いの時給が中心で、時間単価は1500円から5000円程度まで店格やキャリアで幅広い。
北新地のような口座ホステス(売上比例報酬)はいないが、服装や履物、作法などの躾といった小煩いことをあまり言われることもない。
たまに、北新地から流れてきたホステスが、作法や服装についての薀蓄、経済誌を読んでいたなどと自慢すれば、その横で「新地で売れへんかったから、ミナミへきたくせに、エラそうに言うな。」と同僚ホステスがバカにするのだ。

最近では、キャバクラが増えてきて、客もそちらに取られているようだ。
このキャバクラ嬢たちも、その稼いだ金をホストクラブに巻き上げられる。
つまり、スケベなおじさん⇒キャバクラ嬢⇒ホストと、金は循環ではなく、一方通行で流れていくが、ホストはホストで体力的にはキツイ仕事のようだ。
売れないホストともなると、長時労働と悲惨な生活環境で身体を壊すものも多い。

そんな夜の蝶や蛾たちが、はばたき始める午後8時ごろ。
難波交差点にある近鉄ビルや旧の新歌舞伎座の建物の前に、年齢不詳のお姐さん達が、花壇の枠に腰掛けたり、壁にもたれて電話を弄っている。
その数、ざっと約10数名。
短いスカートや、胸を強調する服装が目立つが、どう見ても通行人や待ち合わせではなさそうだ。
路上売春婦である。
「直引き」と呼ばれるこの種のお姉さん方は、風俗店に属さないで個人営業で売春を行ってるのだ。
さすがに、風俗店への就職が出来なかっただけあって、昼間は活動出来ないような残念な容姿のお姉さんもいるのだが、彼女達は決して自分からは客に声をかけない。
客から声をかけられた場合は、デート(自由恋愛)であるが、自分から声をかけたら売春だという、あまり合理性のない理論をもっているようだ。

ミナミの街には、風俗産業が溢れているため、このような方々に客が付くのか観察していると、ちょっと離れたパチンコ屋の前で、スキンヘッドのお兄さんが、こちらをチラチラ見ている。
お姉さんたちから、月額5000円程度の金を払わせて、この場所での営業を許しているヤクザもんだ。
熱心に眺めているこちらが気になるのだろう。

そんな中、飛びぬけて若くてスタイルのよい娘がいる場合がある。
この場違いの娘がいたら、要注意なのだ。
この娘は、美人局用の囮である。
娘に声をかけたスケベ親父が、ホテルに入って暫くすると、怖いお兄さんが来て、写真を撮って「この娘、未成年や。どうしてくれるんや。」とか「家と会社に写真送ったろか。」とかなんとか、台詞どおりに脅して、金を脅し盗るのである。
これは、被害者も後ろめたさがあって、なかなか被害届が出てこないので、被害の実態がなかなか見えてこないのだ。

そのお姉さん方の後ろに広がる地区は、難波4丁目、通称なんば楽座と名付けられた飲み屋街だ。
ここは、大阪では北区の堂山と同じく有名なゲイスポットである。
およそ100件のゲイバーが付近一帯の雑居ビルに集中しているのだ。
因みに、ゲイとオカマは、違うようである。
諸説あるようだが、基本的にはゲイは、気持ちが「男」で、オカマは気持ちが「女」なのだそうである。
まあ、どちらかと言うと、どちらも気持ちが「悪い」が正解のような気もするが…。
「水軍」という大阪でも有名な老舗の店もあり、ゲイだけでなく、ノンケと呼ばれる普通の人も、入れるので結構賑わっているのだ。
それでも、最近では、多くの店が閉店したり、賃料の安い恵美須町方面へ移転したりしているようだ。
1階に店舗を構える店は、普通の飲食店だが、2階以上の店を覗くときは、注意が必要である。
店に入った瞬間に、何か空気が違うのである。

こうして難波の夜は、ヤクザや女、酔っ払いのおじさんにゲイやオカマまで絡んで、途切れることなく、また、次の朝へと続いていくのである。

posted by 8ちゃん at 16:01| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。