あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年10月11日

火事場泥棒

復興予算が、復興事業以外に使用されているということで大騒ぎである。
アジア、北米との青少年交流事業費に72億円、全国の税務署の建物の改築に12億円、シーシェパード対策費に5億円といった話を聞くと、「何でもありやん。」と思ってしまう。

関係省庁や財務省は、何や、かんやと震災との関連を説明しようとするのだが、そんな状況に対して、日本には「屁理屈」というぴったりの単語があるのをアホ議員や泥棒役人どもは、是非、知っておいていただきたい。

そもそも、この復興予算は、通常の税率に一定の率を上乗せして捻出するのである。
全国民の所得税に対して、2.1%の税率の上乗せを何と25年間も行い、住民税は所得に関係なく全国民に一律1000円を上乗せする。
それは、この増税分を震災復興に充てるという大義名分があったから、国会審査も通過したのだ。

それを、全く別の目的に使うなど、例えば、家族が食べるケーキを買うと言って、家を出たお父ちゃんが、途中の駅前で、居酒屋の美人女将の誘いに乗って、熱燗で松茸の土瓶蒸しを注文するのと同じなのだ。
当然、このお父ちゃんには、鬼嫁による凄惨な仕打ちが待っているが、復興予算を泥棒した奴らを国民が直接蹴ったり、殴ったりするわけには行かないのだから、余計に悔しいのだ。

また、この復興財源についても、おかしなことに法人税だけが優遇されているのだ。
法人税は、23年度税改正により、国税税は27.89%から23.71%に、地方税は12.80%から11.93%にそれぞれ引き下げられ、アメリカに比べても5.11%も低いのだが、この法人税に対する復興増税は、課税金額に10%を3年間上乗せするというものだ。

勘違いしてはいけない。
法人税は5%下げて、10%上げるのではない。
5%下げて計算した金額に、3年間だけ10%上乗せするだけなのである。

例えば、課税所得が10億円の法人の場合だと、去年までは支払う税金は、4億690万円だった。
それが、減税で3億6400万円になり、4290万円お得になったのである。
震災復興税は、課税率に10%を加算するのではなく、納税額に10%加算するのだから、この企業の支払う税金は、3億6400万円に10%オンした4億40万円となり、結局去年より税金は安くなるのだ。
しかも、10%の上乗せは3年限りだが、減税の方は、未来永劫減税されるのだから、企業はウハウハである。

個人所得税が25年間という、ほぼ恒久増税であるのに、何故、法人税だけがこのような手厚い過保護になるのか。
自民党も民主党も政治献金や資金集めのパーティー券を大量に買ってくれる企業は、庶民なんかの何十倍も大事なのだ。

まさに「どついたろか!」である。

10月7日、福島第1原発や県内の除染現場を視察した野田首相は、除染作業が進んでいないことを認め「復興再生のすべては除染。スピードアップしないといけない。」と述べたというが、それなら、野田君、今まで予算は何に使っていたのかと問いたい。

震災関連予算は、経済産業省の補助金である「国内立地推進事業費補助金」にも2950億円が使用されているのだが、経産省は、「被災地から原材料を調達したり、被災地に供給している企業を優先した」と説明している。

この金が岐阜県のコンタクトレンズメーカーの工場の建設資金などに使われているのだが、コンタクトレンズと震災の関係を説明できた役人は現時点まで誰もいない。
その一方で、被災地である岩手、宮城、福島の3県で、この補助金を申請した多くの企業に対して、補助金が交付されたのは、たった5%だ。

アホに大金を持たせると、こんなことになるのである。
posted by 8ちゃん at 17:27| Comment(15) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月10日

金本知憲

4万7106人の金本ファンで埋まった阪神甲子園球場。
5位が確定している「あかんたれチーム」の消化試合にこれほどの観客が集まったのは、金本知憲という男の力だ。
阪神球団は、この日の売上を全部、金本知憲に差し出すべきである。

中央大学野球部の野球推薦の試験に落ち、ヤクルトスワローズの入団テストにも落ちて、当時無名だった東北福祉大学に、野球推薦ではなく、一般受験生として入学した男が、数々の大記録を打ち立てて今、甲子園を去る。

「まだやれるぞー」
「阪神の4番はお前だけや」
「替わりに25番引退せい!」
ファンの悲鳴のような声援を受けて、金本は長年闘ってきたライバルである横浜ベイスターズの三浦大輔と対峙していた。

今から、21年前の1991年秋のドラフト会議。
広島東洋カープは、4順目に金本知憲を指名した。
他球団と競合することもなく、地元広島出身ではあるが、広陵高校時代には1度も甲子園に出場していない外野手を指名したのだ。

この年のドラフト会議は、指名枠が1チーム6人から10人に増えていたし、プロ入団を拒否している選手を指名しないことが申し合わされていたので、各チームはゆとりをもって、指名できたのだ。

因みに、この1991年のドラフト会議では、下位指名された選手がその後活躍しているようだ。
高校生のイチローは、オリックスから4位指名を受けた。
中村紀洋も近鉄の指名は4位であった。
ハマの番長こと三浦大輔は当時の大洋ホエールズが6位で指名していた。
阪神タイガースでは桧山進次郎が4位で指名されている。

さて、話を甲子園に戻そう。

この日、4番、レフトで先発出場出場した金本は、1アウト一、二塁にランナーをためて、向った第1打席は、三浦大輔の128キロのフォークボールで内野ゴロ打ち取られた。
第2打席は、3回走者なしで139キロのストレートを豪快な空振り三振。
そして、迎えた第3打席は、六回の先頭打者として、2ストライクからの3球目の三浦大輔得意のシュートを中前にクリーンヒットしたのだ。
金本らしい、糸を引くような打球であった。
そして、新井の初球に今季3つ目の盗塁を成功させ、超満員のスタンドは大歓声が鳴り止まなかった。
これが、金本知憲の甲子園での最後の打席となった。

金本は、通算打点が1521で、歴代7位の長嶋茂雄にあと1と迫っていたのだが、もはやそんなことはどうでもいいのだ。

阪神というチームは、阪神教とも揶揄される熱狂的なファンが、勝っても負けても甲子園を埋めてくれる。
そんな人気に胡坐をかいた球団は、チームの強化策といえば、毎年高額の契約金で使い物にならない外人を採ってくるだけであった。
アメリカで賞味期限切れの外人にとっては、阪神は、究極の生活保護、セーフティネットだったのだ。

そこへ、金本知憲がやってきた。
球場へ一番乗りして練習を始め、どんな打球でも全力疾走する金本の姿を見て、阪神の選手に何かが生まれ始めた。

その結果は、2回のリーグ優勝という形ですぐに現れ、5位と6位しか知らなかった阪神の選手は優勝という未知の感激に酔った。

この阪神優勝を支えたのは、金本、矢野、下柳、桧山といったベテランであることに間違いはない。
身体が衰えることを練習量や技術でカバーして、若手に影も踏ませない活躍をしたベテラン達は、矢野が去り、下柳が去り、金本と桧山だけになっていたが、金本が座るベンチ右奥の指定席は、若手がいつも緊張するエリアであり続けた。

金本知憲よ。
ごくろうさま。
広島から移籍して初めてのカープ戦、スタンド全体から温かい拍手に包まれた金本知憲。
デットボールを投げた相手の若手投手に「気にするな。どんどん責めて来い」と声をかけた金本知憲。
書きたいことは、まだまだあるがきりがない。

君が阪神に残した遺産は、決して風化させない。
そして、いつか指導者として戻ってくるまで、ベンチの指定席は空けておくから。
posted by 8ちゃん at 17:26| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年10月08日

田中眞紀子文部科学大臣(7)

父角栄が倒れたことで、これまで鉄の結束を誇った自民党田中派は、二階堂進を中心とする長老派と竹下登を担ぐ若手に分断され、自派から総裁候補者も出せない内紛が続く状況になっていた。

今まで、父、角栄に対して、五体投地の礼をとっていた政治家達の裏切りを目の前で見た眞紀子は、二階堂派、竹下派ともに交流を断ち、1993年には自らが衆議院議員となって、政治家への道を歩き出すのである。

その後の小泉純一郎との蜜月とその後のいがみ合い、外務省との確執に加え、公的秘書給与の流用問題もあって、自民党を離別し、一時期は議員を離職しているが、現在は、夫と共に民主党に所属している。

小泉時代は、靖国神社への参拝に固執する小泉に対し、
「今の中国を見てください。株やって儲けて、ロールス・ロイスやベンツに乗っている若い人がいる一方で、年収数千円という貧しい人がいる。そうやって国内の不満が爆発しそうなところに、小泉さんが靖国神社へ参拝すと必ずデモが起こります。」と進言している。
何か、今の情勢に似ているものを感じるのだが、中国の情勢については正確な分析が出来ていたのであろう。
実際に、小泉純一郎の靖国参拝後には、反日デモが起こり、小泉の在任期間中は首脳会談はもとより、首相特使派遣すらできないほどまでに日中関係は悪化した。

田中眞紀子の好き嫌いは有名で、父を裏切った竹下登の旧経世会に連なる人間を憎んでいる一方、角栄との関係が悪くなかった小沢一郎には好意的で、民主党代表選挙でも小沢への支持を公言している。
田中眞紀子の言葉に「人間には、敵か、家族か、使用人の3種類しかいない」というものがあるが、そのような境地になるほどの壮絶な人間関係をみてきたということだろう。

いずれにしても、田中眞紀子の入閣は、野田政権にとって大きな爆弾かもしれない。このため、田中の入閣を巡っては、野田首相と輿石幹事長の会談が3時間にも及んだらしい。


「論功行賞内閣」とか「在庫一掃内閣」と言われている野田第3次改造内閣であるが、民主党内には来年の衆参同時選挙まで解散を先延ばしする意見も根強い。
そりゃそうだろう。
負けると決まっている選挙など、誰も早くやりたくないのだ。

野党は、特例国債法案を人質にして審議拒否などを繰り返すのだろうが、党利党略だけの稚雑な戦術には国民は辟易しているのだ。
選挙費用も巨額なのだから、衆参同時選挙が望ましいが、民意から遠く離れた民主党政権を国民は、あまり長い時間、見ていたくないとおもいつつ、次に出てくるのが自民党なら、同じようなものだと諦めてもいるのだ。
内閣総辞職でもしてくれれば、安上がりで済むのだが、総辞職後に安倍のアホぼんが、首班指名されるのだろうが、選挙で勝つと信じている安倍首相がすぐに「かいさーーーん」と言い出すだろうからこれも困る。

ここは、ひとつ、田中眞紀子、田中直紀コンビで、何か盛り上げてもらうか。
posted by 8ちゃん at 16:24| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。