あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年10月02日

田中眞紀子文部科学大臣(1)

野田首相になってから、3回目の改造内閣が発表された。
皆さんも感じておられるとおり、誰が大臣になっても同じようなのもなのだが…。

大臣を誰にするのか決めるのは、唯一首相である。
首相の好きな人間だけで組閣しようと思えは、それも出来るし、美女ばかりで組閣することも出来るので国会内の女性議員を探してみたが、残念な結果に終わってしまった。
まあ、大臣の過半数が国会議員であれば良いので、17人(復興庁存続中は18人)の半分近くは、民間人からも起用できる。
AKBとか、かのみ村から美女を大量に確保して、大臣に任命しても、違憲、違法にはならないのだ。
中国や韓国が領土問題で煩いので、ここは、スタローンやシュワルツネッカーを防衛大臣に任命しても問題はない。
何なら、外務大臣に今年で総書記を降りる胡錦濤あたりを任命しておけば、日中問題などすぐに片付くと思われるのだが…。

さて、野田3次改造内閣は、これといった話題にもならず、マスコミ各社は、解散までの短命内閣と位置付けているようだ。
どちらかと言うと、自民党の役員人事のほうの取扱が大きかったような気もする。
それでも、何人かは、悪い意味で何かやってくれそうな予感というか、悪寒のようなものがするのだ。

財務、予算に関する知識が全くない城島光力は、国対委員長として消費税増税の3党合意に尽力した功績のようだが、実は他のポストが予定されていた。
財務大臣は当初は、岡田副代表の兼務という線で進められたが、岡田が固辞したため、前原誠司を考えていたようだ。
ところが、野田が財務大臣時代の部下であった財務省の幹部が官邸にやって来て「お願いやから、前原はんだけはやめて。」と懇願したらしいのだ。
どうやら、前任の安住のように、財務省に言いなり(通称ポチ)にはなりそうにないというのが理由らしい。
為替や国際金融といった専門分野については、国会で自民党などからの陰湿な質問に耐えられるだろうか。

郵政民営化、防災担当大臣に就任した国民新党の下地幹郎は、沖縄選挙区選出なので、明確にオスプレイの普天間配備には反対している。
下地は、歴代国民新党のポストである金融担当大臣も兼務で希望したが外されている。
これは、亀井静香が強力に推し進めた、銀行による中小企業救済法である「中小企業金融円滑化法」について、銀行界からの圧力により、来年に終わらせるためである。
下地が金融担当になれば、法案の延長を行うことは明白なのだ。
普天間問題やオスプレイ、日米安保などについての閣内不一致を責められるのだろう。

そして、自民党などが、一番のターゲットにするのが田中眞紀子文部科学大臣なのだろう。

田中眞紀子
おー 何と懐かしい名前ではないか。

田中眞紀子は、民主党の代表選挙に推されたが、出馬せずに野田支持を表明したことから、論功行賞で大臣になったとの見方が強い。
また、興石幹事長の強力な推薦があったのと、父親である田中角栄に対する中国政府の印象が「日中国交回復の井戸を掘ってくれた人」として高感度抜群であることから、日中間系に何等かの好影響があるのではとの期待もあるのだろう。

どうせなら、夫の田中直紀の後を受けて、防衛大臣にでも就任してくれたら、また例の「もしもし…」が聞けたかもしれないのに残念だ。
(「もしもし…」を解説した過去の記事)
http://senbero8chan.seesaa.net/article/262402143.html?1349144245

私の見るところ、真の狙いは民主党の離党者対策である。
民主党代表選挙で、田中眞紀子を候補者に担いでいたのは、消費税増税法案に反対したが、小沢一郎と行動を共にせず、民主党を離党しなかった連中だ。
民主党は、衆議院では比較第1党であるものの、小沢グループ47名が抜けたため、過半数の241議席にギリギリの247議席しかないのだ。

田中眞紀子を推薦しようとしていた民主党内の議員は、筒井前農林水産副大臣や川上義博参議院議員ら、確実に12人以上は名前が判明しているので、彼らが民主党を離党すると、民主党は衆議院でも過半数割れの事態となり、法案は何も成立しなくなる可能性もあるのだ。
田中眞紀子の文部科学大臣就任は、民主党党内の離党予備軍を思い留まらせる目的の方が大きいのだろう。
野田首相にしてみれば、外交、防衛、震災といった質問が集中するポストは避けたかったので、文部科学省なら田中眞紀子が、失言やフライングをする危険性が少ないと見たのだろう。

野田君、君は甘い!


次回へ続く
posted by 8ちゃん at 15:52| Comment(17) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。