あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年10月18日

蘇れ大阪 (3)

大阪市内の河川の面積は、20.5kuである。
これは大阪市全体の面積である約220kuの約10%に相当するのだ。
東京26区内の川の面積は5%だし、横浜市では3%だ。
広島市でも3%、名古屋市も5%だから、大阪の10%という数字は大都市としては、川の面積が極めて多いといえる。
思いつくままに、大きい川だけ数えても、大阪市内には、新淀川、大川、堂島川、土佐堀川、道頓堀川、 東横堀川、寝屋川、第二寝屋川、木津川、神崎川、城北川、平野川、平野川分水というように、大阪市内には多くの川があるのだ。

江戸時代には、大阪は「八百八橋」と言われていたものの、実際には約200程度の橋しかなかった。
現在では橋の数は約800である。
ただし、江戸時代の200の橋について調べてみると、徳川幕府が所謂「公共事業」として架けた橋は、このうち12橋梁しかない。
他の橋は、豪商淀屋が架けた淀屋橋のように、民間の力によって橋が架けられたのだ。

さすがに、現在の橋は港大橋や新千歳橋、夢舞大橋のように、大型公共事業により架けられたものが多いが、大阪人にとっての橋は、自分たちが架けた身近なものであったのだ。

その大阪の川は、他の大都市の川が山側から海に向って流れる「一方通行」なのに対して、変わった特徴がある。
大阪市内の北部を東西に流れる大川は、土佐堀、堂島川、木津川、道頓堀川から東横堀川へと繋がって、大阪市内の中心部を「水の回廊」のように、ぐるりと廻って繋がっているのである。

大阪といえば、市内の2大繁華街である「キタ」と「ミナミ」の関係から、物も人も南北に動くのが基本である。
これが、「賑わいの拡散」とも言うべき都市全体の発展を阻害している面もあったのだろう。
しかし、大阪は、南北にも東西にも水で繋がっているのだ。
他の大都市にはない、この「水の回廊」を利用しない手はないだろう。
私は、この「水の回廊」を浄化、整備して、大阪の観光の核とするのが大阪復興の第一歩であると考える。

勿論、今までにもこの大阪の「水」を市の活性化に利用すべきだと言う多くの意見があった。
現在も、建築家の安藤忠雄氏などは、大阪の水辺の整備に関する壮大な構想を発表している。
そのこともあって、実際に、道頓堀川や大川は水質の浄化や護岸に遊歩道を作るなど、徐々には川の整備に取り組んでおり、少しづつではあるが、綺麗な川が蘇りつつあるのも事実である。

しかし、それはごく最近のことであり、そのスピードも驚くほど遅い。
何故なら、今までの大阪市にとって、「水」に対する投資は、予算面での重要度や優先順位が極めて低いものであったからなのだ。

では、大阪市は、「水」に関する予算を出さずに、何に予算を使っていたのか。
一言で言えば、無駄使いをしていたのである。

巨額の税金が霧のように消えていった大阪市の無駄使いとは何だったのか。

以下、次回へ続く。
posted by 8ちゃん at 16:00| Comment(13) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。