あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年10月21日

蘇れ大阪 (6)

大阪市の税金無駄使いは、不必要な大型工事だけではない。
日常的に行われる工事の中にも、巨額の無駄が隠されているのだ。

大阪市内の道路や橋は、主要国道以外は府道であっても、全て大阪市が管理している。
ところが、国や大阪府からの道路整備や下水道関係などの補助金は、事業が別であれば、それぞれ交付されるのである。
それをいいことに、大阪市は、市会議員と繋がる工事業者を太らせるために、同じ道路を何回も掘り返していくことで、より多くの工事代金を業者にばら撒くのだ。

例えば、一度に工事をすれば、1億円で済む道路工事費があったとしよう。
大阪市は、この工事を一括では発注しないのだ。
具体的には、水道埋設工事5000万円、下水道取替え工事5000万円、歩道(道路安全施設という)整備工事5000万円、ガードレール、植樹工事5000万円、そして、これらを行う度に道路の舗装を剥がして、また舗装し直すということを繰り返すのだ。
これで、1億円が、倍の2億円に化けるのである。

この「ポイント2倍セール」みたいなシステムで、大阪市のあらゆる工事が、施工されるのだから、仮に、大阪市が今までに総額10兆円の工事を行ったとしても、その資産的評価額は半分以下というのが実態なのだ。

それに、国からの補助金があるといっても、補助率は、国の定める基本的な工事(補助基準工事)の費用に対して、原則3分の1しか補助金は出ないのだ。
残りは、税金や借金により賄うしかない。
業者喜ぶ⇒借金増える⇒福祉切捨て、といった構図になるのである。

また、大阪府と大阪市は、極めて仲が悪かったため、大阪府と大阪市が会議などをすれば、「府・市あわせ(不幸せ)」と囁かれていたのは有名だ。
仲が悪いから、水道事業なども同じ区域に大規模浄水設備を2重に建設するといった大ムダも出てくる。
また、政令指定都市である大阪市内の行政に大阪府は口を出せない腹いせに、大阪府が運営する「大阪モノレール」は、大阪市内には全く駅を作っていない。
これは、もう、子供の喧嘩なのである。

つまり、大阪市は、緻密な都市計画や集客可能性と言った基本的な検討を何も行わないまま、市長や市会議員の関連する建設業者や土建屋のために、巨額の税金を公共事業として垂れ流しし続けたのだ。
そのための借金を重ねた結果、今は何も出来ない極貧の大都市に成り下がってしまったのである。

これら、全く無駄な投資を大阪市内の水辺の整備に使っていれば、綺麗な水に囲まれて、緑が続く川辺に市民や観光客が溢れる国際的にも誇れる一大観光都市大阪が誕生していたに違いないのだ。
大阪市内を縦横に流れる川の岸辺を遊歩道に整備して、木や花を植え、観光や人の輸送に船を出せば、大阪は、まさに「水の都」に変貌するのである。

桜や雪柳、山吹、芙蓉、つつじ、といった四季の花、新緑が萌える春、夏の木陰のあとには秋の紅葉、冬の雪に化粧された木々の中を、木の船に揺られて、時には、屋形船で鱧やふぐの鍋をつつきたい。
岸辺には、大阪の粉もんの屋台やおしゃれなカフェが並び、ベンチで川面に反射する光を見ながら読書にふけるのも良いだろう。

これらを整備する金がどれくらい必要なのかは良くわからないが、少なくとも、大阪市が今まで無駄に垂れ流してきた2兆円近い金に比べれば、もっと安い金額であることには間違いないのだが。

「蘇れ大阪」という前向きのタイトルをつけたくせに、大阪市の税金の無駄使いを書いているうちに、エキサイトして、少しも前向きの提案に具体性がなくなってしまった。
書いているうちに、ペンが勝手に走るのは、私の悪い癖である。
今度、機会があれば、もう少し前向きの話も書いてみたいと思っている。

タイトルに騙されて、ご訪問いただいた紳士淑女にお詫びして、この項を終わりたい。


posted by 8ちゃん at 16:00| Comment(16) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。