あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年10月25日

焼きそば (1)

今日は、国民的料理である焼きそばについて語りたい。

焼きそばは、ある種、麺料理の代表であり、粉もん文化の一翼を担う料理である。
それでいて、お好み焼きやたこ焼きが日本維新の会と同じく、人気が特定地域に限定されるのと違い、焼きそばの場合は、全国津々浦々の街で愛されているなど、観月ありさや井川遥並みの国民的支持があるのだ。
誰もが、子供の頃、学校給食で、焼きそばがオカズの日は、狂喜乱舞したのではないだろうか。
このため、B級グルメの王座決定戦であるB―1グランプリにおいても、過去7回開催された中で、「焼きそば」という名のものが、7回中4回もグランプリに輝いているのである。

当然、全国の読者の皆さんは、それぞれの地域における「ご当地焼きそば」や、家に代々受け継がれる「我が家の焼きそば」とでも言うべき自慢の焼きそばがあるのだろう。
そのように、思い入れが強い料理をここで取り上げても、読者には何の感動も与えられず、「ふんっ!それがどうした。」などと、言われるのがオチなのだが、幸いにも私は逆境に強い精神力を誇っているので、まるで気にならないのだ。

まず、焼きそばは、ソース系と中華系に分類される。
塩焼きそばという、最近の流行ものもあるらしいが、腎蔵障害者や高血圧症を抱えるひとには、そのような、ナトリウムが充満したような名前も聞きたくないだろうから、人道的見地もあって、今回は、消えてもらおう。
また、皿ウドンとかの微妙な立場のものもあるのだが、これは思い切って中華系に入れておいても、長崎県知事から「何でやねん!」といったツッコミが来ることもないと考える。

さらに、ソース系は、通常のものと、インスタント系に分類される。
日清焼きそばとか、明星鉄板焼きそばなどのインスタント系は、独立した独自の文化をもっているのだ。
ただし、インスタント系の中でも、カップ系の日清UFOや明星一平ちゃんなどは、お湯だけで出来てしまうといった、野田内閣の組閣並の安易さが感じられるため、気の毒だが、ここでは遠慮していただきたい。

そして、私がこれぞ本家本流、踊りの花柳壽輔、お茶の千宗室、歌舞伎なら市川団十郎、痔の薬といえばヒサヤ大黒堂(?)クラスの位置付けをするのは、ソース焼きそばである。

中華系の焼きそばは、私の中では「そばが入った野菜炒め」という評価である。
その基本的な味付けは、八宝菜やレバニラなんかと何も変わらないのだ。
具材には、多くの野菜とキクラゲや海老、イカなどの海鮮類、店によっては、サヤエンドウやタケノコも入っている。
仮に、そばがビーフンに変わっても、調理の結果に大幅な差異が発生しないこの料理は、まさに、そばの存在自体が、鳩山由紀夫のように軽視されていることに疑いはない。
バラエティー番組ならば、そばは、ひな壇上部の席に追いやられ、タレントで言うと東京制作番組におけるノンスタイルか千鳥といった扱いなのだ。



次回、焼きそば論は、明星鉄板焼きそばの凋落と日清焼きそばの台頭、そして、本格的はソース焼きそばの作り方の秘訣に迫る。

posted by 8ちゃん at 17:07| Comment(18) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。