あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年10月31日

何を書こうか水曜日

このブログも、昨日、一昨日と更新していないので、そろそろ更新しないと、各方面から「どないなっとるんや!」とか「何、サボっとるんじゃ!」といったキツイお叱りがありそうなので、何か書かないといけないのだが、なかなか「書くぞモード」にならないのだ。

相変わらずの、下手な学芸会を続けている国会のアホ議員たちのことを書こうと思ったが、あんなアホどもの悪口を書いても、アホ議員を改心させることは、大阪城の堀のカメに向って「背泳で泳がんかい!」と恫喝するよりも難しいので、ヤメた。

石原慎太郎が、新党を結成するそうだが、同じ「シンタロウ」でも、関西人にとっては、阪神タイガースがドラフト会議で、当りくじを引いた藤浪晋太郎の方が重要なので、ニュースにインパクトがないのだ。
どうか、阪神球団は、この大器を過去のドラフト1位選手のように、潰さないようにしていただきたい。

桑名正博が死んだので、その記事を書いても良いのだが、私が歌える彼の歌は「セクシャルバイオレットbP」と「月のあかり」しかないので、10行くらいで終わりそうだ。
ただし、その昔、大阪日本橋の飲み屋で、別に来ていた桑名と遭遇したことがあり、「月のあかり」を生で聞いたのは、私の数少ない自慢だ。
正直、私の方がやや上手いと思ったが、これは故人の名誉のために伏せておこう。

兵庫県尼崎市の鬼畜ババアによる連続殺人事件も書きたいが、この鬼畜ババアが、暴力を背景に、悪魔の女王に君臨できた理由が、良く分からない。
ババアの配下の若い衆は、正規の暴力団組員でもなさそうだし、長年の犯行が発覚しなかった理由と、今、急に逮捕できた理由も不明だ。
死体をドラム缶に入れて、コンクリート詰めにする手口は、一昔前の暴力団の手口だが、複数の共犯者が関与しないと、手際よく出来ないだろう。

死体遺棄罪という逮捕容疑も証言などの傍証だけに頼っている感もあって、裏事情を含む真実を知りたいのだが、警察発表の情報以外は、不思議に情報が入ってこない。
3ヶ所以上の死体遺棄の場所の特定が、極めて正確に捜査当局に伝わっているなど、共犯者の自白や捜査協力があることは間違いないのだが、それが誰なのか、実質的な司法取引があったのかについては、分からないままだ。
しかし、この事件は、いずれ書いてみたいと思っている。

さて、いよいよ書くことに困り果てた。
この際、このページの右上のアンケートで、鍋料理の希望が多かったので、私なりのこだわりの鍋料理をいくつかご紹介しようかとも思ったが、鍋料理については、読者各位の方が、それぞれ自慢の鍋料理を心に秘めているはずなので、焼きそばのように、多くの共感を得ることは難しそうだ。

まあ、ひとつだけ、私のお勧め鍋料理を挙げれば、手羽先鍋だろうか。
勿論、手羽先という名のこのブログの美人読者を鍋で煮るわけではない。

鶏モモ肉などの鍋は経験していても、手羽先(手羽中つき)のものは、未経験者が多いだろうと勝手に思い込んでいる。
博多の鶏の水炊きといった高級鶏料理は、コスト的に無理だが、それに近い味が出ることは間違いない。

しかも、この鍋は、煮込むと、手羽先からは、良質のコラーゲンが鍋に溶け出すので、この鍋を食べた美人読者は、ますます美人になって、傘がなくても雨粒なんかをピチピチ跳ね返すのだ。

材料(1人前) 手羽先のついた手羽中10本くらい 白ネギ、白菜、シュウマイ 豆腐、鶏ガラスープの素、粒胡椒(黒がよい)ほか、野菜は、シイタケやシメジなど、何でも良いのだ。
        
1. 手羽先&手羽中を10本くらい熱湯に入れて、大きく切った白ネギも入れる。
2. 市販の鶏ガラスープの素を入れて煮込む。
3. この段階での調味料は、塩のみを入れるが、鶏ガラスープの素は商品ごとに塩分量が違うので、味を見ながら入れるのが賢明だ。
4. 最低でも中火〜弱火で、灰汁を取りながら、40分煮込んだら、白菜の軸の堅いところを入れる。
5. 白菜が柔らかくなったら、残りの材料を入れるが、シュウマイは食べる直前だ。
6. 食べる前に黒胡椒を適当に振るのがポイントなのだが、「胡椒すり」でゴキゴキした方が、香りが立つ。「胡椒すり」がない場合は、自慢の怪力で何とかしてほしい。

そのままで、十分旨いが、良質の柚子胡椒(ピンからキリまで格差が大きいので注意)があれば、これもまた旨い。
鍋が終盤になると、スープが濃くなって、最高の状態になるので、中華麺を入れたり、パスタを乾いたまま放り込んでも美味なのだ。

ビール、焼酎が合うが、ぬる燗やウイスキーも大丈夫。
要は、酒は何でも良いのだが、メチルアルコールは避けたほうが良い、


いかん。
またしても、料理ブログになってしまった。
この調子で、毎回料理ネタを書き続けると、ブログランキングの「毒舌日記」から追放されて、料理カテゴリーに連れて行かれそうだ。

優柔不断のまま、ダラダラと書いてしまったこの記事を見て、「ええかげんにせんかい!」とか「手抜きするな!」という声が、世界中から私を襲ってきそうだが、ここは「B型人間とはそんなもんや」という寛大な心でお許しいただきたい。


明日からは、霜月、11月である。
風も冷たくなる季節である。
せめてもの、償いに、読者の皆様の健康を祈念しておきたい。
posted by 8ちゃん at 17:22| Comment(28) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。