あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年11月15日

8ちゃんの選挙制度改革


国会や国会議員の記事を書くと、「え“−!」とか「ふんっ!」とか言って、記事を読むのが嫌になる読者も多いので、あまり書きたくないのだが、まさに「近いうち」には選挙になりそうなので、今回は、私が考える「こんな選挙制度にしてはどうか」と提案したい。
まあ、気楽な気持ちでお付き合いいただきたい

国会は、野田首相が野党から、「嘘つき!」呼ばわりで解散を迫られ、身内の民主党からは、「野田では勝てんわな。」、「内閣総辞職で、とりあえず細野でも党首にしてみるか。」などと、露骨な「野田おろし」が始まっている。
9月の民主党大会において、圧倒的多数で野田を党の代表に選んでおきながら、2ヶ月もたたないうちに、その人間を引きずり降ろそうとするのだから、国会議員という人種は、義理も人情も常識も、ついでに脳ミソもないことが改めて確認できるのだ。

そんな四面楚歌の野田首相は、「11月16日に解散するから、自民党は国会議員の定数是正を約束せんかい!」と突然の爆弾発言を行い、余りの急な展開に国会が揺れている。
突然の解散宣言には、与党の民主党の議員も「え“――――――っ!」と驚く一方、維新の会や敬老右翼会、いやっ、石原新党も選挙準備が出来ていない段階での解散に大慌てなのだ。

野田首相にしてみれば、国会議員の数を減らす主張の民主党と、定数削減を先送りした自民党という対立構図に、原発からの脱却やTPP参加を目指す民主党と、それらに反対する自民党といったものを絡めて、しかも、維新の会などの選挙体制が整う前に選挙をやってしまいたいという算段なのだろう。

しかしながら、結局のところ、衆議院議員の数は、480人をたった5人削って、475人を維持したまま選挙を行い、「定数是正は選挙後に先送り」というから、結局選挙後も475人のアホ議員に対し、国民は多額のエサ代を与え続けることになるのだ。

総選挙には、多額の費用が要るし、立候補するヤツも、出来れば選びたくないような、アホばかりなので、どうせなら、国会議員全員が議員辞職して、「四国1周お遍路さんの旅」とかに行ってくれたほうが、良いのだが…。

そこで、今日は、こんなアホ議員しか出てこない日本の選挙制度について考えてみた。
今回の選挙には、間に合わないだろうが、次回選挙からは是非、この方式で選挙をやってほしいという、私の願望である。

まず、第一に、選挙区などというものは全部なくしてしまうべきなのだ。
国政全般を舵取る国会議員を選ぶのに、東京1区とか、大阪2区といった地方単位の選挙区があるのが元々おかしいのである。

今の選挙区制なら、国会議員は地方の人気を得て、選挙で票を入れてもらったり、後援会を盛り上げてもらうために、地元のためだけに働くのである。
国から補助金をザクザク持ってきた議員が「エライ先生」であり、大きな橋を架けた先生が「頼りになる先生」なのだ。

そんな、地方への利益誘導が票と金に結びつき、有権者も、国から地方へ金と仕事を持ってくることを議員に期待する。
このような利益誘導型議員が全国にいるから、国は、借金を1000兆円もして、金をばら撒いてきたのだ。
地方の行政は、県会議員や府会議員がやればよいのである。
47都道府県から議員を選ぼうとするから、衆議院議員定数が480人にも膨れ上がるのであって、地方の選挙区を廃止すれば、議員数など200人もいれば十分なのである。


次に、前にも書いたが、日本の選挙では、アホとボケと、カスしか立候補しない場合でも、必ず誰か残念な人が当選してしまうのだ。
しかも、国民は政治家に期待していないから、投票率が下るので、選挙では極めて少ない得票を得た候補者でも国会議員になって、捨て金に近い大金を議員報酬などと言って盗んでいくのである。

そこで、投票に際しては、「該当者なし」という投票を認めて、一定の票数を獲得できなかった場合は「当選者なし」とすればよいのだ。
つまり「足切り」、「最低必要得票数」を設定すべきなのだ。
結果、必要得票数に届かなかった議員は当選しないから、当選者が定数を割り込んだとしても、補充しなければ、議員の数も自然に減ってくるのだ。

なお、私の尊敬する京都のN先輩は、選挙においては、信任行動としての投票しか出来ないことに以前からご立腹で、立候補者や国会議員に対する不信任投票制度を取り入れるべきだとのご主張をされている。
まったく、そのとおりであり、「君の政治は信任できない。」という意思表示の場も設けるべきなのである。

その次にやるべきは、仮当選制度である。

日本の政治家は、選挙の際には、「あれをやります。」「これもやります。」と愛想が良いが、当選してしまえば、国会で昼寝しかしない議員が多すぎるのだ。
選挙の公約など、「そんなこと、言いましたかな」と開き直るアホ議員を我々は今まで、野放しにしてきたのだ。

それを許さないために、当選者については、任期の4年間のうち、最初の1年間は、無報酬で働かせ、その働き振りを1年後に評価、採点するのだ。
所謂、「お試し期間」、「試用期間」である。
無給で働いてこそ、真の「国民への奉仕者」の姿なのである。

1年が経過して、「こいつはアカンわ。」と思われるヤツは、自動的に普通の人に戻ってもらえば良いのである。
フランスの結婚制度は、同棲期間を経験しないと入籍できないようであるが、国会議員にしても、試してみないと分からないのは当然なのだ。
まあ、金持ちしか議員になれないのも困るので、試用期間、仮議員の間は、サラリーマンの平均給与くらいはくれてやってもいいかも知れない。


さらに、候補者の政策についても、経済から、外交、防衛問題まで「何でも出切る」政治家などひとりもいないのが現状だ。
そんな、「百獣の王」みたいな議員など、いるはずがないのである。
そんな、何でも出来ますみたいなヤツを信じて、大臣なんかに任命するから、本人も、いきなり大臣に任命されて、仕事の内容が分からずに、国会での質問に「もしもし」としか答えられないような残念な大臣が出てくるのだ。

この打開策としては、各候補者は、自分の得意分野のみの政策を公約して、当選しても自分の専門分野の大臣、副大臣、委員会にしかなれないような枠組みにすべきなのだ。
財務府大臣候補とか、外務大臣候補と言った名前で選挙をすればよい。
選ぶ方も、ちょっと面倒だが、「文部大臣にはこの人」とか「財務大臣にはコイツ」といった方法で、大臣の数だけ投票すればよい。
この案は、いつも「ブログの更新がないようですな。」とチクチク責めてくる私の友人が強力に推している案だ。

当然、中には、実は何も出来ないくせに「経済通」とか「防衛族」とかを名乗る詐欺師みたいなヤツも出てくるだろうから、立候補に際して資格試験を実施しても良いくらいだ。

オマケとしては、参議院なんか、即刻、廃止していただきたい。
これは憲法改正が必要なので、現実的には難しそうだが、現在の参議院は、院の独立性も、議員の独立性も全くなく、衆議院の模造品状態なのである。
良識の府どころか、良識の腐敗が始まって久しい参議院など存在価値は全くないのだ。


こんなことを書いていても、今回も、結局、「毎度おなじみ」の選挙をやるのだろう。
我々は、またしても、「ベスト・オブ・アホ」を選ぶ選挙を強いられるのか。

posted by 8ちゃん at 10:59| Comment(23) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月13日

阪神タイガースの憂鬱

阪神タイガースのオフシーズンが騒がしい。

スポーツ新聞各紙は、記事がないこの時期に大助かりだろうが、優勝争いで記事になるのならともかくも、記事の内容は、選手の人事の話ばかりである。
まあ、今年の阪神タイガースは、あの弱〜い、弱〜い横浜Denaと最下位を争う体たらくだったから、8月頃にはもはや、「優勝」などという単語は、ファンの間では完全に禁句となり、「猛虎」という単語も、「トラネコ」や「かごねこ」を意味する穏やかな単語に変身していたのだ。

それでも、義理堅い阪神ファンは、金本選手の最後のプレーだけを観に球場に足を運んでいたのだが、阪神球団の関係者は、その儲けを全部懐に入れて、金本選手には功労金を1円も渡さなかったというから、ホンマにケチな球団である。

ケチといえば、平野選手との契約更改交渉も、阪神球団のケチ体質が原因で決裂している。
平野選手は、今年は不調だったが、その前の2年間は連続してゴールデングラブ賞を獲得するくらい大活躍したのに、阪神球団は「1年間だけなら契約したってもエエでぇ。」といった高慢な態度に出たので、平野選手が「なんや!冷たい球団やんけ!」と言ってFA宣言して、他球団との契約交渉を行うようである。
この結果、平野選手は阪神を出て行く可能性が高いのだ。

金本選手と城島選手が引退して、藤川球児がアメリカに行くため、球団はこれらの高額年俸を払わなくて良くなったので、その金を頼りに、大リーグ帰りの西岡選手(元ロッテ)や福留選手(元中日)を獲得するために、大金を用意して交渉しているたようだ。
しかし、福留選手は、横浜が熱烈なラブコールを送っているし、西岡選手も古巣のロッテに義理があると発言している。

阪神球団は、西岡選手が大阪桐蔭高校出身だから大阪に来てくれると読んでいるようだが、西岡選手の場合は、嫁はんが、「大阪はイヤや。」とゴネているそうなので、遊ぶ場所の多い東京に近いロッテに行くのではないだろうか。
西岡選手の嫁はんも、これだけ理性と文化に溢れ、気品漂う大阪の何がイヤなのか、良く分からんが、そんなヤツは、大阪へ来てくれなくてもいいのだ。

それに、西岡選手の守備位置であるショートには、鳥谷選手がいるのに、「鳥谷ちゃーん。アンタは、阪神に必要なのよ〜。」とか言いながら、同じポジションの西岡選手を獲得しに行くなどと言うのは、「僕には君だけだ。」とか言いながら、他の女から来たメールに「愛してるよ」と返事するようなものなのだ。


阪神球団は、ブラゼルに代わる新しい外国人選手も探しているようで、ブルックス・コンラドという内野手との交渉が、ほぼ合意に達したらしいが、西岡も含めて内野手ばかり獲ってどうするのか。
それに、過去において、阪神が探してきた外国人選手で、まともに打てたヤツは2〜3人しかいないのだから、こんな、年末ジャンボ宝くじみたいな選手に期待せよという方がおかしいだろ。
大体、ブルックス・コンラドという名前からして、イギリス人なのか中東系なのか分からんが、どちらの国でも野球なんか流行っていないのだ。

一体どんな方法で、役に立たない外国人選手を探してくるのか、と思うくらい、阪神へ来る外国人選手は、打てない、守れない、すぐに怪我をする、年俸だけは高い…。
きっと、アメリカの求人雑誌なんかに「実力不問、高額賃金保証、短時間労働、マンション、神戸ビーフの食べ放題の特典付き。」とかの広告を出しているのに違いないのだ。

そんなカスばかり集めてくるのなら、ジャマイカあたりで、ボルドの従兄弟とかの足の速いのをスカウトして、盗塁専門で使った方が良いのではないか。
乱闘に備えて、アゼルバイジャンあたりから、格闘家を呼んでもいいのだ。

こんな、阪神球団の人事の方法にも腹が立つ。
阪神球団は、和田という監督がいるのに、中村勝弘とかいうおっさんをGM(ゼネラルマネージャー)とやらに就任させて、我が物顔でコーチや選手の人事をしているが、この中村勝弘は、かつて、阪神の監督をしていた時代に、最悪の成績しか残せなかったヤツだろう。
そんな、死神が貧乏神を背負ったようなヤツが選手やコーチを決めれば、球団全体に怨霊がのしかかり、負け続けるに決まっているのだ。

最近の阪神球団は、札束で有名選手を集めるといったナベツネ読売にソックリの金権体質が蔓延って、自前の選手を育てようとしない。
しかも、金で獲得した選手が、活躍しているときはチヤホヤするが、ちょっとでも成績が下れば、手のひらを返したように薄情な仕打ちをするのだ。

こんなことを続けたら、我がタイガースに選手は育たないのだ。

あ“――。
posted by 8ちゃん at 12:07| Comment(29) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月10日

オバマ大統領再任と中国(2)

2期目のオバマは、かつてほど世界に影響力を持たなくなったアメリカをどのよう導いていくのか。
中国、欧州といった外交問題、財政危機や失業率といった内政の課題も多い。
日本との関係は、悪化はさせないだろうが、東アジアの軍事的基地としての重要性以外には、経済、技術の分野において、アメリカにとっての日本は、かつてほど必要な国ではなくなっているのも事実である。

アメリカが、最大の関心を示すのは、中国である。


アメリカの大統領選挙が終わった11月8日、時を同じくして、中国では5年に1度の共産党全国会議が開催されている。
アメリカにとって、世界的なライバルとなる中国の今後の10年間(役員任期は5年×2期)の方向を決める重要な会議である。

過去10年間の胡錦濤総書記体制から習近平国家副主席への権力移譲が行われるはずのこの大会は、通常なら、10月に開催されるべきであったが、それが1ヶ月も遅れての開催となっている。
開催が大幅に遅れたのは、胡錦濤総書記の共産主義青年団(共青団)、江沢民前総書記の上海閥、習近平国家副主席の太子党(高級幹部子弟)の3派が派閥間の覇権抗争繰を繰り広げ、それが収拾していないからである。
中国人は、「覇権」という言葉が大好きなのだ

前回の中国共産党大会の時には、江沢民前総書記の力が抜きん出ており、大きな混乱もなく大会が開催されたが、江氏の影響力が低下して、3派のパワーバランスが均衡しているのだ。

習近平国家副主席の総書記、国家主席への昇格は決まっているものの、最高指導部9名の人選に、各派が多数派を目論んで、混乱が続き、最終的には現在9名の最高指導部を7名に減らすことで、各派2名づつまでは決まったが、最後の一人の人選で難航したのだ。

中国においては、権力を握ることは、直接的に巨大な利権に繋がるが、それ以上に、権力を失うと生命の危機に瀕する事態となるのだ。
天安門事件における民主化運動に理解を示した胡耀邦や趙紫陽が、ケ小平ら党内の長老グループにより放逐されたことは記憶に新しい。

今回の大会の壇上には、江沢民前総書記や、胡錦濤総書記の後ろ盾の宋平・元政治局常務委員といった長老が並び、睨みを利かせている。
各派の総力を挙げて、次期中国の主導権を争っているのだ。

中国は、経済成長が最優先の中、深刻化した環境破壊や過度な不動産投資、共産党幹部の汚職・腐敗といった問題を抱え、所得格差も大幅に拡大している。
世界中で、ブランド品を買い漁るのも中国人なら、1日の所得が1ドル以下の国民を世界で一番多く抱えるのも、中国なのだ。

これだけ、汚職や官僚の腐敗が進み、所得格差が広がると、中国国民の怒りは限界に近づいている。
政治に不満を訴える国民のデモが、小規模なものも含め、年間20万回も発生しているのは、言論の自由がない中国においては、異常な頻度だ。

内政に不安があれば、外憂に危機感を求めて、ナショナリズムの醸成を図るといった考えも増長するだろう。
日本を敵国ターゲットに、国内の不満分子のガス抜きを図ることは十分予想されるのだ。
日本企業を襲撃した中国人は、英雄扱いなのである。

そんな中、政権基盤が不安定な習近平次期国家主席は、自身の保身のためのも、「強い中国」を前面に出してくるだろう。
東アジアにおける海洋利権を巡る領土問題だけでなく、経済分野や世界中の紛争地域において、アメリカとの間において、利権や覇権をめぐる対立と妥協が交互に繰り返されるかもしれない。

社会福祉や雇用問題、財政危機への対処が求められるオバマは、できれば中国とは争わずに、国益や雇用創設の起爆剤として、中国を利用したいだろう。
一方、国民の福祉や雇用など何も考える必要もなく、予算を潤沢に経済投資や軍備に充てることが出来る中国は、アメリカからの利益は享受するものの、あらゆる場面で強硬な姿勢を見せてくるだろう。

アメリカのように、民主的な国は、国民生活を中心に考えるので、政策や財政投資にはいろんな制約がある。
一方、中国のような独裁国は、国民生活など考えないのだから、経済や軍事に予算を集中出来るのである。
アメリカにとって中国は強敵なのだ。

しかしながら、今、中国の富裕層は、その子息など家族を次々とアメリカに移住させているのだ。
そして、アメリカやスイスのプライベートバンクに預けられた金融資産の総額は、中国人のものが最大である。
中国の富裕層は、中国を愛しているわけではないのだ。
その理由を尋ねると、みんながこう答える。

「中国にはない自由がアメリカにはある。」


オバマは大統領就任スピーチの最後をこの言葉で締めくくった。

一生懸命働く気持ちがあるならば、何者だろうと構わない。どこから来たのでも、外見がどうだろう、どこを愛していようと構わない。黒人だろうが白人だろうが、ヒスパニックだろうがアジア系だろうがアメリカ先住民だろうが構わない。若くても年寄りでも金持ちでも貧乏でも、五体満足でも障害があっても、ゲイでもストレートでも。やる気さえあれば、ここアメリカではなんとかなる。

皆さんの助けと神の恩寵と共に、私たちは一緒になって前へ前へと旅を続けます。私たちが暮らすこの国がなぜ世界で最も偉大な国なのか、世界中に伝えながら。


今後、10年間、世界は嫌でもこの2国を中心に動いていきそうだ。
posted by 8ちゃん at 16:00| Comment(42) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。