あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年11月02日

胸が熱く… 目頭が熱く…

私の大好きな神戸の読者から、「殺伐としたこんな世の中、胸が熱くなるような話かほっとするような話を書いてよ。」と言われ、ハタと困ってしまった。
そういえば、最近そんな話を聞いてなかったな。
確かに、アホな政治家の話や、社会ネタ、大阪探訪から料理まで、いろいろ書いてきたが、そんな泣ける話は、2〜3本しか書かなかったと記憶している。

ネットを流し読みしていたら、あるHPに目が止まった。

経営者向けのセミナーのHPだが、その中に養護学校の現役教師が、本当に体験した感動的な話を掲載していたので、ご紹介したい。
このセミナー自体はどうでも良いし、このHP内の他の記事も大したことはなさそうだが、このエッセイだけは、確実に泣けると思う。
というか、私は泣いた。

著作権などがあるのかどうかは知らないが、こんな話はひとりでも多くの人が知っていた方が、いいに決まっている。

人様の書いた文章を読めという、究極の手抜きなのではあるが、この種の話は実際にあった話でないといけない。
巧妙に作られたフィクションでは泣けないのだ。

この週末は、久し振りに泣いてみようではないか。

http://jmcasemi.jp/column/article.php?CONTENT_ID=24&article=96


posted by 8ちゃん at 17:32| Comment(26) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。