あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年11月20日

ちょっと休憩

ここへ来てくださる読者の方から、素晴らしいページをご紹介いただいた。
最近、何かと自分自身の心の容量が小さいことに反省しきりの私にとって、このページとの出会いは、嬉しかった。

そこに掲載された出来事のひとつを掲載したい。
どこにでもあるこの風景の中で、私自身、「ハッ」とした話である。

今日は、政治も、事件も忘れて、こころに肥やしをやってみてはいかがだろう。


『どうぞ、ごゆっくり』
スーパーで、レジに並んでいると、買い物を終えたおばあさんが、店員さんの言う金額を聞いてから、もぞもぞとバッグに手を入れ、財布を出し、表示されている金額をチラチラ見ながら、金種を選び出している。

(あー、まただ。財布を予め出し、レジに表示される金額を見て 払う用意をすればいいのに…)
と、心のなかで舌打ちしたい気分でいた。

おばあさんは、すぐ後ろに並んでいた人に“すみませんねぇ”と、軽く頭を下げた。
私は“ホントに!謝るくらいならイライラさせないで”と思っていると、“すみませんねぇ”と言われた女の人は“どうぞ、ごゆっくり”と笑顔で言ったのだ。
おばあさんは一瞬、意外な表情をしたが、すぐほっとした笑顔になった。

私は思ってもいなかった言葉に、はっとなった。
自分の余裕のない意地悪な気持ちをがつんと蹴飛ばされた気がした。
急いでいたわけでもないし、自分はまだあんなにモタモタしないで行動できているというおごった気持ちもあったかもしれない。

“どうぞ、ごゆっくり”私の気持にこそ言わなければならない言葉だと思った。



いかがだろう。
少し、ゆっくりと暮らしてみることも、いいのかなと、私は思った。
そう。
ゆっくりと。




この話のページ
http://iihanashi.giveandgive.com/
posted by 8ちゃん at 11:21| Comment(49) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。