あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年12月13日

8ちゃんの気になるニュース(1)

2012年12月12日は、「2」と「1」がやたら並ぶ日ではあったが、大きなニュースが「3」件も同時に起こった。
北朝鮮のミサイル発射、舞鶴少女殺人事件の逆転無罪そして尼崎猟奇殺人事件の角田美代子容疑者の警察内での自殺である。
どこの新聞社でも、紙面割り(紙面のレイアウト)が大変なことになった1日であったのだ。
今日から、3日間にわたり、この3件の事件を取り上げていきたい。

「なんや、週末やのに、また堅い話かいな。」とか「おもろないわ!責任者出てこい!」とかボヤいてるアナタ。
少なくとも、選挙に出ている政党のアホな話を聞くよりは有意義であることを保証するので、お付き合い願いたい。



北朝鮮のミサイル

北朝鮮が(自称)人工衛星を突然発射して、それが軌道に達したようだ。
直前に装置の不具合が伝えられ、発射時期が大幅に延期される観測があったことから、突然の発射に関係者は大慌てである。

これが宇宙開発なのか、ミサイル実験なのかという議論は、全くナンセンスで、要は、これを「何に使うのか」ということが問題なのだ。
金正恩が、ロケットの先端部分に気象用の人工衛星を乗せるのか、核弾頭を乗せるのか。
北朝鮮のbQであった李英鎬朝鮮人民軍参謀長が突然解任され、独裁的国家元首を制止する者のいない国は、何処へ行くのだろうか。

12月17日は金正恩の父親である金正日の1回忌である。
父親の時代から自分の時代への移行を国民に示したかったのか。

ところで、北朝鮮が、今回のロケットの発射に要した費用は約700億円とされている。
この金額は、北朝鮮の年間輸出金額の50%を超える金額だ。
北朝鮮は、国民を餓死させるほどの財政難である。
この費用はどこから調達したのか。

北朝鮮の外貨獲得手段は、麻薬、偽薬品、偽紙幣そして武器の販売だ。
日本の暴力団が入手する覚醒剤は、北朝鮮において製造され、韓国ルート、中国ルートなどを経由して、持ち込まれるものが殆どだ。
バイアグラなどの男性機能薬もファイザー製のオリジナルと同じ効能の北朝鮮製ものが、1/10の価格で日本を中心に世界中にばら撒かれている。
さらに、北朝鮮製の偽100ドル紙幣は、スーパーノートと呼ばれて、その精巧な出来上がりは、通常の銀行をも騙してしまう。
そして、北朝鮮が、中東やアフリカなどにノドンミサイルなどを売っていることは、イランのアフマディネジャード大統領自身がこれを認めているのだ。

このような犯罪的な行為で稼いだ外貨は、軍事、特にミサイル開発に費やされる。
北朝鮮が、今回のロケットの発射に要した巨額の費用を国民の飢餓対策に当てれば、どれだけ多くの人たちが餓死を免れることだろう。

北朝鮮は、今年も厳しい冬を迎えている。


次回、「舞鶴少女殺人事件」へ続く。

posted by 8ちゃん at 17:23| Comment(9) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。