あなたのひと押しで第1位へ
コメントが、書き込みにくい場合は、下のFC2版からお願いします。

2012年12月27日

私たちは悪くない

日本中が寒さに震えていた12月26日、高校生が乗るボートが強風で転覆した。
千葉県東庄町の黒部川で、9つの高校の強化合宿中だった生徒のボートが相次いで転覆して、生徒18人が厳寒の川の中に放り出され、そのうち6名が病院に収容されるという事故があった。
この凍えるような寒さの中で、生命にかかわる事故とならなかったのが不思議なくらいだ。

気象庁銚子地方気象台の話によると、この日は付近で最大瞬間風速13.4メートルの強風を観測していた。
強風注意報こそ出ていなかったものの、突風が吹く可能性があったという。

実際にこの事故現場と同じ黒部川の上流で練習していた別のグループは、強風のため練習を中止したことで難を逃れている。

この練習を千葉県教育委員会から、委託されて指導していた、千葉県のボート協会は、記者会見を開いた。
しかし、そこで出てきた言葉は、謝罪など一切ない保身のための話ばかりなのだから、呆れてしまう。

@ 9時に練習の開始時には、風や波の状態は悪くなかった。
A 練習中に風が強くなってきたので、練習を中止したが、タイミング的には適切だった。
B 風も波も急激に強くなったもので、事故は予測は出来なかった。

要約すれば、すべて「私たちは悪くない。」と言うためだけの記者会見だったのだ。

アホか。

この日は早朝から風が強く、波も高かったので、地元の漁師は出漁を取りやめている。
少々の波や風をこなす漁師でさえ、漁が出来ない状況なのに、「風や波の状態は悪くなかった。」などと、どの口で言うのか。
コイツらは、サンディ並みの台風でも来なければ、「悪い」状態とは言わないのか。
本当に問題がないと言い切るのなら、お前らがまず先に、やらんかい。

しかも、コイツらが、生徒に練習をやめさせた理由は、10時15分ごろに、練習している生徒のボートのうち、2艇が転覆したからである。
この2艇の転覆がなかったら、コイツらは、いつまでも生徒を練習させていたのだろう。
何が、「適切だった」だ。

風や波が急に強くなったなどということが真っ赤な嘘(この場合の「赤」は「明らか」と言う意味らしいが…。)であることは、前述したように漁師が朝から出漁を取りやめていることからも明白なのだ。
こんな嘘つきの先祖は、「狼が来たぞ〜」と嘘をついて村人を困らせていたに違いないのだ。

結局、コイツらは、教育委員会から練習のスケジュールを狂わせたくないという理由だけで、危険を認識しながら、生徒たちを川に投げ込んだのだ。
しかも、そんな危険な状態であるのにもかかわらず、生徒たちには救命胴衣を着用させてはいなかったのである。
こんなエエ加減なヤツらは、カリブ海に裸で放り込んで、サメとバトルさせればよいのだ。

この種の事故は、今回が初めてではない。
平成22年6月に、愛知県豊橋市の中学生20人が乗った訓練用手漕ぎボートが、転覆して、当時12歳の女子中学生が死亡しているのだ。
この愛知県での事故当時も、現場は大雨、強風、波浪の各注意報が出されていたが、その中で練習をしていたのである。

愛知県の事故は、被害者が豊橋市などに対して、損害賠償請求訴訟を提起して、市側が責任を認める形で和解が成立している。
しかも、この事故を検証した国土交通省の運輸安全委員会は、調査報告書の中で、悪天候時の中止基準がマニュアルに定められていなかったことが原因だと指摘しているのだ。

そして、その指摘を受けた日本ボート協会は、平成11年に、安全マニュアルを作成しているが、それによると、今回転覆したのと同じ、シングルスカルタイプの艇は、風速が4〜5メートルを超えると危険であると書いてあるのだ。
今回の事故現場の朝からの風速は13.4メートルである。

今後、捜査当局がこの事故は事件性があるとして捜査するようだが、委任者の教育委員会と、受任者のボート協会における責任の所在も明文化されたものはないようであるから、またぞろ、アホ同士の責任の押し付け合いが始まるのだろう。

学校もスポーツも、アホを指導者にすると、こんなことになるのだ。
posted by 8ちゃん at 14:48| Comment(34) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事のランキングはこうなっています。⇒ひらめき
ご訪問、ありがとうございました。またのお越しをお待ち申しあげております。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。